まさに表紙買い


 地元の学校跡地(津波の被災地でもある)で撮影されたサンドアート作品が「TIME」誌の表紙を飾ったというニュースを新聞で知った。すぐに探しに行ったが、「TIME」には日本語版がないらしく、田舎の書店に英字の雑誌など置いているはずもなかった。しかたなく図書館の雑誌コーナーまで行って、ただ表紙だけを拝んできた。
 しばらくして、テレビでやっていたのを見たらしい母が得意げに語ってくる。新聞にのった時、教えてあげたじゃん。その時は、あまり関心はなさそうだったけどな。
 作者の方は、毎年、地元で夏に開催されている砂の彫刻展に関わっていて、今年訪れた時も、ひときわ目をひく彼の作品を写真に収めている。海水浴場の片隅にあった会場は、他に見ているひともなく寂しく感じたものだった。今どきの海水浴場はというと海の家さえなく閑散としてた。
 この件は、そのまま終わるはずだったのだ。なのに、ほんの気まぐれからかアマゾンで注文してしまった。ただ表紙を見るだけなんだけどね。ひとつ記念ということで・・・。そうだ、英語の勉強しよう!
 

 手紙を書く為、まずはメモ帳(ウインドウズのね)で文案を練った。(このブログも、実はメモ帳で書いてたりする)
 後で手書きでもするつもりが、日頃、手紙を手書きする事もないし、字に自信があるわけでもないから、このまま印刷出来ないかと思ったのだが、メモ帳では感じよく印刷出来そうにない。
 調べてみると、ワードパッドというメモ帳よりやや多機能なアプリがあるらしい。こちらは画像も挿入でき、印刷プレビューもある。ただし、印刷出来るのは2ページ分までみたいなのだが。とりあえず、メモ帳からこちらにコピペしてみた。
 プリンタを持っていないので、コンビニのコピー機で印刷するつもりだが、それにはファイルがPDF形式でないとダメだ。ワードパッドのファイルは、なんちゃらとかいう形式で、これをPDFに変換する機能もない。どうもフリーソフトで変換出来そうだったが、無料とはいえ、得体のしれないソフトをダウンロードしたものか少し迷う。
 そこで、さらに調べてみると、なんと、いつのまにかウィンドウズ10ではワードやエクセルが無料で使用出来るようになっているという情報が! 安いPCだったし、これらのソフトはずっと入ってないものだと思っていた。PC内を探してみると、確かにワードを立ち上げることが出来た。ワードならファイルをPDFに変換する機能がついているので、これをUSBにでも保存して持って行けば印刷が出来る。知らないばっかりに、ちょっと遠回りしてしまったな。
 これも最近知ったのだが、コンビニのコピー機では楽譜なんかも1曲から買う事が出来る。楽譜サイトで、ほしい楽譜のコードをメモってコピー機に行けばいいだけ。会員登録などする必要もなく、これなら後くされがなくてよい。メモったって、途中で気が変われば買わなければいいんだもんね。
 知らないばっかりに、書店やブックオフで、なんかよい楽譜の本がないかウロウロ探してしまったよ。
 
 
 逃げないかなと思って一歩踏み込んだとたん、一目散に逃げっていったわ。
 
  


お気楽日記ランキング

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« お墓参りなど 不安な夜にフ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。