由流里舎農園

歯科医師(歯学博士)・野菜ソムリエの島谷浩幸がお届けする気ままな農天気ブログ

農・エコニュース517…。丹波篠山産松茸1本95万円、『農業および園芸』連載第五回掲載情報。

2022-09-28 01:38:21 | 日記
今夜もTwitterでRTした農ニュースを。
元記事は、神戸新聞のデジタル版です。
(日付は配信日)
詳細はサイトでチェックして下さいね。




(9月27日)
兵庫県の話題。
香りの高さで知られ、秋の味覚の王者ともいえる丹波篠山産マツタケの初競りが27日、
丹波篠山市郡家の卸売市場「丹波篠山市場」であったそうです。
地元の老舗料理旅館「近又」が1本(120グラム)を95万円で落札。
縁起物のご祝儀相場で、1キロ換算約792万円の高値になったとのこと。

丹波篠山産マツタケは、近世では幕府に献上されていた名産品。
香りや味、歯ごたえの良さで知られているそうです。




さて。
また、私が執筆した連載記事が雑誌に掲載されましたので、ご報告致します。
農業雑誌『農業および園芸』2022年10月号(第97巻・第10号)です。
発行は養賢堂、p922〜p925の4ページにわたり掲載されております。







表紙にも載っていますように、
連載タイトルは「歯科から見る農作物と健康」。
今回の記事タイトルは「農作物と歯磨きで爽やかな息に」。
今回のキーワードとして、VSC、マスキング効果…あとは秘密です。

連載も第五回目を迎え、いよいよ最終回となりました。
連載企画の当初の予定通りの最終回ではありますが、
やはり最後となると感慨深いものがありますね。 

私にとって本格的な農業雑誌での初めての連載で試行錯誤しながらも、
楽しく勉強するような気持ちで執筆させて頂きました。
関係された出版社の方々には、改めて御礼申し上げます。

そんなこんなで一つの区切りとなりましたが、
もし機会がございましたら、是非お読み下さいね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする