やれこら やれこら 昨日も今日も

自分だけはと力んでみても,膝はガクガク,息ハアハア。会話は「アレ,ソレ」そして「やれこら」。鍛えるべきは皮肉とジョーク。

『旺文社』と書いて有るだけで

2017-12-09 19:39:26 | 今日のやれこら
“今日も頑張って 片付けるか”

先日来の片づけで 本棚の整理はあらかた終わりました
今日は 「詰め込んでいた」物や
段ボール箱に入ったり ファイルで隠れていた物を・・・・・


“全部いらない”

長年のボランティアでやっている 陸上競技審判
各種大会のプログラムが
「どっさり」なんですが 処分することに

“んーん これは 個人情報だから”

学生時代からの 住所録・同窓会名簿・記念誌は
面倒でも 裁断して

“これは 残しておかないと”

子どもたちの 文集や「作品」も「どっさり」なんですが
捨てるわけにはいきません 本棚に 

“残すのは これだけで良い スッキリしたぞ”

結局 残ったのは
長年の ボランティアの「証」
アジア大会・国体・男子駅伝の大会プログラム と

今更 使いようも無いのに
『旺文社』と書いて有るだけで
どうしても 捨てられない
「英会話」学習の為の LPレコードで 

50年前
地方の高校生には
『旺文社』=受験の「神様」=青春の「証」
だったんです

“しかし・・・”

それにしては おうぶん の英語力しか・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加