色彩塾

暮らしを楽しむためのカラーコーディネートのポイント。ブログ公開カラー講座!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

色を活かすために

2015-01-21 22:42:55 | 色彩塾
  画像はpinterestより


この9色のうち、美味しそうに見える色は、どんな色?

圧倒的に、上部の暖色系ですね。



本来、食材には暖色系の色が多いというのも関係していますが、寒色のブルーはどうでしょ。

見た目には、美しい。しかし、食べものとなると…     ちょっと食欲がなくなりますね。



人間が口にする食材で青い食べ物がないため、潜在的に食べられないという心理が働くわけです。

特に、彩度(鮮やかさ)の高い青は、人工的で食べにくいイメージです。

ダイエットふりかけとして、青いごはんになるように販売されているものも。

それほど、寒色は、味覚に影響を及ぼす色でもあります。



時々、鮮やかな青いお皿を使用しているテーブルコーディネートもありますが、食材を載せていない物が多く、

実際、そこに食材を入れると、残念ながら美味しそうに見えません。和食の文化とも実は相性が悪い。

お皿は、料理を引き立てるわき役でないといけませんね。ここでも、やはり引き算の大切さがわかります。

色を活かすための環境を整えること。キレイの極意です。



食の世界だとテーブル周り。ファッションだとベーシックカラー。インテリアだと床・壁・天井のベースカラーが色環境。

ベースを整えるからこそのカラーコーディネートです。





通信講座 募集開始。  申し込みはこちら   

まもなく、大阪は定員になります。 残2名  東京は、まだ空きがございます。


色が大好きで、やる気のある方のみ募集。理論を感覚で表現できるように指導していきます。


何となく…    の方は、ご相談下さい(笑)




コメント   この記事についてブログを書く
« 色彩塾 通信講座について | トップ | 今まであまり語らなかったこと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

色彩塾」カテゴリの最新記事