色彩塾

暮らしを楽しむためのカラーコーディネートのポイント。ブログ公開カラー講座!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そもそも、ベーシックカラーって誰でも似合うの?

2018-02-19 11:00:00 | 色彩塾



去年だったか、ある日の講座。

申し合わせたように、トレンチのオンパレードだったので、面白くなって撮影してみました。とにかくベージュが多いこと。

うちの生徒は、殆どの方が、カラーシェイプコンサルを受けているので、自分に似合う低彩度ベーシックカラーを知っています。

基本的に、カラーシェイプシステムに落とし込むと、トレンチのベージュをあまり考えないで着れるタイプは、
黄みと明るさと色みの弱さ
を大事にしたいカテゴリーの方。(うちでは、YYタイプと言います) 素敵トレンチに!

また、このタイプの方は、基本的に中明度〜高明度のベーシックカラーは、困らない。
なぜなら、ベーシックカラーは、色みが弱いから。

みなさん、ベーシックカラーは、何色でも似合うと思っていませんか?

ベーシックカラーは、誰でも便利に着れる色なのですが、1枚だと色みが弱くて、単体だと寂しい印象に。

配色をしっかり考えて組み立てること。ちょっとした工夫が必要な人が殆どです。

私が思う殆どの日本人は、中彩度で仕上げる印象を目指していくと、品が良く、きれいに着こなせると思っているので、ベーシックカラーだけで寂しい印象になる方には、中彩度カラーを足し算してみて下さい。

又、それでも弱い場合は、高彩度カラーを足していくと、モダン感やモード感が増し、カッコいいスタイルに。(タイプによります)

では、トレンチを着る場合どうすればいいのか?ベーシックカラーは、何を選ぶ?

以前、書いた書籍 「色彩の教科書」にトレンチの話は、少し書いてますが…

まず、色相環を縦半分に割ります。
   
 
(PCCS日本色研事業 出典)

左半分は赤みあり、右半分は赤みが殆どない色相です。

左半分の色相が得意な方だと、少し赤みを加えたベージュのトレンチを選ぶといいです。(少量の赤みでドミナントさせるということです)

その中でも、黄みよりの方は、ミルクティーのようなベージュに。そして、温かみのあるベーシックカラーを選びます。

温度感で探してみるとよいでしょう。ブラウン系が最も得意なベーシックカラーです。

このタイプの方が、緑っぽいサンドベージュを選ぶと、一気にさみしくなります。
明度も高いため、小物で足し算したくなるはずです。中明度を加えます。(うちではYRタイプと言います)

更に赤みよりの色相が得意な方のトレンチは、ミルクティーより、もっと赤を足したくなるはずです。

つまり、ピンクベージュに寄せてほしい。
しかし、明度や彩度が本来、得意でないので、もっと小物で工夫したくなるはずです。(うちでは、BRタイプと言います)
ベーシックカラーは、チョコブラウンや茄子紺ネイビー。

アクセだけでは足りないので、スカーフやストール。またはインナーで調整してほしいと思います。
(配色法は、色々あります)

右半分の黄みよりの方は、先ほど説明しましたように、ベーシックカラー全般大丈夫です。ベージュ系、カーキや明るいグレーも素敵。(但し、低明度注意)

右半分、下の位置にある青みよりの色相が得意な方のトレンチベージュは、本当に難しいです。

なぜなら、こちらのタイプの方は、明度が低明度軸にあるから。(うちでは、BBタイプと言います)

ベージュは高明度です。そもそも、明度が合わない。黄みも苦手。

でも、トレンチは着たいし、必要とあらば…

冒頭の写真の右半分で、赤みがないサンドベージュを選び、インナーや小物でメリハリを付けます。

出来れば、少し明度を下げた、中央のカーキや右端のネイビートレンチをお勧めします。(素材の質感は、タイプによって違います)

こちらのタイプの方は、黒やネイビー・グレー・深いカーキなど、単体で綺麗に着れます。
比較的、ベーシックカラーは、クールな温度感のものをセレクトすればよいと思います。

それぞれのタイプも、寒暖対比(わからない方はネットで調べてみて下さい)を起こさせて、ご自分の得意な温度感に寄せて行く事を心がければ、どんな色でも着れるはずです。

当社が開発した、カラーシェイプ®配色システムは、ベーシックカラーをとても大切にしてご提案しています。

そして、このように、Bベース・Yベースを自由に混在させ、色彩学を使った、配色コーディネートで、どんな色でも色を繋ぎ、重ねることを何より大事にしているシステムなのです。

とても体系的に作っていますので、感覚で診ていくものでも、季節のimageで分類するものでもありません。(色相と人の関係性は、多少あります)

どのような色もコントロールできるということを、もっと多くの方に知ってもらいたいと願うばかりです。

株式会社色彩塾 代表 勝馬ちなつ

【お知らせ】 3月15日~ 色彩塾配色クラス(2018年度) 5月開講 
色彩塾HPより募集致します。
詳しいカリキュラム・条件等、HPに記載していますので、ご確認下さい。  

カラー講座お申し込みはこちらです ★


カラーシェイプコンサルのお申し込みはこちら ★
                  <

■color+shape®︎ style bookも発売中です













コメント   この記事についてブログを書く
« そもそも、ファッションカラ... | トップ | そもそも、色の職人ですか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

色彩塾」カテゴリの最新記事