渡良瀬橋夕景(鳥の写真集)

友人の菊地さん、平野さん、沢田さん、isaさんのすばらしい鳥の写真集をお楽しみください。

水辺の鳥《レンカク》

2017年11月27日 | 水辺の鳥
▲菊地さん撮影。かわいい鳥なので、shiinaも見たいが、遠出はちょっと・・・ 【習性】  まれな旅鳥として飛来。湿地などに住む。西日本に多いが、関東地方でも、毎年のように情報が流れます。 . . . 本文を読む
コメント

水辺の鳥≪オナガガモ≫

2017年11月26日 | 水辺の鳥
▲菊地さん撮影。群馬県館林市の多々良沼ではハクチョウと群れて泳いでいます。 【特徴・習性】  体も首も細長く、雄の尾は長く伸びている。嘴は黒くて、足は灰色。プリップリッと小さい声で鳴く。  冬鳥として多数渡来し、湖沼、川、池などにすみ、餌などを与えるところでは、近年著しく増えている。逆立ちしてくびを伸ばし水中または水底の餌を取ることが多い。 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪イスカ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲いずれも菊地さん撮影。以前、佐野市の唐沢山の情報がありましたが、最近は、見ていません。 【特徴・習性】  くちばしが上下に曲がり、くい違っているのが特徴です。  多くは冬鳥として九州以北の低地から山地のマツなどの林に渡来。松かさにぶら下がったりする。 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ガビチョウ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。最近、増えてきましたね、いろいろな鳥の鳴き声を真似して、大きな声で鳴いているのは、このガビチョウとカオジロガビチョウが多いですね。 【特徴・習性】  東北~九州の低地、低山の茂みの中に多い。ビュッ、グルッと鳴く。 ▲カオジロガビチョウ . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ヤマガラ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。市内の山前公園では、人間の手から餌を食べるなど、慣れすぎていて、ちょっと心配・・・ 【特徴・習性】  頭部は、黒とバフ色の斑、背と腹は茶褐色。翼は、暗青灰色。地鳴きはツィッ、ツィッ、ニーニーという鼻声で鳴く。  ほぼ全国的に1年中見られる鳥ですが、秋冬は、関東地方の平地でもよく見られる。堅い木の実を両足で挟んで嘴で割って食べる。 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ヒガラ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。冬期、群馬県邑楽町の公園では、カメラマンがいつも狙っています。 【特徴・習性】  カラ類で一番小さく、嘴は細く、尾は短い。頭上は黒くて短い冠羽がある。  屋久島以北の山地の針葉樹林にすむ。冬期は、平地でも見ることができる。 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪セッカ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。足利市内の河原でも見ることができるが、最近は、少ないようです。 【特徴・習性】  スズメより小さく、尾を広げると扇状。上昇しながら澄んだ声でヒッヒッと繰り返し、下降するときにチャッチャッと鳴く。  本州以南の低地から山地の草原で繁殖。冬は、暖地に移る。 ▲平野さん撮影 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ジョウビタキ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。冬場、shiinaの家にも姿をあらわします。 【特徴・習性】  雄の頭上は灰褐色、腰と外側尾羽と体の下面の橙色が目立つ。雌の体は灰褐色、下腹から尾は赤褐色。澄んだ声でヒッ、ヒッ、時にはカッカッと低く鳴く。  冬鳥として全国に渡来する。平地から山地の農耕地、河原、公園など、少し開けたところに単独でいて、杭、石、屋根、電線などによく止まる。単独で縄張りを作り、ほかのジョウビタキを追い . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪シロハラ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。shiinaの家にも姿をあらわします。 【特徴・習性】  雄の頭部は灰黒褐色で背、翼、腰は茶褐色。尾は黒褐色で外側尾羽の先に白斑があり、飛翔時に見えることがある。キョッキョッやツイーと鳴く。  冬鳥として全国的に渡来するが、厳寒期には本州中部以南の低地から低山の暗い林にいて、林内の地上で餌をとる。 ▲平野さん撮影 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ショウドウツバメ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。休耕田付近の電線に多くが止まっていると、うれしいですね。 【特徴・習性】  ツバメより小さく尾の切れ込みが浅い。下面は白くて胸にT字形の褐色帯がある。ジュジュジュと鳴く。  本州以南には、春秋に旅鳥として渡来し、海岸、川岸、水田等に群れで出現する。 ▲平野さん撮影 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ジョウビタキ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲平野さん撮影。冬場、shiinaの家にも姿をあらわします。 【特徴・習性】  雄の頭上は灰褐色、腰と外側尾羽と体の下面の橙色が目立つ。雌の体は灰褐色、下腹から尾は赤褐色。澄んだ声でヒッ、ヒッ、時にはカッカッと低く鳴く。  冬鳥として全国に渡来する。平地から山地の農耕地、河原、公園など、少し開けたところに単独でいて、杭、石、屋根、電線などによく止まる。単独で縄張りを作り、ほかのジョウビタ . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪ツバメ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。秋、多々良沼、渡良瀬遊水地のねぐら入りは迫力がありますよ。 【特徴・習性】  頭上から尾まで光沢のある黒色。白い胸腹部との境に黒帯がある。チュビッ、ツピッと鳴く。聞きなしは、虫食って土食って口しぶーい、ぐつぐつ米炊いてピチャピチャ虫食おう。  夏鳥として種子島以北に渡来し、夏から秋にアシ原を大群でねぐらにする。 ▲平野さん撮影 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪コジュケイ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。shiinaがフィールドにしている藪にも数羽の群れが確認できますが、逃げ足が速く、撮影できません・・・ 【特徴、習性】  頭から上面は黄褐色で黒い横斑がある。本州の積雪の少ない地域、四国、九州などで留鳥。 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪オオマシコ≫

2017年11月26日 | 山野の鳥
▲いずれも菊地さん撮影。以前、軽井沢の野鳥の森で何回か見たのに、最近は、全然会えない、会いたいな・・・。 【特徴・習性】  雄では頭部が濃い紅桃色で喉は銀色。地鳴きは、チーという鋭い声。冬鳥として九州以北の山地の林に渡来するが少ない。 ▲沢田さん撮影 . . . 本文を読む
コメント

山野の鳥≪マミチャジナイ≫

2017年11月25日 | 山野の鳥
▲菊地さん撮影。日光の戦場ヶ原の探鳥会の観察記録が多いです。 【特徴・習性】  雄の頭部は、青い灰色、白い眉斑。嘴の付け根の白色が目立つ。背・翼・尾は、オリーブ褐色。胸から脇は淡い橙黄赤色。雌の頭部の灰色味が少なく、喉は白くて灰黒色の縦斑がある。キョッキョッと鳴く。  主に旅鳥として渡来するが、西日本では、越冬することもある。 . . . 本文を読む
コメント