建築士会名古屋西支部ブログ

(公社)愛知建築士会名古屋西支部からのお知らせと活動報告

とうとう一部緩和

2007年10月31日 | Weblog
岡島です。 

30日に国土交通省から改正建築基準法について一部緩和の方向で省令改正の方針が示されました。

以下は朝日新聞のネット版の記事より

建築確認を厳格化した改正建築基準法が6月に施行されて以降、全国的に確認審査が滞り新築住宅の着工戸数などに影響が出ている問題を受け、国土交通省は30日、同法施行規則を改正し審査態勢を一部緩和する方針を明らかにした。同法施行後、関連省令を改正するのは初めて。

 改正法施行後、7、8月の2カ月間で着工戸数が前年比で3割以上落ち込むなどの影響が出たことについて同省は「予想以上の混乱」としており、改正法が円滑に運用されるよう、建築業界などからの要望にこたえて現実的な対応策を取った。11月中旬にも改正する。

 建築指導課によると、着工後に部屋の間仕切りや窓、ドアの位置や大きさを変える場合、構造の安全性や防火・避難性能が低下しなければ計画変更の確認申請を不要とする。この結果、マンションや住宅、テナントビルなどで、二つの部屋をつなげて一つにするなどの変更が容易になる。

 また、確認申請の際に提出する建材などについての大臣認定書の写しは、審査機関側が提出を求めた場合に限って提出することにする。同じ建材の認定書を審査機関側が既に持っている場合などに提出を不要とすることで、申請側にとって提出書類が少なくなる。

以上です。

改正以後4件の確認を下ろしましたが、これで実務上もかなり負担減となりそうなので期待しています。

ただ、4号特例の廃止など今後の動きにも注視することが必要です。
コメント

建築確認済証をいただきました。

2007年10月30日 | Weblog
こんにちは、二宮です。

遅ればせながら当事務所も法改正後、初めての確認済証をいただきました。
確認サービスに提出したのですが経過は以下の通りです。

準防火地域・準工業地域の40坪程度の一戸建て住宅「木造2階建て」です。
10/22:PM2:30 受付
10/23:PM5:20 追加説明事項FAXあり
10/24:PM2:30 追加説明及び訂正
10/25~10/29: 消防同意
10/29:PM1:30 一部訂正の電話連絡あり
10/30:AM11:30 確認済証受理

です。
タイミングの関係かもしれませんが、一部訂正が無ければ10/29受理で
消防同意有でも一週間で降りました。
4号物件は落ち着いてきたのかもしれませんね。
コメント

静岡では即日公布

2007年10月20日 | Weblog
ブログでは初めまして。二宮建築設計室の二宮です。

書込みテストも兼ねて投稿します。

今朝、静岡の建築士仲間から電話があって話をしていたら
どうやら静岡の民間検査機関「(財)静岡県建築住宅まちづくりセンター」では
4号物件の戸建てなら法改正前同様即日公布する旨のメールが届いたそうです。
HPをみるとちゃんと書いてありました。
認定書の添付も省略しているそうです。
検査機関曰く。認定書の資料(書籍)を検査機関側が常備してあるので判るから必要ないとの事。
この判断もどうかと思いますが。。。

愛知県と静岡県での法改正による検査機関の熱の入り方がとても違うのでビックリしました。
受付番号を得る為に早朝から並ぶと言ったら、あっちが驚いてましたけど。(笑)

まぁ、静岡県自体が仕事が少ない状況らしいですが。。。
コメント

CBCのニュースで出てました

2007年10月09日 | Weblog
岡島です。 こんにちは

昨日(8日)のCBCの夕方のニュースの中で、「改正建築基準法で、建物が建たない」という趣旨の特集が数分のコーナーでしたが放映されました。

役所(愛知県)だけでなく、設計事務所、建築会社やデベロッパーのインタビューもあり、公平に報道されていた印象を受けました。
少し前にも中日新聞の夕刊にも取り上げられており、こうした報道が続けられることによって、施主の理解を得られると思います。

改正後、数件の確認を下ろしましたが、適判以外の物件は少しずつ落ち着き出しているようです。

銀行のローンセンターの副所長とお話しましたが、8月までの申込みは全然少なくてヒマだったのが、9月からは例年並みに戻りつつあるということで、住宅(4号建物)に関しては、実需と着工のバランスの悪さもまもなく解消されるようですね。
コメント