「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いち養蘭を楽しんどる。山や花で季節を知り、海を眺めち命の鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ~。

未明に雨が降っていた。

2019年05月15日 | 日記
少しだが恵みの雨になった。
もちっと降ってくれたらな~。
鉢植えの花が無くなったので
デボニアナムを窓際に置き、
気温が上がってきたので
窓を開け網戸にして風を通した。
暫くしたら「ブ~ン、ブ~~~ン。」
と蜜蜂の羽音が聞こえてきた。
気にも留めなかったが、
ふと、❔❕
もしかしたらデボに寄ってきたか❔
匂いを嗅いでも匂わない、、
紫外線を感じるほど窓際でもないが、
フェロモンと言うヤツを感じたのか❔
もしかしたら蜂胴に入るか❔
な~んて甘い期待が浮かび
デボを蜂胴の傍に置いてみた。
すると数分足らずで
蜜蜂が10匹くらい集まってきた❗❗
序でにアリ❔❕も集まってきた❗❗
ん~恐るべし、デボニアナムである。
しかし、集団では来なかったな~。

明日は どうだかな~。
コメント   この記事についてブログを書く
« 水遣りに悩む | トップ | 全てにおいて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。