goo

雪の三峰山



なかなか冷え込まなかった 今シーズンですが、ここへ来て漸く 真冬らしい気候になって来たので
昨17日早朝、先輩写友のT氏に かねてお願いしていた場所へ ご案内をお願いし
ました。

奈良県の東端 三重県境の御杖村にある
  三峰山(みうねやま)
                    です。



山道を登り始めて間もなく、前日にでも降ったのでしょうか 雪道になり … 



歩き始めて45分程、ようやく 目指すポイントに着きました。
T氏によれば ハウチワカエデ という樹だそうですが …



そこだけ開けた林の中に、一際立派な枝振りで その樹はドッシリと立っていました。



存分に撮影した後、折角此所まで登って来たので 三峰山頂まで登ると …



登山者が残した 雪だるまが アチコチに。



同じ道を下るのもつまらないので アイゼンを着けてから 八丁平へ降りて …



雪原の様子を収めたりして …



久し振りの雪山を 堪能しました。

車を停めた所まで下山した後、T氏のご好意で 半夏生 ミツマタ 桜 雲海のポイント なども
教えて戴き、収穫の多い撮影行を終えました。T氏、大変お世話になり 誠に有り難うございました!

撮影メモ
写真3・4共、両手を横に広げた樹形なので前後からの姿が絵になる。曇り空なので背景が真っ白
   なのが残念だが、それはまた出直して再挑戦するしか仕方が無い。
   雪面近くからノーファインダーでの撮影。4は対角魚眼レンズの画角。
写真5~9共、山頂に着いた頃から小雪が舞いだしたが 風が弱くて寒さは感じなかった。

   八丁平は強風が吹き抜ける為に雪が殆ど積もらないとの事。7の左奥で横倒しになっている樹
   は、此所のシンボルツリーだったが荒天時の強風で 左側へ倒れてしまったのだそうだ。
写真全て、雪中4時間45分19,000歩程歩き、たまたまこの前日も17,000歩程歩いた
   せいもあって、結構疲れた。

写真1
 絞り優先AE f11(1/640sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ISO=800
 画質=RAW WB=4800K ピクチャースタイル=ディテール重視 AF 5DMk4
写真2
 f8(1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=110mm WB=4500K ピクチャースタイル=風景
写真3
 f16(1/250sec) 露出補正=0EV 焦点距離=16mm ISO=1600 ピクチャースタイル=風景
写真4
 f22(1/200sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=15mm ISO=1600 ピクチャースタイル=風景 MF
写真5
 f8(1/500sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=40mm ピクチャースタイル=風景
写真6
 f4(1/1000sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=40mm
写真7
 (1/800sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=25mm
写真8
 (1/1600sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=120mm WB=4800K
写真9
 f5.6(1/640sec) 露出補正=0EV 焦点距離=110mm WB=4800K            他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

荒波



台風並みに発達した低気圧の影響で 当地の日本海沿岸に
  波浪警報
              が ゾロッと出ていたので、
去る9日未明 京都府丹後半島の間人(たいざ)へ 荒波を見に出掛けました。



朝は晴れて日射しが有る…との予報に 日の出に合わせて現地に着いたのですが、
東の空には厚い雲が未だ残っていて 肝心の海岸線に光が入りません。



2時間以上粘ったのですが なかなか強い光が来ず、その内に 波浪警報は注意報に格下げとなり
大して力のある波は撮れず終いで スゴスゴと帰宅しました。



これはオマケです。
昨10日 大衆向けステーキ屋さんに、家内と2人で昼食を食べに出掛けました。

実は 次女から「安くて美味しいステーキの店が 三宮に有るよ」と教えて貰い、
何時か出掛けよう…と 以前から思って居たのです。

少々判り難い路地にある店に 開店70分前に着いたら、既に4人が行列。
その後ろに並んでいると 有り難い事に 店主さんが1時間早く店を開けてくれ、
余り待たずに 目出度く400gのランチを戴く事が出来ました。感謝!

この写真は メニュー通りの320gで出て来たところですが、この後
「食べきれない… 」と 家内から80g(期待通りに)追加で廻ってきた という次第。

少々筋が有る肉でしたが 幸い健康な我々には もう充分な美味しさで、
大満足して 帰り道はとても幸せな気分でした(単純な性格です)。

撮影メモ
写真1~3共、波涛の飛沫を力強く捉えたいので シャッター速度が凡そ1/1000秒程度
  になる様に気をつけながら、ISO感度と絞り値を調整しながらの撮影。
  しかし光が入らない為に やはり飛沫の立体感が出ず、平面的な印象になってしまった。  

写真4、経費を限界まで切り詰めてくれているので、お値段は激安でコレにも感謝!
  小生のスマートフォンでの撮影の為、撮影データ不詳。


写真1
 絞り優先AE f5(1/800sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=100mm ISO=3200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=風景 AF 5DMk4
写真2
 f8 露出補正=-1/2EV 焦点距離=130mm
写真3
 f11(1/1600sec) 露出補正=-11/6EV 焦点距離=110mm     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

星撮り



  新年明けましてお目出度うございます
          本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年後半は忙しくて なかなか撮影にも行けなかったので、今年は「出掛け癖」をつけるために
四分儀座流星群 でも観に行ってみようか… と、5日深夜 猪名川町の大野山へ出掛けました。

流星群には 今まで何度も挑戦しているのですが、賑やかに見られた例しが一度も無く
今回も 2時間15分程撮影していて 流星が写ったのは4個だけでした。
これが その中で一番マトモな1枚です。悲しい… 。



残念なので 撮り貯まった50枚程を繋げ、グルグル廻しにしてみました。

撮影メモ
写真1・2共、今回の流星群は「5日の未明が極大」との事だったが、当地が快晴になった
   6日未明に挑戦した次第。快晴だが5時前から淡い霧が出てきて 条件は余り良く無かった。


写真1
 マニュアル露出 f4.5 , 25sec 焦点距離=15mm ISO=3200 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=風景 MF 5DMk4 三脚使用
写真2
 1と同条件の49枚(約21分間露光に相当
)を、後からPCで比較明合成

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )