漂着の浜辺から
囁きのような呟き。
 



ルーシャス・シェパード「竜のグリオールに絵を描いた男」(内田昌之訳/竹書房文庫)読了。

 待望の邦訳出版ということで、去年(一部で)かなり話題になった一冊をようやく読んだ。面白かった。「グリオール」という名の巨大な竜をめぐる連作短編集。
 時代は19世紀を舞台にしたものがほとんど。しかし、我々が知識として知っている19世紀とは少し違う、現実に竜や魔法使いの存在する、この世界とごく近いパラレルワールドを舞台にしている。
 グリオールというのは、そうした竜の中でも最大にして最強の存在。かつてとある強力な魔術師に動きを封じられてしまったが、死にまでは至らず、大地に横たわったまま成長を続け、その思念によって人々に影響を与え続けている。このグリオールの存在感がすさまじい。体高が750フィート(約230メートル)、体長が6000フィート(1.8キロメートル)。ピクリとも動かないが、時の流れのエネルギーを糧に成長を続け、死ぬこともない。身体は草木に覆われ、遠目にはまるでなだらかな丘の連なりのようにも見える。人々は、竜の思念による影響を畏れながらも、時には竜の生み出す鱗や分泌物などを利用したりして、半ば共生するように生きている。体内や羽根の下などにも入り込むことができる。そこには様々な寄生生物が存在し、独自の生態系が出来ており、まるで生きた廃墟か、別の世界のようである。こうした設定だけでも、想像力が掻き立てられ、非常に魅力的ではないか。
 解説によると、既に作者は物故しているので、遺された『グリオール』の連作は全部で7篇。この本にはその前半の4篇が収められている。おそらく、評判次第では残りの3編の出版もあり得る?
 表題にもなっている冒頭の「竜のグリオールに絵を描いた男」は、最初からいきなりだが、メリックという一人の画家が、誰も考えつかないような方法で、これまで誰にも出来なかった「グリオールを殺す」ことに成功する物語。その方法というのがなんと、グリオールの身体にびっしりと絵を描き、その絵の具の毒でじわじわと殺すというのだから、呆れつつも驚かされる。一種の廃墟であるグリオールが、鮮やかに彩られてゆくというイメージは鮮烈。そうして始まった数十年にも渡る気の長いプロジェクトの中で、人々は年を重ねてゆき、時とともにすべてが移り変わってゆくハイ・ファンタジー。
 「鱗狩人の美しい娘」は、子供の頃からグリオールの身体の上で眠るという習慣を当たり前のものとして強いられて育った少女キャサリンの物語。彼女は美しく成長するが、男を弄ぶことに何の呵責も覚えないため、恨みを買って、竜の胎内に逃げ込むことを余儀なくされる。しかしそれも結局は竜の意思によるもので、彼女は竜の胎内に住む、独自の進化を遂げた人類の末裔フィーリ―たちと生活をともにしながら、竜の胎内を探検し、その秘密を研究することに何年もの時間を費やすことになる。まるでピノキオの物語のように、巨大な生物の胎内での生活という描写がとても興味深い。「地球の長い午後」的なSFが好きな人には、楽しめるはず。
 続く二篇は、ともにグリオールの意思によってまるで人が駒のように使われるという物語。この二つは、内容に触れるとネタバレしないではいられないので、軽く。
 「始祖の石」は、ある殺人事件をめぐる法廷ミステリー仕立ての物語。前作のキャサリンもちょっとだけ出てくる。人間ドラマで、グリオール自体は物語の背景に引っ込んでおり、あまり出てこない。
 「嘘つきの館」はグリオールとは別の雌の竜が出てくる物語。竜が人にも変化できるという設定が明かされる。クライマックスあたりのシーン、条件反射的にどこか清姫伝説的な図像が浮かぶが、物語自体は最初の二作のような鮮烈さはない。著者による自著解説によると、この物語が最後の作品への布石となっているらしいが、もちろん未読なので、それについては語れない。
 というわけで、非常に楽しめたが、この設定を使ってもっといろいろと出来そうな気がするので、残りの3篇の邦訳がどういうものなのかが気になる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ホセ・ドノソ... J・S・レ・フ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。