「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いて養蘭を楽しんどる。山や花を見て
季節を知り、海を眺めて鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ。

H30年の春蘭展示会が

2018年04月04日 | 対馬産の蘭
全て終了しました。
場所が良かったようで
買い物帰りの人、
近所だからと言って
何度も足を運んで来る人、
中には
園芸ジャパンの展示会情報を見て来たと言って
本渡から二人も来ていたそうです。
ありがとうございました。
自分の方は、
事の他 開花調整が巧くいって、
牛若丸や蝶咲きは合格点をやれます。
福包も愛嬌良く咲いて満足しています。

詳細に見ると
棒芯と蘂柱が癒着し開く気配がありません。

舌なんかは見る事が出来ません。
自然界ならば
虫の力を借りてでも受粉すら不可能でしょう。

有意義な春でした。
久留米展示会に行けず残念でしたが、(T-T)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« H 30年 対州園 の | トップ | 上を向いて進もう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい兜です (ゴ(ユンナン))
2018-07-02 21:16:43
大変、大変ご無沙汰しております。
特にこれといったワケもないのにズルズルと時が過ぎてしまい、平素の疎遠をお詫び申し上げます。
素晴らしい表情で咲いたのですね。
また咲いたらぜひブログに載せてください。
突然のコメントになりすみません。
Unknown (toyota)
2018-07-03 10:52:36
ゴ様、こちらこそ大変ご無沙汰しております、山行きを楽しんでいらっしゃいますね。
年を重ねていきますと考える事が多く、忙しさも増えていくように感じますね。
兜花、お褒め頂き、ありがとうございます~。
自分の採取品ではないのですが、良か花でっしょ🎵
展示会では「これは中国蘭やな!」と観覧者が話しているので「これは対馬産ですよ!!」と言うと「え?!これが対馬産?!!有るちゃなー!!!」と驚いてました。
自分も良く行く山の通り道だったのですが、入山の時は花が咲いてなく、素通りしたのを今でも反省しきりです。
不定期に更新しますので、また見て下さ~い。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

対馬産の蘭」カテゴリの最新記事