霜里農場日記

こんにちは、霜里農場日記です。
日々変わる農場の様子を面白おかしく、お伝えすることができればと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卒業

2013年04月30日 | 農業

霜里で研修させていただいて1年。

 

さおとめは本日卒業でございます!!(ワー!オメデトー!!ガンバレー!!と黄色い声援が聞こえてくれば嬉しい。)

 

ほいで、それに伴いまして重大発表!!

 

でーん、ブログ休止!!!

 

…そうなんです。ワタクシめの卒業とともに休止になるんです。

というのも、引継ぎの研修生に必要なのはブログ書くのよりも、農業の実践。ブログ書くヒマがあったら農業の勉強する。というわけなのでございます。エライ!!

 

応援してくださっている皆さんには申し訳ないです。

「ブログ楽しみにしてます」と多くの声をいただきながら、本当にごめんなさい。

 

じゃん。それに変わりまして、こちらが始まります!!

「さおとめファームのブログ」http://ameblo.jp/saotome-farm/(現在開設中)!!

 

ぜんぜん代打になっていませんが…みんなよかったら見てね。

お前はブログ書くヒマがあるんかい!と怒られそうですが…怒らないでね。そんなことしてら、くじけるよ。

 

そんなわけで、次の引継ぎ人が現れるまでちょっとの休止となります。

 

最後に、ワタクシが霜里便りに書いた挨拶文を載せてお別れです。


みなさんありがとうございました。


さおとめ

 

「未来をみつめる農場」と私(担当 五月女)

 

 カンボジアで初めて農業に取り組むようになって一年目。農業の経験も知識も全くない私は、日本から大量に本を送ってもらい読み込んでいました。

 その中で有機農業のすべてが書かれている本と出合うことができました。金子さんの「未来をみつめる農場」です。そこに書かれている生き方こそが私が生きる道だと直観しました。自分の価値観に深い親和性を感じたのです。

 2つの価値観が当時も今も私を築いています。

 1つは、学生時代にインドを旅した体験から得たものです。インドで火葬を見続けていた時がありました。ガンジス川で3日間、日が昇ってから暮れるまでずっと火葬を見ていました。遺体に火がつくと2、3時間燃え続けます。燃えている間はずっと、炎の中から煙が天を目指して上り続けていました。灰は舞って川へと流れていきました。そして焼け残った骨や肉は、牛や犬が舐めて食べていました。

 そんな光景を見続けているなかで、私の中に、すべての生命はつながっているんだという意識が生まれました。

 2つ目は、カンボジアで働いていた2年間。カンボジアでの現地の人々との生活を通じてわかったことがあります。それは、人生で大切なことは、お金とか名誉とか地位とか権力とかそんなものでは全然なくて、命を大切にするということであったり、家族と一緒に明るく暮らすということであったり、村の人たちと共に豊かに生きていくということであったり、そんな当たり前のことなんだとわかりました。

 生命が時と場所を通じてつながりめぐり続ける世界に自分は生かされているという意識と。お金よりも何よりも、命を大切にするという哲学。これらを表現することのできる有機農業という生き方を私は選びました。

 この本が、私を有機農業へとつなげ、この霜里農場でのこの一年間へとつなげてくれました。

 この一年、本当に多くのことを学びました。

 農業は、コツコツと毎日毎日、小を積み重ね続けることしかないこと。

 農業は、自分一人が良くなってもダメで、その村みんなが元気に、その地域全体が豊かにならなければダメなんだということ。

 一度掴んだこの道を、この手から血がにじむほど握り締め、決して手放してはいけないということ。

 そして、当たり前の農業をして、当たり前に暮らしていくということ。

 この一年でこれら多くのことが、私の血となり肉となりました。私を受け入れてくださった金子美登さん、友子さん、石川さん、千草さんと三人の子どもたち。一緒に学んだ研修生。下里の方々。そして、この霜里農場に関わられているすべての方々。一年間本当にありがとうございました。

これから私は、強く美しく豊かに生き、そして土と生き、一隅に燈を灯してまいります。  」


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 一粒も残さないで食べましょう。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Penelope)
2013-05-03 05:22:06
さおとめさん、

♪☆ 卒業おめでとうございます ☆♪
さおとめファームの進行を新しいブログで読むことを楽しみにしています ^-^

卒業のメッセージは、いつも感動するものですね ^^

 最近、金子美登様、金子友子様の感嘆な経歴や、霜里農場の自給自足に関する長くて大切な文章を書き終えて、そういう素晴らしいことを叙述することはとても感動的なことでした。
 残念ながら1ヶ月の研修しかできませんでしたが、私も、霜里農場で研修を受けて、皆様にお会いすることができて本当に幸せです。 
 心から感謝しております♡

さおとめさん、 続きを頑張ってください ^-^

そして、新しい研修生にも、頑張ってください☆
おめでとうございます。 (高橋康晴)
2013-05-03 06:05:48
卒業おめでとうございます。

日々のいっぱいいっぱいの作業の中でブログを書くことがどれだけ大変なことか、尊敬いたします。
更新お疲れ様でした。
ちなみに、私は研修期間中全く更新することができませんでした。

これから就農に合ったって日々の作業を記録することが農業技術を磨き上げることに大いに役立つと思います。

新たな地でのご活躍をお祈りしております。

おめでとうございます。

コメントを投稿

農業」カテゴリの最新記事