霜里農場日記

こんにちは、霜里農場日記です。
日々変わる農場の様子を面白おかしく、お伝えすることができればと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おかえりなさい

2012年08月31日 | 農業

今日は、田んぼからいよいよアイガモ達を引き上げです。

出穂した稲をアイガモ達に食べられない様にするのですが、いよいよお役目終了です。

霜里農場へきた時は、こんなに小さかったのに・・・

2カ月も経つと、ええええっっっっていうくらいに大きくなっていました。

稲穂も大きくなり、動きも早くなり、見つけるのも一苦労。

でも、お米を守ってくれたみんなには心から「御苦労さま。そして、おかえりなさい。」

                

 

今日は綺麗な満月ですね。

8月も今日で終わり、夏の終わりに綺麗な満月を見ることができて幸せな気分です。

 明日から、いよいよ9月です。

 

まこと@霜里農場

 

 

 

コメント

生きる力

2012年08月30日 | 農業

セミナーから戻ってきた翌日。

畑を見回すとたくさんの変化がありました。通いの研修生の方の気持ちがよーくわかりました。

1週間近くでこんなに変化するものかと。毎日いると気づかないものですが、感じます。生きる力。

1日たりとも同じ日はない、それが農業の世界なのです。

 朝日@4:55

農場に帰ってきて一番驚いたこと

1位 お米の稲穂

 だんだん実が大きくなってきました。

2位 牛のナナミが転んで片方の角が折れてしまったこと

    

ごめんねえ・・・。 痛そう。

3位 秋・冬野菜の成長具合

 こちらは発芽した白菜

冬の主力野菜。大きく育ちますように!!

∞位 小川町の暑さ

やっぱり暑いです。

作物の成長具合に驚きます。雨が3週間ほど降っていないにも関わらず、地に根を下ろし力強く生きるその生命力に感動しています。

そして、今日は韓国からドキュメンタリー番組作成のクルーがやってきました。

その名も「う〇こ」。本当ですよ。

霜里農場のバイオガスのシステムがみたいということで取材にやってきました。

 取材を受けるこーじさん。

                                   これで韓流スターの仲間入り?

 

フランスからきた研修生ペネちゃんもインタビューを受けていました。

 

まこと@霜里農場

 

コメント

アグリフューチャージャパン

2012年08月29日 | 農業

御無沙汰致していました。やっぱり小川町は暑いですね。

というわけで、ここ最近ブログを留守にしていたのには理由があります。

金子美登さんが副理事を務める一般社団法人アグリフューチャージャパンの「農業経営力養成講座」に出席してきました。

 8月27~29日に2泊3日

超過密日程+豪華講師陣の中、セミナーが浅草にあるかやの木会館で行われました。

      

雷門、スカイツリーまで徒歩15分以内という最高の立地です。

あっ、もちろん勉強しにきたんですからね。

http://www.afj.or.jp/news/2012/06/15_000008.html

↑ こちらがプログラムの詳細。とっても豪華です。

 もちろん、我が師匠も講師です。

 最終日の最終公演で有機農業40年の実践を

                                    講義なさいました。

 

 

参加者は全国から集まり、同じ志を持つ者同士暑く語り合う場面は大変有意義な時間となりました。

ただ、公演を聞くだけでなく、それぞれがどう感じ、どう思ったのかを意見をぶつけあう場所はとても刺激的で日本の農業を背負う若者たちの暑い眼差しで、部屋の熱気は最高潮でした。

一般社団法人アグリフューチャージャパンのWebはこちらです。

http://www.afj.or.jp/

 

まこと@霜里農場

コメント

2012年08月23日 | 農業

もぉ、とにかく暑い・・・。

暑すぎます。今日は、神川町にあるヤマキさんへお醤油を取りに行きました。

その帰り道に、友子さんから電話が、小川町の花和楽の湯の近くにある「カフェと野菜 げんきの木」に集合!!ということで、行ってきました。

初めて訪れましたが、おしゃれなカフェでとても居心地が良かったです。

  そして、注文はタイトルの「涼」ということで、もっちろん、

 かき氷です。 色々な味があり悩みましたが・・・

ここは、今が旬の赤じそサワーをチョイス。

 甘味と酸味が絶妙で夏バテ解消です。

 う~ん、涼しい!!

 

そんなかき氷が食べられる、げんきの木のWebはこちらです。

http://ameblo.jp/genkinoki/

 

まこと@霜里農場

コメント

伝統技術 練り床

2012年08月22日 | 農業

今日は、昨日の宣言通り白菜の種まきです。

夏にピッタリのこの伝統技術「練り床」で育苗します。

 まずは、一番下に稲の種まきでも使った山土を敷きます。

その次に、赤土、腐葉土、温床の土をまき均等に混ぜていきます。

 均等に混ぜて平らにするのがポイントです。

 そして、いよいよ土を練っていきます。

 水で土を混ぜてよーく練っていきます。

 

練った後は、小手で平らにしていきます。

 2時間、水が下まで浸透するまで置き、いよいよ種まきです。

今回使う白菜の種は、「金将二号」という品種です。

 

種まきをしたあとは、しっかり覆土をして、新聞紙、寒冷紗をかけて完成です。

この時期はとても暑いので、半日陰の練り床、そして水気を大量に含んでいるので発芽率が非常に良いのです。コツコツ伝えられてきた伝統具術の練り床。先代の知恵を目の当たりにしました。

  

暑い日が続いています。さすがに路地のキュウリに水やりをしました。

ペネちゃん、レタスの赤ちゃんに毎日かかさず水やりをしています。

最後に今日のオススメ写真。

霜里農場の出荷スーペースにニューヒーロー達が登場です。

お鼻の長いナソップ、あんよのついたニンジンのハッチー、長い髪が特徴のししとうの花輪くん、

そして、みんなの帰りを待つラブーンです。 某人気マンガのネタが多いところは気にせずに(笑)。

 

まこと@霜里農場

 

コメント