建築士会名古屋西支部ブログ

(公社)愛知建築士会名古屋西支部からのお知らせと活動報告

3/2 インスペクション活用セミナーのご案内(H30 第2回研修勉強会)

2018年12月12日 | お知らせ



――――――――――――――――――――――――――
★平成30年度 第2回研修勉強会のご案内★
インスペクション活用セミナー
「今、求められる住宅調査のエキスパート、
ホームインスペクターの“ リアル”と“未来”」
――――――――――――――――――――――――――

人口減少、新築市況の縮小が懸念される今、注目が集まる中古(ストック)住宅市場。ストック流通市場の拡大は国策でもあります。
そんな時代において、ホームインスペクターの有用性は、ますます高まっていくと考えられます。
求められるホームインスペクターになる為に、知っておくべき“リアル”と“未来”を具体的な事例を交えて伺います。

講師
坂川泰士朗 氏
さくら事務所ホームインスペクション東海 代表

講義内容
1.東海圏における新築・中古住宅の市況
2.「建物状況調査」と「ホームインスペクション」
3.建物状況調査の現状
4.ホームインスペクターの“リアル”( 調査事例) とカスタマー特性
5.ホームインスペクターの“未来”
6.ホームインスペクターになるメリットと注意点

日時
2019 年3 月2 日( 土) 14:00 ~ 17:00(受付13:30 ~)

場所
愛知建築士会会議室(名古屋商工会議所ビル9 階)
名古屋市中区栄2 丁目10 番19 号

受講料
名古屋西支部会員:1,500 円
建築士会会員:2,000 円
一般:3,000 円→2,000円(変更しました)
※受講料は当日受付でお支払い下さい

定員
事前申込制・先着70 名

申込締切
2019 年2 月28 日(木)

CPD
建築士会継続能力開発制度(CPD) の単位取得予定

申込方法
氏名、携帯電話番号、メールアドレス、所属、
参加区分を明記の上、メール又はGoogle フォームからお申込み下さい
※申込者には受付確認のメールを返信します

申込・問合せ先
Google フォーム https://goo.gl/forms/jTMzLKYFwB2DL6iZ2
愛知建築士会名古屋西支部 研修委員会
田中将実 Tel:090-4266-6164 Mail:spitz98@yahoo.co.jp
野田拓美 Tel:080-7004-6343 Fax:052-325-7649 

※セミナー終了後、懇親会を行います

主催
愛知建築士会名古屋西支部 研修委員会

コメント

H31.2.17「静岡富士山世界遺産センターとお茶の都ミュージアム 見学会」平成30年度研修見学会のご案内

2018年12月01日 | お知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――
★平成30年度研修見学会のご案内★
「静岡富士山世界遺産センターとお茶の都ミュージアム 見学会」
―――――――――――――――――――――――――――――

この度、青年委員会と研修委員会では建築知識の向上を目的として、
静岡富士山世界センター及び、お茶の都ミュージアムの
日帰りバス研修見学会を企画しました。
お一人でも、お連れの方とご一緒にでも、どなたも気軽にご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしております。


日  時
平成31年2月17日(日)

集合場所
名古屋駅西口(銀の時計付近)

参 加 費
9,000円(当支部会員とその家族は8,000円)
※昼食代は費用に含む。飲み物は別途。

申込方法
下記必要事項を記入の上、お申し込みください。(先着順 40名)

問合せ・申込先
公益社団法人 愛知建築士会 名古屋西支部 青年委員会(担当)丹羽豪
Googleフォーム(推奨) https://goo.gl/forms/oppBFYT1Mz682Iro1
Tel:090-8475-8604 Fax:052-522-5265 E-Mail:niwa285@nifty.jp

申込締切
平成31年2月2日(土) 

行  程
7時15分  名古屋駅西口(銀の時計付近) 集合
7時30分  名古屋駅西口 出発
11時10分~ 静岡富士山遺産センター 見学
12時55分~ 由比(昼食)
13時45分~ 同 出発
14時55分~ 小堀遠州 日本庭園、茶室、お茶の都ミュージアム 見学
16時00分~ 同 出発
18時30分  名古屋駅西口 到着、解散(予定)  

主催
公益社団法人 愛知建築士会 名古屋西支部 青年委員会・研修委員会
※この事業は建築士会継続能力開発制度(CPD)の単位取得の予定です。

■静岡県富士山世界遺産センターは、世界遺産の根拠となる
「世界遺産条約(国際条約)」に規定されている、世界遺産を
「保護し、保存し、整備し及び将来の世代へ伝えることを
確保する」拠点施設であり、学術調査機能などを併せ持つ施設
■センター前面に湧水を引き込んだ水盤をつくり、
建物の象徴である逆さ富士を水面に表現するとともに、
浅間大社とのネットワークを形成する
■小堀遠州の手掛けた茶室「縦目楼」の復元と、
同じく遠州が手掛けた「仙洞御所」の東庭を復元

コメント