竹内しげやす 市政チャレンジ日記

新米議員から二期目を向えて市政にチャレンジする奮戦記。
一歩一歩目標に向け前進する日々の行動を日記風に。

新城市長 表敬訪問

2014年04月24日 | 議員活動
4月22日(火)
 東三河広域連合について勉強すべく、新城市長の穂積さんを訪問したのが、昨年の7月26日でした。およそ9ヶ月ぶりに新城市長の穂積さんを表敬訪問いたしました。

広域連合の道程は、東三河地域の持続的発展のために、その枠組みはどうあるべきかの具体的検討は2007年~2008年の「広域合併・道州制検討会」、2009年~2010年の「東三河の将来像研究会」、そして2011年からの「東三河広域体制」・連携事業検討会」と試行錯誤が折り返されてきた結果として、この「東三河広域連合」という手法に絞り込んできた経過があります。
 そして、2012年10月に豊橋市内で開かれた「三遠南信サミット2012in東三河」でのサミット宣言で、2016(平成28)年度をめどとした三遠南信広域連合の設置」を明記したことで、「東三河広域連合」の連望がさらに広がりました。
 すでに、浜松市は2007(平成19)年に政令市になっており、飯田市域は1999(平成11)年に南信州広域連合が発足しています。
 平成25年度は東三河広域連合等設立準備組織を設置し、協働処理事務等の洗い出し、検討・広域連合規約の検討、広域計画の策定計画が進められてきました。
 様々な会合(事務レベルや副市長会・首長会)や議会間の交流などを通して東三河広域連合についての議論を深めて参りました。そしてここにようやく、『東三河広域連合(仮称)設立に向けての合意書』が取り交わされました。

「森は海を育てる」新城市は勿論の事、設楽町・東栄町・豊根村との交流の橋渡しをお願いいたしました。


夏目新城市議会議長にお会いすることが出来ました。議会同士の活発な交流をお願いいたしました。


”地域自治区制度”について勉強させて頂きました。

昨年の5月20にこの制度について視察させていただいております。その時はまだ制度自体が出来たばかりでした。その後1年が経過制度の運用の結果を再度視察させて頂きました。
企画部副部長兼市民自治推進課課長 三浦様、同じく市民自治推進課係長の森様から説明を受けました。

 <地域自治区制度の概要>
新城市では、新城市自治基本条例を平成25年4月1日より施行。さらに新城市地域自治区制度導入に伴い自治振興事務所を開所いたしました。
 新城市民に市の権限を一部移譲して、限られた財源を効果的に使い、各地域で市民主導の地域づくりを行います。
山間地から都市部までを抱える新城市では、皆さんが感じる「地域のここが困る!」というものが同じではありません。また、昔と地域のあり方もだいぶ変わってきています。
 地域自治区制度は、限られた財源を効果的に使って、地域ごとに異なる困りごとへの対応や将来への取り組みができるよう、市民と市役所が一緒になって考え、活動する地域自治を推進するしくみです。

”鳥獣被害について”勉強させて頂きました。

産業・立地部農業課鳥獣害対策室室長の柴崎様、同じく主事の森下様より説明を受けました。
新城市では現在は4名体制(室長・主事・職員(再任用)嘱託職員)で対応しています。イノシシ・シカ・サルによる被害はかなり深刻でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青柏祭 (日本の祭 其の十) | トップ | 東三河広域連合 設立で合意 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

議員活動」カテゴリの最新記事