いしころとまとの花野果村(はなやかむら)

野菜ソムリエ全国大会金賞受賞料理教室『花野果村キッチンガーデン』主宰 
石館志保子のベジフルこぼれ話

失敗しない柿の渋抜き法

2010-11-18 18:00:00 | 加工・保存品
小学校の頃、甘柿=丸い柿、渋柿=長ひょろい柿と思いこんでおりました。
近所に丸い柿がなるお家があって、見るからにあまりに美味しそう。。。
思わず、塀から出ていた枝から1個失敬して、猛ダッシュでそこから立ち去って
急いで家に帰って、真っ赤に熟した柿をパクッ!!としたら



渋柿だった



暫く口の中の渋さがとれずに・・・
悪いことをすると絶対神様のバチが当たる!としっかりと心に刻んで
それからは、人様の家の柿を失敬するという悪さはしないようになりました。

先日のこと、宮城の南に位置する丸森に行ってきました。
「いしころさん、柿はいらんかえ?」と言うしんこさんの言葉に誘われて
丸森までひとっ飛び。
しんこさんちの裏には鈴なりの柿。
はたしてこれは、甘柿か?渋柿か?
仙台あたりですと、甘柿は殆ど見かけないですが、
丸森あたりまでは、なんとか甘柿が収穫できるそうなんですね。










「おばちゃん柿とらないで、そこでなにしてるの?」




「う~~ん、わたち?わたち、いっちゃい。おばちゃんは?」
「・・・・おばちゃんは、さんちゃい 







「おばちゃん、とってもおいちそうにたべてるから
わたちも、たべちゃお、パクッ


「う~~ん、鼻にはいっちゃったみたい。。。」



「今度はこっちの、赤いのとるの?」




「これは・・・あかい・・・リンゴでちゅ」



「わたち真っ赤なほっぺで、きれいでちゅか?」





はい、とってもかわいいでちゅよ 
皆さん可愛いおこちゃまの映像
たっぷり楽しんでいただけましたでしょうか?




改めてここから、「正しい渋抜き方法をお知らせしますね」
渋柿を渋抜きすると、どうしてもグチュグチュチュになって
うまくできないということがありますので
落葉果樹専門店様から、直々に教えていただいた
渋柿の正しい渋抜き法  をお教えいたします。


カキ1㎏ に対して 35度焼酎 10cc

が適量です!
  



↑正しい渋柿の渋抜き法



買ってきたのは登米「林林館」で売っていた4㎏350円の渋柿です。
柿は4㎏なので、使う焼酎は40ccのみ 
焼酎は新聞紙の上から掛け、
柿には直接焼酎がつかないのがポイントです。
このまま、12日くらい常温に置きますと、上手に渋が抜けます。

これを漬けたのが、8日ですので・・・
渋が抜けるのは、大体11月20日頃となります。

でも・・・
その前に実は、別の品種でも渋を抜いておりました。
これが昨日、やっと渋抜きができあがって、段ボールを開けると・・・



 


ブラボ~~、ものすごい上出来のしあがりです。

とっても綺麗なお色で登場したのは・・・・丸森では干し柿に使う「蜂屋柿」

ひょろ長いタイプの渋柿です。

確か蜂屋柿は、生で食べるには糖度が低いので、渋抜きより干し柿で使われると

以前、落葉果樹専門店様が言っていたような。。。

でも・・店には平核無は、売ってないから、しょうがない。

「ためしてガッテン!!」とばかりに大きな蜂屋柿を渋抜きしたのですが・・・

 

 



予想に反して・・・

びっくりするほどの甘さで、口の中で果肉がとろけます。

果肉がとろりとろりと。。。

とろりとろり、まったりと。。。

あまりの美味しさに、久しぶりにピース 

 

これから、忘年会シーズンまっしぐらの皆様。

柿には、ビタミンCと血液中のアルコールを外に出してくれるタンニンが豊富に

含まれております。

お酒を飲む前に1個の柿が、二日酔い予防に効果がありますよ。


 

 

さ~~、やっとこれでほっと安心 

今まで溜まっていた投稿を全部アップできたし 

後ろ髪を引かれることもなく、

これから「韓国にいってきま~~す



って・・・

え、なに?

