つむじをまげたかたつむり

 手にしたペットボトルのお茶の名は「茶の間」。
 どこかサンガリア愁のただよう名前だが、意外にもそれは伊藤園だった・・・。
 スーパーで刺身を物色していて、いつも思うのが、地元産のものが並んでいてもいいのになということ。あったとしても、それはごくたまにであって、いつも他県とか外国産ばかり。
 これじゃあ、海なし県に住んでいようが、海あり県に住んでいようが、漁港のある町に住んでいようが、例えそれが全国1位の漁獲量を誇るような港であったとしても、たいして違わない。
  (海あり県に生まれたおかげで、魚の食べ方だけはきれいになったけど。コツはただひとつ、ひたすら身を残らず食べ尽くす。ただ、それだけです)
 海鮮丼なんかを観光客向けのお店で食べることはほとんどないしな。安かったら安かったでお値段以上ということもあまりない。
 仕入れの都合で、大量に仕入れた方が値段も安く出来るんだろうけど、仮に多少高くても、地元産のものをたまには食べてみたいと思うけどな。
 そういうものがほしいなら、市場みたいなところにいけば?ってことなのかもしれないけどね。



  灯台界隈じゃあ、ケン・ワタナベって呼ばれてます。


お気楽日記ランキング

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ドロンの謎   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。