ころころのブログ

主に行政書士・宅建の試験に関してお話します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行政書士1問1答

2010-03-17 17:47:01 | 日記
伊藤塾編 司法書士過去問 民法 から引用します。

司法書士の過去問を解きます。

平成19年度第6問の問題ですが、


制限行為能力者制度に関する次の記述のうち、正しいものか誤りか答えなさい。なお、記述中の「取り消し」は、すべて行為能力の制限による取り消しのこととする。

成年被後見人が契約を締結するに当たって、成年後見に関する登記記録がない旨を証する登記事項証明書を偽造して相手方に交付していた場合には、相手方がその偽造を知りつつ契約を締結したとしても、その成年後見人は、当該契約を取り消すことができない。



この選択肢は、誤りですね。

相手方が、成年被後見人が契約を締結するに当たって、成年後見に関する登記記録がない旨を証する登記事項証明書の偽造を知りつつ契約を締結したとしても、その成年後見人は、当該契約を取り消すことができます。


この記事についてブログを書く
« 行政書士1問1答 | トップ | 宅建1問1答 »

日記」カテゴリの最新記事