50101Fの紀行

乗り鉄・撮り鉄・旅行記等

泉北ライナーで行く鉄道夏祭りツアー(その2)

2018-09-09 23:37:18 | 南海
さて、昼食をとって休憩した後、撮影の再開です。



まずは、鉄道部品オークションと購入希望鉄道部品の展示から。
高野線で使用された円板のヘッドマーク。 表は「快速急行」ですが、裏を返せば、「急」の表示。


夏の海水浴シーズンで使用されたサマー特急の案内板。


車番プレート。


その中から2015年10月に引退した7000系最後の編成、7037と7038の車番。
購入希望者はかなり多いと思います。


泉北高速の3000系の車体番号版と社章、行先表示幕等。さて、オークション入札はいくらで落札されるかな。


車両の撮影。
まずは泉北高速12000系を縦向きでの撮影。


次は7100系 7187F めでたいでんしゃ「さち」


めでたいでんしゃ「さち」のヘッドマーク


左側から泉北ライナーとめでたいでんしゃ「さち」の2列車並びを撮影。


午前の運用を終えて車庫に帰ってきた7100系 7167F めでたいでんしゃ「かい」


ちょっと遠いですが、ピンクと水色のめでたい電車と泉北ライナーと休憩電車の4列車並びを撮影。


13:00 鉄道部品オークション入札結果発表と購入希望鉄道部品の当選者の発表が開始。
オークションの最高落札額は泉北高速3000系 3556の車体番号版。 落札額は90800円。


終了までの許された時間まで、再び車両の撮影。
ピット線に展示している3列車並びを撮影。右側には休憩電車。 7100系 7125F


午後の運用まで留置しているめでたいでんしゃ「かい」を撮影。




今度は泉北ライナーとめでたいでんしゃ「さち」の2列車を色々な角度から撮影。


最後はめでたいでんしゃ「かい」を広角で撮影。
これで和歌山市駅車庫のイベントは終了。 係員の誘導で和歌山市駅に戻ります。


和歌山市駅の跨線橋から。
出区準備をしている泉北ライナーを撮影。


駅のホームから。 一旦なんば寄りの本線まで引き上げます。


6番線に泉北ライナーが入線しました。
9982ㇾ なんば行き。 ツアー客が乗車後、すぐにドアを閉めます。 14:48 和歌山市駅を出発。


箱作~淡輪間 箱の浦付近。
撮影者はいましたが、対向列車と被ってしまいました。


鳥取ノ荘~箱作間。
海の見えるところ。 遠くには関西空港が見えます。


15:30 貝塚駅に運転停車。
ここで12分間停車。その間にサザンと空港急行を先行させます。この駅ではツアー客の降車ができます。


15:53 泉大津駅に運転停車。
ここで5分間停車。 ラピートの通過待ち。貝塚駅と同様、ツアー客の降車が可能です。


16:25 なんば駅に到着。 今回のツアーはこれで終了。


到着後、速やかに降車してドアを閉めたあと、住ノ江へ回送していきました。
次の日から9月22までの1か月間、サザンでの運用です。


少しなんば駅に残って撮影。
(左)泉北高速7020系 7521F 和泉こうみラッピング電車 (右)12000系 12001F サザンプレミアム車両が9月22日まで泉北ライナーでの運用です。


12000系泉北ライナーの出発直前までの撮影。 今回はこれで終了です。







コメント

泉北ライナーで行く鉄道夏祭りツアー(その1)

2018-09-02 22:25:20 | 南海
8月19日に泉北ライナーで行く鉄道夏祭りin和歌山市駅車庫のツアーに参加しました。
9:40になんば駅2階中央改札前で受付を済ませてから、係員の誘導でホームへ行きます。


今回のツアー列車は泉北高速12000系 12021F
9981ㇾ 和歌山市行き。 泉北高速の12000系の乗車は今回が初めてです。


泉北ライナー同士の並びを撮影。
(左)泉北高速12000系 (右)11000系 出発時間が迫ってきましたので、急いで車内に入ります。 10:22 なんば駅を出発。


10:40 高石駅に運転停車。 ここで10分間停車。 空港急行とラピートの通過待ち。


11:20 尾崎駅に運転停車。 ここで7分間停車。 サザンを先行させます。


紀ノ川~和歌山市間 紀ノ川橋梁を通過。
この場所では、多くの人達が撮影をしていました。


11:47 和歌山市駅に到着。
係員の先導で徒歩で和歌山市駅車庫に移動します。


和歌山市駅車庫に到着後、すでに入庫していた泉北ライナーと左側にめでたいでんしゃと右側には休憩電車の7100系の並びを撮影。
この後、係員の説明の後、昼食に入ります。

その2に続く。






コメント

めでたいでんしゃ2編成撮影会ツアー(その2)

2018-03-14 23:21:24 | 南海

さて、鉄道部品のオークション結果発表です。
それぞれの鉄道部品の落札価格が楽しみです。


その中で、ヘッドマーク類が高額で落札されていました。
最高落札額は泉北準急のヘッドマーク。 落札額は81000円。 2番目は高野線各停のヘッドマーク。 落札額は54300円。
オークションの発表の後、鉄道部品の販売会が行われました。 私も投票しましたが、結果ははずれました。


終了時刻まで許された時間内で、再び撮影開始。
休んでいる車両を撮影。 (左)2200系 2202F (右)7100系 7197F


この次は水色のめでたいでんしゃの車内へ。
内装は全体を青基調のデザインで、海の中に来たような「心地よさ」と「ドキドキ感」を演出。 水色の車内は今回初めてです。


扉付近を撮影。 扉が閉まると、壺から蛸が出て来るイメージ。


床は水面の揺らぎをイメージ。 最初は釣り竿とバケツ。


足をのせるとフィンを着けているみたいに見えます。


扉の窓にはシュノーケルが。 大人用と子供用の高さに合わせています。


今度はサーフボード。
立ったまま乗せるとサーフィンをしている様に見えます。



座席の模様は海の生き物。 撮影はしませんでしたが、優先座席は波模様。


高校生が制作した水色とピンク色の鯛がラブラブかな?のイメージしたプレート。


この次は休憩電車の車内からめでたいでんしゃの2編成並びを撮影。


同じく、休憩電車の車内から。
洗浄線に入っている「走る!工場夜景」ラッピング電車を撮影。


車外に出て、再びめでたいでんしゃの2編成並び。
今度は方向幕が水色とピンク色の両方共、同じバージョン。 最初は「汐見橋~岸里玉出」


次は「-急行- 多奈川」の表示。
私個人としては「淡路号」のヘッドマークを付ければいいなあと思います。



水色とピンク色のめでたいでんしゃを縦向きで1枚ずつ撮影。


最後の表示は「和歌山市~加太」
この撮影会の後、ピンク色のめでたいでんしゃは営業運転に戻ります。


最後はピット線に並ぶ7100系の3並びを撮影。
休憩電車で使用されたのは7181F。 撮影会の後、オークションで入札なしの部品を最低価格でじゃんけんで勝った人が購入していました。
これですべてのイベントが終了。 係員の誘導で、和歌山市駅へ徒歩で移動。 到着後、解散となります。


帰りは15:59発のサザン42号で一路なんばへ。 今回はこれで終了です。









コメント

めでたいでんしゃ2編成撮影会ツアー(その1)

2018-03-13 23:36:23 | 南海
3月10日にめでたいでんしゃ2編成撮影会ツアーに参加しました。
なんば駅で受付を済ませてから、係員の誘導で改札に入ります。


0515ㇾ サザン19号 和歌山市行き。 12000系+8000系 12002F+8013F
この列車に乗って、和歌山市へ。 今回のツアーの為に、3号車と4号車は貸切です。 11:50 なんば駅を出発。


出発後、郵送された中に、鉄道部品購入リストと鉄道部品オークションの入札用紙を用意。
リストを見て選び、用紙に記入します。 オークションの入札用紙は岸和田を出発した後、係員が回収します。
12:49 和歌山市駅に到着。 係員の誘導で和歌山検車区(現 住ノ江検車区和歌山出張所)へ徒歩で移動します。


和歌山検車区に到着後、係員から簡単な説明の後、フリータイムへ。
最初は鉄道部品の見学。 入札の部品から。



その中から泉北準急と高野線の各停のヘッドマーク。
最低価格は35000円から。 さて、いくらで落札されるかな。


かつての旧1001系が運転していた全車座席指定特急 みさき号の案内表示板。
最低価格は2000円から。 私も用紙に記入しました。



鉄道部品の販売コーナー。 欲しいものがあれば、用紙に記入して投票箱に入れます。
駅名版はほとんどが高野線の物です。 下の写真は終了時間に余裕がある場合、販売します。この撮影後、一旦お弁当を受け取って昼食に入ります。


めでたいでんしゃの2編成並びの撮影に入る前に、多奈川線の運用を終えて車庫に帰ってきた「走る!工場夜景」ラッピング電車。 2230系 2232F



さあ、めでたいでんしゃ2編成並びを撮影。
(左)7100系 7167F 水色のめでたいでんしゃ (右)7187F ピンク色のめでたいでんしゃ


これと同時に参加者のリクエストで方向幕が変わります。 両方共特急サザンの表示。


「走る工場夜景」ラッピング電車が洗浄線に入ってきましたので、参加者が一斉に写真撮影をしていました。




今度の方向幕は青準急と赤準急の表示。
水色が青準急でピンク色が赤準急。 それぞれの色に合わせてくれました。


今度は休憩電車と「走る!工場夜景」ラッピング電車の4列車の並列を撮影。
一旦撮影会は終了。鉄道部品のオークションの結果発表へ向かいます。

その2に続く。










コメント

泉北ライナー一番乗り試乗会列車の撮影(その2)

2017-01-27 23:55:15 | 南海
さて、今度は帝塚山~住吉東間で復路の列車の撮影です。


帝塚山~住吉東間 帝塚山4号踏切付近から。
復路が来るまでの撮影。 最初は6200系 6505F


6200系 6519F


30000系 30003F こうや11号
1時間後のこうや13号は高野線特急車両が定期検査の為、運休でした。


6200系 6513F


6000系 6027F+6019F


6200系 6515F


6000系 6012F+6011F


6300系 6334F+6333F


泉北高速7020系 7523F


泉北高速12000系 12021F 試乗会列車の復路


帝塚山6号踏切から。復路の列車が住吉東駅で運転停車をしているところを撮影。


再び帝塚山4号踏切付近から。
6300系 6314F


6200系 6552F


6300系 6322F


泉北高速7020系 7521F 和泉こうみラッピング電車


6200系 6551F


6300系 6331F+6336F


泉北高速5000系 5507F


6200系 6509F


6000系 6035F+6003F


6200系 6501F


6200系 6507F


6200系 6521F
今回の撮影では、6200系が多かったです。


最後は12000系 12001F 泉北ライナー67号 サザンプレミアム車両の代走。
去年は12002Fでしたが、今年は12001Fが充てられていました。 今回はこれで終了です。





コメント