おどりばの猫

 「君たちはどう生きるか」についで「ねじまき鳥クロニクル」も読み終わった。
 「ねじまき鳥クロニクル」のファイルのあるコンピューターは厳重に管理されており、そこへのアクセスにはパスワードが必要だ・・・。
 厳重、厳重って強調してたわりにパスワードは3文字だってことに、ちょっと拍子抜け。実際、主人公がちょっとカンをはたらかせたら、わずか3回ほどで突破してしまったよ。ちょっと昔って、そんなんだったけかな。その頃って、パスワードって聞いただけで身構えてしまうようなそんな時代?でも、もっと難解なパスワードだったりしたら、物語そこで止まってたかもね。次は「1Q84」。

 
 くたびれた街を歩く。今はくたびれていても、昔のよかった頃の名残りか道路や歩道は広くてなかなかのもの。それは、昔肥えていたのが痩せたために、あまってしまった皮にできるダイエットじわみたいなものか。(ハルキムラカミに毒されてか少々ひねった表現を。ちがうか)くたびれたラーメン屋に喫茶店でのランチ。くたびれ感は、言いかえれば味や趣きになんとでも変わる。
 散策で、たまたまみかけた寺や神社でお賽銭をあげることもあるけれど、ある小さな神社でのこと、賽銭箱の格子状の上部が壊れてしまっていた。お賽銭はあくまで気持ちの問題ではあるけれど、丸裸にされてしまった賽銭箱の空っぽの底を見ていたら、急に損得を考えてしまって、10円を投げいれようとしていた手が一瞬とまった。それは、あくまで神様のせいじゃないんだけどね。


お気楽日記ランキング

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« くもり時々イルカ 令和の兆し »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。