由流里舎農園

歯科医師(歯学博士)・野菜ソムリエの島谷浩幸がお届けする気ままな農天気ブログ

農・エコニュース523…。京都・紅葉見頃、所蔵図書館続報。

2022-11-23 18:17:25 | 日記
今夜もTwitterでRTした農…紅葉ニュースを。
元記事は、京都新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(11月19日)
京都府の話題。
朝晩の冷え込みも増し、京都の山々は錦秋に染まっているそうです。
3年ぶりに行動制限のない紅葉シーズン、
紅葉狩りに多くの人が訪れているとのこと。

嵐山などを借景とする庭園が美しい社寺など、
自然と一体となった景勝地が多い右京区の嵐山・嵯峨エリアでも、
紅葉が見頃を迎えているそうです。




ちなみにこの写真は、前回のブログにも貼り付けた京都大学のキャンパス内にある紅葉。
一昨日、学園祭に行った時に私が撮影したものですが、
今回は紅葉の話題ですので、紅葉の面積がさらに広い写真を選びました。
前回との違いが、お分かり頂けますでしょうか。
(紅葉の木にある緑色の苔が、いい風情を醸し出しています)



京都に向かう京阪電車の車窓から、右手に大阪の生駒山系の山々が見えましたが、
こちらは紅葉の雰囲気はあまりなく、緑の木々に覆われていました。
しかし、左手に見える京都の山々には黄色や赤色に色付いた木々が垣間見え、
晩秋の紅葉の風情を感じることができました。
大阪から京都に越える天王山辺りから、秋色に染まる山並みを眺めることができましたね。




さて。
2017年に単行本、2021年に文庫改訂版が出版された私の小説の図書館蔵書続報を。
小説はもちろん長編ミステリー『ミュータンス・ミュータント』(幻冬舎ルネッサンス新社)。
昨年夏には映画公開、舞台公演も実現し、今年秋には続編も公開されました。

私自身、昨年の秋以来、久しぶりに図書館情報を調べてみまして、
新しく所蔵図書館が増えていましたので、ご報告致します。
千葉県で新たに単行本が所蔵されていまして、
その図書館は、芝山町中央公民館図書室です。



昨年10月4日以来の更新となりますが、割と数が多くなりましたので、
その時の図書館一覧を貼り付けておきます。
(名称が変わっている施設があるかもしれません…)

読書の秋も深まり、冬の足音が聞こえる晩秋を迎えましたが、
図書館でゆるりとした時間を過ごすのもいいかもしれないですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする