”朝吼夕嘆・晴走雨読”

「美ら島沖縄大使」「WeeklyBook&Reviews」「マラソン挑戦」

「RBC50周年in東京」

2012年05月01日 | 「美ら島沖縄大使」便り

                                                 

 4月28日、大手町・日経ホ ールで開催されたRBC(琉球ラジオ放送)50周年記念イベント「民謡で今日(ちゅう)拝(うが)なびらin東京」に行って来ました。収容600人を越すホールほぼ満席。

 先年ラジオ、テレビ番組で私もお世話になったきゃんひとみ、比嘉京子御両人による軽妙発止の司会。夏川りみ、加藤登紀子、古謝美佐子、大工哲弘、徳原清文等多彩なゲストによるライブに加え、沖縄フアンの永六輔を交えたトークショウ!仲井真知事、RBCスタート時の第一号アナウンサー歴の川平朝清の映像祝辞。

 私にとって最も印象深かったのはRBC民謡番組パーソナリティとして著名な上原直彦による“島歌(シマウタ)、歌者(ウタシャ)”エピソード。と言うのは“シマウタ、ウタシャ“は元々奄美のフレーズで沖縄でこの言葉を聞いた時は正直、違和感を覚えたものですが、この日の大工さんの話を聞き、ようやく納得出来ました。

 実は、数10年前、上原さんが奄美に行った時“シマウタ、ウタシャ“フレーズを聞き、RBCで初めて沖縄で発信、流行らしたとのことでした。以後、沖縄でも琉球民謡を”シマウタ”と呼ぶのが定着しました。

 もう一つ、大工、古謝、夏川とこの日の沖縄民謡はほぼ全て八重山音曲基調で宮古音曲が全く聞えなかったこと。これはどうしてだろう?RBCはそもそも八重山出自者で創業されたのか等々下衆の勘ぐり?

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 「朝日新聞からのインタービ... | トップ | 「川平会長、お疲れ様」~第5... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
島歌のルーツ論興味深く拝読しました (山下)
2012-05-01 15:43:36
日ごろから沖縄ー奄美は如何なる関係にありやーと関心もっています。
現在英国エヂンバラです。寒いです。この地で
沖縄ー奄美のお話読むのもおもしろいです。
お元気で!

ねぇ (nene777ne@yahoo.co.jp)
2012-05-03 08:45:30
はじめまして!♪ハロo(・x・o) !!o(・x・)/ハロ!! (o・x・)oハロ♪ 初めてコメント残していきます、おもしろい内容だったのでコメント残していきますねー私もブログ書いてるのでよければ相互リンクしませんか?私のブログでもあなたのブログの紹介したいです、私のブログもよかったら見に来てくださいね!コメント残していってくれれば連絡もとれるので待ってますねーそいじゃ☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★アドレス残していくのでメールしてね!そいじゃ☆:;;:★:;;:☆:;;:★:;;:☆:;;:★
Unknown (上地聡子)
2012-05-08 14:46:47
上原直彦さんのお名前に懐かしさが沁みてきました。思えば沖縄ではずっと身近にラジオがあった気がします。そしてここ東京ではTBSラジオでいつも永六輔さんのお声を聞いています。

コメントを投稿

「美ら島沖縄大使」便り」カテゴリの最新記事