50101Fの紀行

乗り鉄・撮り鉄・旅行記等

「響け!ユーフォニアム」と「ちはやふる 」2018(その3)

2018-04-03 22:45:57 | 京阪
さて、びわ湖浜大津で昼食をとって休憩した後、後半の撮影開始です。


最初はびわ湖浜大津~三井寺間の川口公園近くの併用軌道から。
600形 617-618編成 「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車。 午前中に1回撮影しましたが、上手くいかなかったので、昼一から撮影したら上手くいきました。


今度は駅前の定番の場所での撮影。
最初は600形 619-620編成 大津線の新塗装の撮影は初めてです。 2017年3月31日まで運転した初代「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車。


700形 705-706編成 「ちはやふる」ラッピング電車


600形 609-610編成  山と水と光の廻廊 ラッピング電車


700形 701-702編成 80型復刻塗装


600形 617-618編成 「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車



今度は川口公園から。
公園に覆いかぶさるように咲く満開の桜と「ちはやふる」ラッピング電車を1両づつ撮影。 公園内は親子連れで賑わっていました。



次は公園の外の道路から。
「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車と向かい側の公園の桜と一緒に1両づつ撮影。 山側のラッピングは冬服バージョン。 撮影中に親子連れが入ってしまいました。 次は穴太へ移動。


穴太駅の坂本比叡山口方面のホームから。
最初は「ちはやふる」ラッピング電車。 石山寺方面のホームには桜の木が植えられています。 ラッピング電車と満開の桜の木と一緒に撮影。



今度は「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車。
石山寺方面側のホーム入口付近と坂本比叡山口方面のホームから撮影。 雲一つない温かい青空の中、満開の桜とラッピング電車が一緒に撮ることが出来てよかったです。今回はこれで終了です。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「響け!ユーフォニアム」と「ちはやふる 」2018(その2)

2018-04-02 23:31:53 | 京阪

石山寺駅から。
京阪大津京から乗車してきたのは「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車。 石山ともかとの等身大パネルと一緒に撮影。



石山寺寄りのヘッドマーク
(上)正面から左側は鎧塚みぞれ 坂本比叡山口寄りの左側も同じ。 (下)4月に公開する「リズと青い鳥」 石山寺寄りは傘木希美。
ヘッドマークは20種類で、期間ごとでデザインが変わります。 撮影後、すぐに車内に戻ります。


出発後、車内を撮影。
車内の装飾は吊革の部分(優先座席は除く)のみ。 初代と比べて、控えめかなと思います。(画像をクリックすると大きく表示します。)


車内から撮影。
錦駅に停車中、バックミラーに映るラッピング電車と撮ってみました。


びわ湖浜大津駅に到着。
石山寺駅で撮影できなかった「リズと青い鳥」のヘッドマーク。 坂本比叡山口寄りは鎧塚みぞれ。 前半の撮影はここまで。

その3に続く。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「響け!ユーフォニアム」と「ちはやふる 」2018(その1)

2018-04-01 23:27:22 | 京阪
3月31日に石山坂本線のラッピング電車「響け!ユーフォニアム」と「ちはやふる」をメインに色々な所から撮影しました。
今回は周辺の桜が満開になっていましたので、一緒に撮ってみました。


まず最初は三井寺駅近くの琵琶湖疎水の鉄橋から。
最初は練習を兼ねて撮影。 700形 701-702編成 80型復刻塗装。 三井寺の満開の桜をバックに撮ってみました。
80型の塗装と満開の桜はかつて京津線の地上区間、蹴上付近を彷彿させてくれます。



600形 617ー618編成 「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車
3月24日から運転開始している2代目ラッピング電車。 湖側は夏服バージョン。(上)617号車 (下)618号車



700形 705-706編成 「ちはやふる」ラッピング電車
映画の公開に合わせ、ラッピングが一部変わっています。 (上)706号車 (下)705号車 下の写真は少し後ろが切れてしまいました。



「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車の先頭部分と琵琶湖疎水の桜を絡めて撮影。
上の写真はパンタグラフが少し切れました。 三井寺での撮影はここまで。 次は京阪大津京へ移動。


大津市役所前(旧駅名別所)~京阪大津京(旧駅名皇子山)間 皇子山球場前踏切付近から。
最初は700形 705-706編成 「ちはやふる」ラッピング電車


600形 609-610編成 山と水と光の廻廊 ラッピング電車


700形 701-702編成 80型復刻塗装


600形 617-618編成 「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車
京阪大津京での撮影はここまで。 次は石山寺へ移動。

その2に続く。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おでんde電車に乗って

2018-02-22 23:39:19 | 京阪
2月17日に石山坂本線の冬の風物詩 おでんde電車に参加しました。
浜大津駅で受付を済ませてから、電車が来るまでホームで待ちます。


今回のおでんde電車は700形 703-704編成
例年は夜便のみの運行ですが、今年から土曜日に限り、昼便の運行が加わりました。
行程は浜大津~石山寺~坂本~浜大津の順です。列車到着後、車内に入り、指定された席に座ります。 12:11 浜大津駅を出発。


出発後、参加者全員で乾杯の音頭が。
おでんde電車のメニューはおでんの盛り合わせとおつまみ弁当と飲み物3本。 飲み物の引換券が2枚付いています。
本来はビール1本といきたいとこですが、諸般の事情でアルコール類が一切飲めないので、乾杯の前に、ビールからジュースに差し替えていただきました。


おでんde電車の車内風景。
石山様坂本線内はこまめに停車しながらゆっくりと走っていきます。


12:30 石山寺駅に到着。
夜便ではトイレ休憩で下車できますが、昼便では下車できません。 隣には「ちはやふる」ラッピング電車が停車していました。 先におでんde電車がすぐに出発します。


12:50 浜大津駅に運転停車。
ホームで待っている人達に手を振りましたが、あまり人がいませんでした。 わずかな時間に停車した後、すぐに出発。


滋賀里~穴太間 琵琶湖と近江富士が見えるところを通過。


13:07 坂本駅に到着。
トイレ休憩の為、ここで25分間停車します。少し息抜きの為、車外に出ます。


後追いで来た「ちはやふる」ラッピング電車とおでんde電車との並びを撮影。
(左)703-704編成 おでんde電車 (右)705-706編成 「ちはやふる」ラッピング電車


今回のおでんde電車のヘッドマーク。
そろそろ出発時間がきましたので、車内に戻ります。 13:32 坂本駅を出発。


坂本駅を出発後、添乗員からスクラッチキャンペーンのくじ引きが。
当選した人はプレゼントがもらえます。 残念ながら、私ははずれでした。


飲み物の引換券があと1枚残っていましたので、持ち帰りで大津の地酒「浅茅生」を常温でいただきました。


三井寺付近、琵琶湖疎水を渡ったら、浜大津まであと少し。


13:49 浜大津駅に到着。
1時間40分かけて走ったおでんde電車はここまで。 到着後、引き上げ線に入って行きます。


浜大津駅前の定番の場所で近江神宮前へ回送するおでんde電車を撮影。
このイベントはなかなか参加できない貴重な体験をしました。 また機会があれば参加したいです。 今回はこれで終了です。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大津線感謝祭2017(その2)

2017-11-12 23:11:59 | 京阪
さて、昼食をとって休憩した後、撮影の再開です。





今回のパネル展示はプレミアムカーができるまで。
去年の11月頃から約半年以上もの間、6号車を大がかりに改造工事している様子をパネルで展示。
寝屋川車両基地のイベントでもパネル展示していましたが、大津線のイベントでも展示すると思い、今回撮影しました。


プレミアムカーの座席の展示。 実際に座る事ができます。


洗車体験の800系が洗車機から出て来たところを撮影。


80型復刻塗装とちょっと後ろの方ですが、700形の新塗装と一緒に撮影。


今度は坂本寄りから、700形新塗装車両の全体を撮影。


車内に入ります。
新塗装化と同時に内装も同時に改装されています。



座席部分も新しくなっています。
(上)一般座席 (下)優先座席  京阪線仕様と少し違うのは背もたれの部分がちょっと異なります。



車番プレートも変更。
707-708編成は1993年に錦織工場で、500形の車両を流用したもの。


大津線の夏と冬の風物詩、ビールde電車とおでんde電車の等身大パネル。


新塗装化されて、方向幕のフォントが京阪線仕様と同じものに。 すでに、びわ湖浜大津の表示が準備されています。
方向幕の左側に石山坂本線のロゴマーク。 コンセプトは湖のほとりを南北に。
逆三角形は琵琶湖で、左側の黄色の2本線は石山坂本線の2両編成をイメージしています。


700形新塗装車両を縦向きで撮影。


最後の締めは洗車体験と運転体験の車両を含めた車両の並びを撮影。 これですべてのイベントが終了。


さて、そろそろ大阪に戻ります。
最初は「ちはやふる」ラッピング電車で浜大津へ。 700形 705-706編成


浜大津からは800系の新塗装車両第1号、815Fで。 三条京阪まで乗車。


締めくくりは、快速特急「洛楽」のプレミアムカーに乗って一路大阪淀屋橋へ。 8000系 8007F


プレミアムカーに初乗車。
大阪淀屋橋まで快適に座っていきました。 秋の観光シーズンとあってか、プレミアムカーはほぼ満席でした。
通路扉の上の液晶案内表示はかつてのテレビカーを思い出してくれます。


淀屋橋駅に到着。
今回はこれで終了です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加