華道家 余田紫甫(志穂) 

いけばな嵯峨御流・華道家 余田紫甫の海辺の街での楽しいくらしと花を愛する日々

いけばな教室 2月(2021年 令和3年)

2021年03月02日 | Flower
いけばな教室 2月(2021年 令和3年)
2月のお稽古 上巳の節句
『桃はじめて笑う』啓蟄の時候 花が咲く事を笑うと言ったとはなんとも愛らしい表現 邪気を祓い、食べると不老長寿が得られると言う桃、水盤の中にそれぞれの桃源郷を活けてみました。

盛花 前盛体 後盛体
桃 フリージア 菜の花




















コメント

いけばな教室 1月(2021年 令和3年)

2021年03月02日 | Flower
いけばな教室 1月(2021年 令和3年)
水仙 
生花 水仙の左遷する出生を理解して、天地人の三才格の弓張の形に活けます。
葉組といういけばなの独特の技法 根元の袴を一旦脱がせて葉を役枝に姿を整えてます
水盤に株分け、縦姿・横姿に仕上げました。













コメント

いけばな教室 12月(2020年 令和2年)

2021年03月02日 | Flower
いけばな教室 12月(2020年 令和2年)

令和三年新春を迎える花 
松(根引松)南天 葉牡丹(紅白)オンシジウム デンファレ ドラセナ
難を転じて(南天)実り多き一年になります様に。
嵯峨御流
令和三年 お題花 『実』

実りある一年にと思いを込め、また南天の赤い実に 難を転じる、
今年のコロナ感染の難を終息へと転じる様祈りながら
お題な花を活けました。
清々しい気持ちで新年を迎えたいと思います。










コメント

いけばな教室 11月

2020年11月30日 | Flower
いけばな教室 11月
盛花 基本花態
白玉椿 菊 黄金桧葉(桧)

日本人が愛し、茶人にも愛され『茶花の女王』と言われた椿 
中国・ベトナム原産でその種類は 何百種に及びます。
ヨーロッパでも流行してオペラ『椿姫』に登場します。
種子から取れる油も昔から多くの人に重宝されました。
山茶花との見分けのひとつに花の散り方があります。









コメント

東京地区専修会 研究科 令和2年 荘厳華 11月

2020年11月30日 | Flower
東京地区専修会 研究科 令和2年 荘厳華 11月

行の真・・・ 
 花材:榛の木、ピンポン菊、バラ、スプレーカーネーション、モンステラ、アスパラガス

行の草・・・  
 花材:行李柳、バラ、トルコ桔梗、孔雀草、レザーファン

参考花 行の行 葉蘭

行の役枝の特徴をしっかり学びます。








コメント

いけばな教室 10月

2020年10月30日 | Flower
いけばな教室 10月
盛花 基本花態
菊 白・黄・紅(小菊)
重陽の節句 旧暦の9月9日(2020年は10月25日)
一番大きな陽の数字が重なる重陽の節句は別名 菊の節句とも呼ばれます。
菊の香りを移した菊酒を飲んで長寿を願っていました。
皇室の紋でもある菊は日本を代表する花です。
重陽にちなんで、菊の一種での盛花に活けあげます。
















コメント

東京地区専修会 研究科 令和2年 荘厳華 10月

2020年10月19日 | Flower
東京地区専修会 研究科 令和2年 荘厳華 10月
コロナウイルスの為に延期されていた専修会が今年から池袋に学びの場所を移して始まりました。
本年度は荘厳華をみっちり学びます。
延期中のカリキュラムも取り戻すために午前・午後の二花態という濃厚な内容です。

真の行・・・ 受けはずみ 受の役枝
真の草・・・ 曲心の役枝 
役枝の特徴をしっかり学びます。
真の行
花材 石化金雀枝・グラジオラス・竜胆・ダリア・ドラセナゴットセフィアーナ・レザーファン・小菊
真の草
花材 石化金雀枝・竜胆・ガーベラ・ドラセナゴットセフィアーナ・デルフィニウム・小菊














コメント

いけばな教室 7月

2020年09月05日 | Flower
いけばな教室 7月
瓶花 両生体 間留
ユーカリ・クルクマ・瑠璃玉薊
ユーカリの自由な枝ぶりを活かして両生体に(または乱成体)
ユーカリのアロマは虫よけ効果もあります。
夏を乗りきる花材で少しでも涼しさを感じれます様に。


コメント

いけばな教室 8月

2020年09月05日 | Flower
いけばな教室 8月
瓶花 直生体
パンパスグラス・竜胆・吾亦紅・旭葉蘭
残暑厳しいですが暦の上では秋です。
秋の七草を意識した花材を取り合わせて季節の変わりを感じます。
虫の声が聞こえてきそうです。











コメント

いけばな教室 6月

2020年06月30日 | Flower
いけばな教室 6月
盛花 立成体
太藺(ふとい)・向日葵・擬宝珠・ブプレリューム
初夏の水辺の景色を涼感を感じさせるように活けあげます。







今年は擬宝珠の花が沢山咲きました。
薄紫の花が鈴なりに次々と咲いています。初夏の涼感





コメント

いけばな教室 2月

2020年02月20日 | Flower
いけばな教室 2月
啓翁桜 生花 和合

日本人は本当に桜が好きですね。花見の季節のちょっと前に家の中に桜を活けて
贅沢に過ごしましょう。お稽古中みるみる花がほころんできました。



桜の生花を体用留の三才に縦姿、横姿に和合させます。

















コメント

いけばな教室 1月

2020年02月07日 | Flower
いけばな教室 1月

生花 水仙 三才格 三元・二元で

水仙や白き障子にとも移り  芭蕉

水仙の出生を理解し、天地人の三才の姿に活けあげました。

















コメント

いけばな教室 11月

2019年12月04日 | Flower
いけばな教室 11月
生花 葉蘭 三才格 七枚活け
『生花は葉蘭に始まり葉蘭に終わる』と言われるほど、生花の花形を理解するのに適した花材です。
そして大変難しいとされている花材です。
馬路蘭 からバラン・バレンと呼ばれ殺菌作用から食べ物を包んだりに使用されていました。
出生を理解し、尊びながら、陰陽を見極めて、葉蘭の季節を理解し美しい花形に活けあげます。

















コメント

専修会 11月 生花 葉蘭 七曲 用流し

2019年12月04日 | Flower
専修会 11月 生花 葉蘭 七曲 用流し 9枚活け

『生花は葉蘭に始まり葉蘭に終わる』

改めて葉蘭の出生を学び理解する。
11月の葉蘭は朽ち葉を奥行に用います。







コメント

いけばな教室 10月

2019年11月07日 | Flower
いけばな教室 10月

瓶花 横成体 
野茨(のいばら)菊 葉蘭
夏に繁茂した木々が葉を落とし美しい枝が姿を現し、咲いた花が実となる秋
その枝ぶりを活かす瓶花 野茨のたわわに実る美しさを横成体に活け上げました。









コメント