goo

撮影会 (その2)



日本料理屋さんの店先の 柔らかなデザイン。



立体駐車場の 直線的機能美。



  ガラスミュージアム
                            大変立派な建物で 中の構成や展示も見事。



この階は図書館の様ですが、明るくて 木の香漂う空間での 読書三昧は、きっと至福の時間でしょう。



レストランの間仕切りカーテン、良いですねぇ… 。



ガラス関連のお店、実はこれは 全て鏡に映っていた光景です。



これはオマケですが、3月9日に訪れた 大阪西梅田のニコンプラザでの 星野佑佳氏の個展。

「絶景恋愛」というタイトルでの 明るい透明感の有る 素晴らしい作品ばかりで、
同氏のファンでも有る小生は ついつい 写真集「撮り旅」も買い求めてしまいました。

撮影一口メモ
写真6、柱が全て鏡張りなので それに映る室内を撮ったモノ。良く見ると床が波打っている。
写真7、ニコンプラザの方に聞くと「遠景なら撮っても良い」との事なので、記念撮影(中央が星野氏)。
  小生の様な素人にも お尋ねした事に気さくに答えてくださる、とても好感度の高い写真家。
  小生のスマートフォンでの撮影のため 詳細データは不詳。

写真1
 絞り優先AE f8(1/60sec) 露出補正=ー1/2EV 焦点距離=120mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール優先 AF 5DMk4

写真2
 f5.6(1/200sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=100mm

写真3
 f5.6(1/20sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=50mm ISO=1600
写真4
 f5.6(1/50sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=40mm ISO=1600
写真5
 f5.6(1/100sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=110mm
写真6
 f5.6(1/80sec) 露出補正=0EV
写真7
 f2.0 , 1/24sec ISO=80                     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その1)



撮影日が随分前後してしまいますが 去る2月10日、所属する写真クラブの撮影会で
  富山へ
              出掛けました。
1泊2日の行程なのですが 小生は翌日に所用があり、残念ながら日帰り行です。

前日まで大雪が降り 運休が長く続いていた影響で、乗る予定にしていた金沢行きの特急も 運休に。
仕方なく 寒いホームで1時間待って 次の特急に乗り、金沢からは北陸新幹線に乗り継いで
何とか無事 富山駅に到着しました。



皆さんは 氷見の方の宿に向かう都合上、富山では3時間程しか 時間を取れないので …



急いで昼食を採ってから、被写体を求めて 駅近くの富山の街中を 皆で彷徨い歩きます。



結婚式衣装の お店でしょうか? ここだけは 春の様です。



駅前からの メインストリート …



この日は それほど寒くなかった事もありますが、雪国の人たちは 概して皆さん薄着です。



彼は 駄々をこねている内に、何となく気が変わって 雪遊びを始めてしまいました。



ひとかき ねぇ… 成る程! ですが、随分綺麗なシャベルで 全く使われた形跡は無い様です。


撮影一口メモ
写真1、1時間待って居たお陰で 我々8人は自由席に全員座る事が出来たが、長い列の後ろの方々や
  京都から乗った方は、金沢まで座れなかった。大雪などで運休になると、指定席券を買っていても
  とても困った事になってしまう。

写真7、何かおねだりでもしていたのか 雪の上で暫く泣いていたが、その体制のママ遊びだした。
写真8、どの店にも雪掻きは有るだろうから これは単なるディスプレー?

写真1
 絞り優先AE f8(1/2500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=130mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール優先 AF 5DMk4

写真2
 f5.6(1/250sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=30mm

写真3
 (1/400sec) 露出補正=+5/36EV 焦点距離=60mm
写真4
 f5.6(1/80sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=90mm
写真5
 (1/320sec) 露出補正=0EV 焦点距離=110mm
写真6
 f5.6(1/800sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=110mm
写真7
 f5.6(1/1600sec) 露出補正=0EV 焦点距離=120mm
写真8
 f5.6(1/320sec) 焦点距離=40mm            他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1月と2月の信州行 (その2)



続いて 2月9日に日帰りで訪れた時のご報告です。

先ず 未明から霧ヶ峰に上がったのですが、またしても ダイアモンドダストは出てくれず。
朝 茅野の横谷渓谷を散策しました。

これは 霧降の滝、落差はホンの数mですが 温泉街から徒歩数分 という気軽さが良いです。



渓谷沿いに ガリガリと暫く歩いて行くと …



  屏風岩
             の氷瀑が現れます。
ここはスケール感も有って、結構楽しめるスポットです。

14時頃まで車中で仮眠した後 乙女滝へ向かいましたが、日中の気温がプラスになってしまい
飛沫郡が殆ど落ちてしまったので 収穫無し。そのまま帰宅しました。



続いて 2月19日~25日に訪問した時のご報告。

これは菅平高原の唐沢の滝、晴れていれば 10時頃から虹が架かります。
1枚撮る毎に レンズに着いた水滴を拭き取りながらの、とても手間の掛かる撮影です。



お気に入りの 開田高原の稲架のポイントで、冬の星景撮影。
深夜の好天と月齢とが 上手く合わず、満足の行く絵は 結局撮れませんでした。
これは 久し振りにやったバルブ撮影、8分半の開放です。 



横谷渓谷の乙女滝を再訪しましたが、この時も飛沫氷は落ちていて イマイチ絵になりませんでした。



奥志賀高原の道路際 一杯下がっていた氷柱です。



安曇野の常宿近くの 白鳥飛来池、北帰行が始まっていて
毎日50羽ほどのペースで 数が減って行く様でした。




後立山連峰が 朝焼けしている時に その前を飛んでくれると嬉しいのですが、なかなかそうも行かず
3回 未明から2時間程立っていましたが 余り良い絵は撮れませんでした。

元々は26日も撮影してから 帰宅する予定でしたが、25・26の両日共 ドンヨリ曇りの予報なので
予定を切り上げ、25日昼には帰宅してしまいました。 
今回の7日間撮影行の 総走行距離: 約1,850km
           総撮影枚数: 約2,500枚

撮影一口メモ
写真1、氷の裏側を水が流れていて、動画だと面白い動きが見える。
写真4、後15分程すると光が廻ってきて虹が盛大に出るが、岩壁も光ってくるので悩ましいところ。
写真6、乙女滝は午後遅くに逆光で輝くのだが、日中も氷点下で飛沫氷が残っていて かつ夕刻が快晴
   という条件は、なかなか揃わない。
写真7、氷柱と雪の壁との間に30cmほどの窪みが有ったので 其処にカメラをこちら向きに押し込んで
   ノーファインダーで撮影。超広角なので ウッカリすると自分の禿げ頭が写ってしまい、愕然とする。
写真8、互いに鳴き交わし 気合いを入れて(?)から飛び立つので、慣れてくると離水を始める
   タイミング(初めの一歩!)を逃さずに撮影出来る様になる。


写真1
 絞り優先AE f16(1/30sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=90mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール優先 AF 80D

写真2
 f22(1/25sec)

写真3
 f11(1/125sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm
写真4
 f22(1/25sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=16mm ISO=200 5DMk4
写真5
 バルブ撮影( f5.6 , 510sec) 焦点距離=16mm ISO=1600 MF 5DMk4 三脚使用
写真6
 f5.6(1/3200sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=100mm ISO=200
写真7
 f22(1/320sec) 焦点距離=16mm ISO=200 MF 5DMk4
写真8
 f5.6(1/200sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=340mm ISO=3200
写真9
 f8(1/400sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=230mm            他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )