ゲレンデを駆け降りる ~野沢トレイルフェス~



 昨日はとても暑い日でしたが、野沢トレイルフェスのロング27kmを走ってきました。会場は野沢温泉スキー場、ジャンプ台広場で受付、ちょっと変わった雰囲気にワクワクしてきます。受付の後はゴンドラリフトに乗ってスタート地点となる標高約1400mのやまびこ駅まで行き、ブリーフィングの後スタートとなります。



 スタート後、ゲレンデ上部を周回します。上りは林の中、道も狭く並んで歩く感じでした。スタート地点までもどるとそこから長い下りの始まり、気持ちよく林の中を抜けて、ゲレンデに出たら、ダウンヒルの始まり。眼下に広がるきれいな風景を眺めながらゲレンデを駆け降ります。ところどころ急な坂もあり、乾燥したゲレンデは土埃も舞い上がり、なかなかハードなコースでした。



 ジャンプ台広場に戻った後は北竜湖に向かうトレイルへ、ちょうど12時を過ぎたあたりで気温も上がってきていたと思いますが、木陰のトレイルは気持ちよく走ることができました。ただ、上りはかなり疲れを感じてきました。水分をこまめに補給することを意識しながら進みます。



 北竜湖を過ぎたら小菅神社までの上りが始まります。ここからがとても大変でした。いつまでも続く急な上りで脚がつりそうになり、休憩しながら、苦労しながら山頂までたどり着きました。相当時間がかかったと思います。下りになれば楽になるかと思いましたがそうではなく、急な下りも、足腰に衝撃を受けながら下るので引き続き苦しい時間でした。



 急な下りが終わった後半は歩いている人も多くなりますが、上りで疲労した脚もだいぶ回復してジョグができるようになっていたので、林間の緩い下りが続く区間は再びトレイルを楽しみながら走ることができました。ゴール前の上りを超えれば眼下にゴール地点が見えます。最後の力をだして下りを走り、ゴール!上りで時間をかけてしまったので4時間50分ほどかかってしまいました。しかし、この猛暑の中、なんとか完走できたので良かったです。苦労はしましたが北信州の自然がきれいでした。もうすこし涼しい時期に走ってみたいコースです。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 108定規 ヒノキのプラ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。