「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いち養蘭を楽しんどる。山や花で季節を知り、海を眺めち命の鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ~。

今日の出来事

2021年06月26日 | 日記
と書こうとしてたら
寝てた、、
次の日に昨日の出来事
と書いてたらまた寝てた
で、一昨日の出来事です
蘭棚を見回すと
一休が奴芽で出てた
朱充坪採りが
頭と尻からの新芽確認し
2鉢共に1芽ずつ芽欠き
あと渡世丸が尻から出芽
これは後の宿題だな

数年前から知人が
庭の紅葉をくれんね。
と、言ってた。

いつでもどうぞ❕
と答えてたが考えるに
木のすぐ隣には
ツルハシなんかでは
びくともしないデカ岩が
座り込んでる。
この岩をどかさないと
移植作業が出来ない。
ミニショベルカーが要り
人手も必要だろう。
取りに来る気配も無いし
本人も掘りたいが掘れず
どっち付かずかも知れず
考えた挙げ句にまた暫く
雨らしいから
絶好のチャンス到来とし
取り木をする事にした。
数十年ぶりの作業だから
上手くいくだろうか❔

皮を木質部まで剥がし
水苔で剥がした部分を
囲ってビニール袋で覆い
上からは水気が通るよう
隙間を開けて縛り付けた

これで秋頃には根が出て
剥がした所より下で切り
譲り渡せるだろう。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 何代目? | トップ | 7月になり »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。