人間は考える足である

 先日、犬吠埼の辺りをちょっと歩ってみた。 
 車で通り過ぎる時には、よく見えなかったけど、閉館したマリンパーク(水族館)にはペンギンたちがまだいた。(特に様子を見に行ったというわけではないが)
 一時、閉館になった水族館にイルカ1頭(ハニー)とペンギンたちが取り残されていると騒がれたけど、最近ではめっきり聞かない。
 どうなってるんだろうと思い検索してみると、水族館は今春、中国人オーナーに買い取られており、現在再開に向けて補修工事が進められているというではないか。(再開時期は未定) たしかに建物は足場で囲われている。
 ただし、今回の工事では、イルカやペンギンのいる屋外設備の整備はしないとかで、整備の方法を検討中とはあるが、なぜ真っ先にしないのか、そうすると、やはり他の記事に書かれているように、かれらは中国に売り飛ばされてしまうのだろうか。
 それとは関係ないかもしれないが、すぐそばに見える廃館になったホテルも何か作業している風なんだけど何か動きがあるのだろうか。
 格安ホテルチェーンとかきたら流行らないかな。安ければ、ちょっと泊まりに行ってみようかって層もいるのではないだろうか。(とどのつまり個人の感想ですが)
 乗り出さないところをみると、それほど魅力がないんだろうね。


お気楽日記ランキング

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« レレレのクラ... 残念なニュース »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。