 

今日は暦のうえでは、もう11月18日・・・なの?





ということは・・・明日はもう帰国しなくちゃいけないのね?

 

ps.

16日から18日の記事は予約投稿で送っており、

数日間の時差が生じております。

皆さん時差ぼけを起こさないでくださいね。

 

って・・たぶん一番のぼけは・・・

やっぱり、わたし? 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 本場韓国料理も・ど・き | トップ | 「本場韓国料理」の第1弾 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazutyan)
2010-11-18 20:41:06
蜂屋柿は大きくて果肉が柔らかく美味しいでしょう、我が家にも昔あったのですが、枯れました。懐かしい味です。こちらは何柿もすべて過去にない不作で、イノシシや熊も餌が無く里に下りて来て困っています。
Unknown (しんこ)
2010-11-19 09:24:21
わたち、名前はきーちゃんでちゅちゃいでちゅ
いしころ姉さん、孫ちゃんの写真のっけてくれてありがとさんでちゅ

今年は柿の当たり年、枝が折れるほどなってます
これから干し柿の季節ですが、誰か採ってくれないかしら自分で干し柿やりたい人いませんかね
kazutyanへ (いしころとまと)
2010-11-20 20:47:08
kazutyan、ただ今です~~。
蜂屋柿、
枯れてしまったのは、残念でしたねぇ。
蜂屋柿、
ほんと美味しいですよね。それにしても口の中にとろりとろりとまったりはまってます。
そちらは柿が不作。
こちらでは柿が豊作だそうです。
イノシシは、こちらも山から下りてくるので
駆除にたいへんのようですよ。

しんこさんへ (いしころとまと)
2010-11-20 20:53:45
き~ちゃん、2ちゃいでちたか?
ごめんね~~年齢詐称しちゃったね。
肖像権の承諾はしんこマネージャーから
頂いたけど
名前をお出ししたら、
おこちゃま芸能プロダクションから
文句がくるかな、と思って
出すのやめちゃいましたよ。
去年、まるもり行ったのは、12月早々の頃。
八島さんのネックレス干し柿とっても綺麗だったよね。
いくらでも干し柿作りたいひといるね。
一緒に丸森行きたい人、この指とまれ!
姉妹三人旅で1キロ太ったでちゅ (よっこ姉)
2010-11-20 22:50:02
しんこさんその節は癒しの時間有難うございました

車のエンジンを切る事を忘れるほど、可愛かったきーちゃんでした
また二歳にしてあの働きぶりには感心しましたよ

お母さんの干し柿美味しかったなー
私も作っていましたが、すずめとからすの被害に二年続けてあってからやめました



ふ~~へ (しほちゃん)
2010-11-21 19:59:59
キーちゃんのあの働きぶりは、KYちゃんにも
匹敵するまめまめしさだったね。
今年はしんこさん宅に又おじゃまして
干し柿を作りましょう。
網を張るか、釣り糸で、鳥害予防をちゃんとしてね。
私も、約1キロ太ったけど
あれだけ食べて1㎏はすごいよね!!
夕飯はあの店がわすれられなくって
豚肉をいろんな葉っぱでくるんで
たべたよ。やっぱ、うまかった!
又一緒に韓国行きたいね~~
おかえりなさ~い (かおりん)
2010-11-21 23:34:37
きーちゃん、もう2歳でしゅか
赤ちゃんだったのにー!!
早いですね~
柿、皮のまんまかぶりつき!!
さすが丸森っこ&しんこさんのお孫さん

その指と~まった
わたしもスズメちゃんズのエサになっちゃったので、自分の手作り干し柿食べてみたいなぁ~

渋抜きした蜂屋柿、とろりんちょでおいしそうだなんちょ
かおりんへ (いしころとまと)
2010-11-22 16:15:41
れんた君だって、もう・・・何歳だっけ?
キーちゃん、今までは
柿余り食べなかったそうだけど
この日、釣られて食べたようよ。
確か、かおりんもスズメのエサになった
事があった、あった!
今思い出したよ
12月になったら一緒に丸森行って渋柿とってこようね。

コメントを投稿

加工・保存品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事