goo

土筆採り (その2)



家へ帰ってからが 大変です。

机の上に新聞紙を 4ページ分も広げて、家内と二人掛かりで 黙々と 袴取り…。
枯れ草のゴミや 緑色の胞子が 新聞紙の上に 溜まって行きます。 

袴を全部取るのに 1時間半ほど 掛かりました。




お陰で 両手の指が アクで真っ黒け…、これは 幾ら洗っても 全然落ちません。



此処からは 家内にお願いです。

水で何度もゆすいで ゴミや胞子を洗い流し…




大鍋で サッと湯がいて…



しんなりしたところで ザルに空け 水を切ってから、醤油や味醂などで 味付けです。
 


何時もの事ながら ガッカリする程 カサが減ってしまいますが、
いかにも美味しそうに 出来上がりました。

アツアツのご飯で
  いっただっきまぁ~す!

撮影一口メモ:
 写真4、苦労の甲斐あって 大鍋で3杯分有った。
 写真5、湯気を表現するのが意外と難しく アレコレ試した結果、蓋を開ける瞬間を撮影

写真1
 絞り優先AE f3.5(1/80sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=50mm ISO=オート 画質=RAW WB=オート AF S100
写真2
 
f4.5(1/25sec) 焦点距離=70mm
写真3
 
f3.2(1/15sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm
写真4
 
f3.2(1/20sec) 焦点距離=40mm
写真5
 f3.2(1/50sec) 焦点距離=40mm
写真6
 f5.0(1/80sec) 焦点距離=90mm       
  
      
他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

土筆採り (その1)



24日の昼、ポカポカ陽気に誘われて
  土筆採り
             に 家内と出かけました。



何故 わざわざそんな所にまで? と思われるでしょうが、
小生は毎回 滋賀県北西部 高島市新旭町の 琵琶湖岸へ出掛けます。

その理由は、広々としていて 誰にも気を使わずに 幾らでも欲しいだけ採れる からです。



今年は アチコチに自生している水仙も 出迎えてくれました。



この広い土手を 約200m程 家内と摘み歩いて、収穫は 大きな袋2つ分。

予想に反して 未だ2~3日早かった様で、余り背が伸びていなかったので
カサが それ程多く無い割に 採る手間が掛かりました。

袴取りの作業が 如何にも大変そうで、今から 思いやられます。



駐車場の近くに居た水鳥達が、人の気配に大慌てで 転げる様に走って 水辺へ戻ります。

そんなに 慌てふためかなくても 大丈夫だよ。



水の中に戻れば もう一安心… という様に、動きが ゆっくりになりました。


撮影一口メモ:
 写真1~3共、家内の撮影
。一寸絵が煩雑。コンパクトデジカメは バックを整理するのが難しい。
 写真4、画像を一部加工した。
写真1
 絞り優先AE f5.9(1/500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=120mm ISO=オート 画質=RAW WB=オート AF S100
写真2
 
f4.5(1/320sec) 焦点距離=70mm
写真3
 
f2.0(1/1250sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=40mm
写真4
 
f2.0(1/160sec) 焦点距離=30mm
写真5
 (1/320sec) 焦点距離=140mm
写真6
 (1/320sec) 焦点距離=200mm            
  
      
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スマホデビュー (その2)



これが 昨日ご報告した、スマホに 無線LANルーターの機能をさせる "Wi Fiテザリング" が
ONの状態。"Wi Fi"の他に "USB"や"ブルートゥース"でのテザリングも 出来る様です。

但し ONの状態だと スマホの通信量が(ノートPCでインターネットを使う/使わないに関わらず)
極端に増えるので 十分注意が必要です。

小生の場合 一般的な契約(上限3GB/月まで 使い放題)の 利用限度枠に対し、
3時間足らずのON状態で 枠の1/6程に達しました。

3時間の勉強会が 2回/月有るので、ウッカリすると それだけで利用限度枠に かなり近付いてしまい
個人的に利用できる余裕が 少なくなってしまいます。

実際にノートPCでインターネット接続をする間だけ テザリング機能をONにする、
という手間が 必要な様です。



こちらは 新しい車のナビで、ブルートゥース接続したスマホの 音楽を聴いているところ。

単純に聴く分には良いのですが、以前の車の HDDナビには有った 色々な再生モードを選ぶ機能が
このナビには(スマホには と言うべきか) 有りません。

ご報告したかった もう一つの課題である ナビでの電話帳参照機能 は、何故か動作が不安定で
上手く行く時と 参照出来ない時 とが有るので、もう少し アレコレやってみた上で
改めてご報告する事にします。

ナビ本来の機能や その操作性についても、不自然な流れ を要求されるという不満点が とても多く、
H社の メーカーオプション純正ナビ(M社製)の 出来の悪さには、今のところ ハッキリ言って
ガッカリしています。

それはともかく、スマホデビューから10日余り、未だ未だ 慣れない&判らない事だらけ!
  悩み多き試行錯誤
                        の日々が 続きそうです。

撮影一口メモ:
写真1
 プログラムAE (f3.5 , 1/20sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=50mm ISO=オート
 画質=JPEG ラージ・ファイン WB=オート AF S100
写真2
 (f4.0 , 1/40sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=60mm       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スマホデビュー (その1)



恥ずかしながら 今頃になって スマートフォンデビュー をしました。

電車の中で ゲームをしたり TVを見たり 書籍を読む訳でも無く、
従来の携帯電話(近頃 "ガラケー"と呼ばれる事が多いのですが)で 何の不自由も無く
過ごしていたのですが、或るきっかけで こういう事となりました。

同年代の皆さんに 何かのご参考になるやも知れず、一応 事の次第をご報告しておく事にします。

従来の携帯の使い方: 家族や知人とのメールを 平均 日に数件程度、ごく稀に電話も。
従来の関連費用:携帯電話¥1,300~2,300 +
ノートパソコン用WiFi無線LANルーター¥4,400
           =計 約¥6,200/月

変わった状況: 車を更新した所、電話と 音楽CDを聴く方法 とが、大きく変わってしまいました。
 具体的には…
  1.運転中 旧車ではハンズフリーで電話を送受する際、ブルートゥース接続で 携帯の電話帳
    を参照していたのだが、新車は 古い型の携帯を認識出来ず、電話帳を参照出来ない。
    対応しているのは 最近のスマホのみ。
  2.旧車はハードディスク(HDD)ナビで、CDデータをHDDに取込み HDDから再生していたの
    だが、新車は 音楽端末で再生している音楽データを 無線か有線で受け取って鳴らす方式。
    我が家に有る S社製音楽端末(ウォーク**)は 古い型で、ブルートゥース機能が無い
    上に USBで接続しても 認識して呉れず、音楽再生が出来ない。
    勿論 音楽CDを沢山持ち歩き ナビに一々入れれば聴けるが、運転中は 何かと面倒。

対処案1: FMトランスミッター(¥2~3千円程度)を購入し、S社製音楽端末の音楽をFM波で飛ば
    して、それを車のFMラジオで受けて聴く。電話は、少々不便だが 電話帳を参照せずに送受
    する。
対処案2: スッキリして望ましいのは S社製スマホに更新する事。S社製にこだわるのは、我が家
    のPCに 大量に保存されている音楽データは S社製音楽端末専用(S社の囲い込み政策
    の弊害=思う壺)だが、それをそのまま利用出来る為。

ここまでなら 少々の不便さを我慢しながら、案1で 従来の携帯を使い続けるハズだったのですが、
念の為 スマホの機能を調べて居る内に、或る事に気付きました。Wi Fiなどの "テザリング" 機能
が有るので
すね。

小生 アチコチ撮影旅行に出掛けて、旅先で ノートPCを使って インターネットで調べ物をする事
が有ります。
 (ついでに 何故 薄くて軽いタブレット端末では無く、重くて嵩張るノートPCなのか…と言えば、撮
  影した数十~百GB程度のデータをバックアップ保存する データストレージャーとしても使う為)
また 写真クラブで デジカメの勉強会を開く際、皆さんに インターネット情報を使ってご説明する
事も しばしば有ります。
その為に インターネットに繋がったノートPCが必需品で、アクセスポイント(親機)としての WiFi
無線LANルーターを 別途契約して
居るのですが、スマホには その(Wi Fi環境を作る)機能が
含まれているので、無線LANルーターを 別途契約する必要が無いのです。

ややこしい料金体系をアレコレ調べた結果、小生の使い方なら スマホの料金は 約¥6,000/月。
これより増えるとすれば 電話した際の通話料金(¥21/30秒)だけ と判り、現状(平均¥6,200)
よりも
増える事は無い と確認出来ました。

料金体系がとても複雑ですが、当初の2年間と 8年目以降は 料金が¥5,250に減る事も判り、
スマホ=金が掛かる …と思い込んでいた小生の 認識不足と知りました。

便利で安い上に、新型の音楽端末(ウォーク**なら 約¥13,
000)を買う必要も無い…と判った
以上、スマホに更新しない理由は もう見つかりませんでした。

そんな次第で 今日の写真は、右から順に…
  従来の ノートパソコン用無線LANルーター
  長年愛用した 携帯電話
  我が家の 古いS社製音楽端末(ウォーク**)
  そして それ等3台の機能を全て凝縮して、便利さも向上した スマホ
という次第です。

撮影一口メモ:
写真
 絞り優先AE f4.5(1/30sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=80mm ISO=オート 画質=RAW WB=オート AF S100

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その9)



今回の撮影会 最後の寄り道は、淡路島北端 淡路市にある 兵庫県立の
  あわじ花さじき

呼び物の花は この時期 何も無いのですが、花キャベツが 彩り良く並べられていました。



近所の方でしょうか、散歩の様子も 此処だけ切り取ると 別の場所の様な印象になります。



春の休日の夕暮れ刻、皆さん 思い思いに…



記念撮影を されていました。



もう 17時近く、陽が傾いて来ました。



明石海峡大橋を渡って 一路 解散場所へ向かいます。

終日 運転係を努めて下さった 先輩写友のHさん、本当に有り難うございました。
そして お疲れ様でした。
お陰様で 小生なりの写真を幾つか 撮る事が出来ました。


写真3・4共、花が無くて やはり絵として寂しい
写真6、左端車線では無く中央寄りを走っていた為 手摺りが大きく入ってしまったが、太陽の写り込みが美しかった。
写真1
 絞り優先AE f8(1/640sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=160mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/400sec) 焦点距離=120mm
写真3
 (1/400sec) 焦点距離=80mm
写真4
 (1/400sec) 焦点距離=110mm
写真5
 (1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm ISO=1600
写真6
 (1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm ISO=3200      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その8)



鳴門大橋を渡り 淡路島に戻って来て、一寸寄り道。

淡路島の特産品として タマネギ お線香 等と共に 屋根瓦 も有名ですが、
南あわじ市の ここは その名も
  甍(いらか)公園
                  約10万枚もの瓦 を使って造られたそうです。



いぶし瓦を中心に 色陶器瓦を巧く使って 多彩な表現がされています。



たかが瓦 されど瓦…



これだけ並んで居ると 流石に大迫力で…



その独特の造形に 圧倒されます。



こちらは 瓦ではありませんが、公園の西側 大分傾いた午後の日差しを受けて
畑のビニールが これまた見事な造形 になっていました。

写真1~5共、こういう造形を見ても 自然と顔や目を つい探してしまう
    我が家に来るニャンコ達も 小生に出会うなり 先ず顔色を窺う。動物として 身の安全を確保する為の本能なのだろう。
    目の第一印象が如何に大事か 思い知らされる。
    瓦の質感を捉える為に 露出はアンダー補正。
写真6、ビニールの輝きを強調する為に 露出はアンダー補正。
写真1
 絞り優先AE f8(1/800sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=70mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/320sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=40mm
写真3
 (1/400sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=50mm
写真4
 (1/1250sec) 露出補正=-1EV
写真5
 (1/1250sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=80mm
写真6
 (1/4000sec) 焦点距離=90mm               他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その7)



おひな街道の 坂本地区を出て 勝浦町市街地に戻った所の 自動車工場で
軽バンの 荷台のお雛様を見つけて、一同撮影。 



直ぐ近くの公園では、ソメイヨシノではないのでしょうが もう桜が満開 になっていました。
ここでも 一同 撮影再開です。



どういうグループか判りませんが 多分 自発的に集まって楽しんで居られるのでしょう、
休日の午後らしい ほのぼのムード が一杯です。



散策されていた女性、撮っている小生を 意識されている訳では無いのですが
まるで こちらからお願いしたみたいに
  花を愛でる
                ポーズを 決めてくれました。

表情が柔らかくて 撮り甲斐のある とても素敵な女性で、
思わず追いかけて 何枚か 撮影させて戴きました。



こちらは 一寸やんちゃなワンコ、はしゃいで 暫く人々の間を走り回っていましたが
とうとう 車に入れられてしまいました。

小生は 嫌いでは無いのですが、やはり 犬が苦手な方も居られるので 仕方無いですね。


写真1、この雛飾りは小生は余り魅力を感じず撮らず終いだが、小生も含め 撮る時は格好など気にしていられない。
写真3、彼らの背面は大きな白い建物で面白く無いので 殆ど後ろ姿にはなったが桜を入れた構図にした。
写真4、お連れに写真を撮ってもらう為にポーズを取るのでは無く 自然とこういう仕草になるらしい 実に好ましい女性。
    願わくば もう少し白っぽい装いなら最高だが、最近の若い人は地味目の色使いが多い様だ。
写真5、窓ガラスに桜を写し込んだが イマイチ良く見えなくて残念。
写真1
 絞り優先AE f8(1/640sec) 露出補正=0EV 焦点距離=25mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f5.6(1/1250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=70mm ISO=200
写真3
 (1/500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=110mm ISO=200
写真4
 (1/800sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=250mm ISO=200
写真5
 f5.6(1/1600sec) 焦点距離=80mm ISO=200                他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その6)



路端に有った 雛飾り、実は 男達の真ん中には 可愛い火鉢があって
それを囲んで 談笑している… という 凝った造りになっているのです。



崖の上に立つお家 の飾りは、此処になるのですね。



こちらは何と!変わり羽子板並に、パン屋さん 金物屋さん 土建屋さん 魚屋さん 自動車屋さん… と
随分 ひねった雛飾りです。

衣装を自分で作るのは難しく、皆さん 人形屋さんに注文して 作って貰うそうですから
此処までやると 結構出費も嵩む と思います。




こちらは 一転、実に 手造り感一杯の 素朴な雛飾り。
これもまた 好感が持てますね。




数十年分ほどの 実に様々な雛飾りを見せて戴き、そこに暮らす人々の
  暖かな思いも
                   堪能して、勝浦町坂本地区の おひな街道を 後にしました。


写真1、バックの良い向きで撮影したら 人形の陰になって火鉢が写らず残念。
写真2、洗濯物干しの奥さんが右上に居られたが 失礼かと構図から外して撮影。
写真5、丁度無風になって 空き缶風車が廻ってくれないので、少し手で廻してから素早く撮影。タイヤの台が良い。
    日差しが強く ISO感度を下げ少し絞ってシャッター速度を下げた。絞り過ぎるとバックがうるさくなるので ここらが良い加減。
写真1
 絞り優先AE f4.0(1/640sec) 露出補正=0EV 焦点距離=90mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真2
 f5.6(1/800sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=40mm ISO=400
写真3
 f5.6(1/320sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=40mm ISO=400
写真4
 f5.6(1/200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=60mm ISO=400
写真5
 f8(1/125sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=40mm ISO=100        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その5)



街道筋から 少し農道を上がると
  春の花が
              一杯。



街道から 見下ろしても 春の花…。



路端にも…。

ポカポカ陽気で 眠気がやって来そうです。



或るお家の玄関先に 懐かしいモノ を見つけました。
昔は 多くの家に 有ったのではないでしょうか。

今は 紙パック全盛ですが、思えば あの丸っこい 優しい形のビン も懐かしいなあ…。



無粋な作業小屋に ビックリする程 真っ赤な暖簾が。

ただ 洗った後に干していただけ とも思えず、これだけの事で 随分華やかになるのですから
これも おもてなしの心の一つ と言えるでしょう。


写真1・3共、後ろが少しウルサイので 接近し絞りを開き気味にして バックをボカした。
写真1
 絞り優先AE f5.6(1/160sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真2
 (1/250sec) 焦点距離=60mm
写真3
 f8(1/100sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=60mm
写真4
 (1/125sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=50mm ISO=400
写真5
 (1/125sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=110mm ISO=400        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その4)



或るお家の雛飾りを撮っていると、横の戸を開けて ご婦人が出て来られ
椅子に座っている男性に 一声掛けた後、大きな篭を下げて 歩き始めました。

座っているのが ご主人で、奥さんが 何か運んで行かれる様です。



相当重そうな篭で しばらく行った所で とうとう地面に降ろして、ズルズルと 引き摺り始めました。

おやおや 大きな蜜柑が一杯 入っています。
これは重いわ!

「こんなお婆さん撮って どうするの」 と はにかむ奥さん。



少し先のお家の前で、既に集まっていた 奥さん達に合流。

どうやら 訪れる観光客のお接待 用に、蜜柑を運んで来られた様です
皆さんで 早速試食。



右の奥さんB 「こりゃ~苦いわ!」。

「そんな事言うたら 人に上げられへんわ~」と 左の奥さんCに慰められる 奥さんA。

撮っていた小生も 「食べなさい」と 2つも渡され、早速1つ戴きましたが 美味しかったですよ!
どうも ご馳走様でした、A奥さん。



通る人に キウイフルーツや蜜柑と一緒に お茶などを振る舞い
  お接待
           を して下さるのです。

掛け合い漫才の様で 明るく元気な女性達、お孫さんも それを見習って 逞しく育って行く事でしょう。



別のお家の前にも、控えめな お接待の心 が有りました。


写真5、食べて行きなさいよ…と 通る人に声を掛けるC奥さん
写真6、ちゃんと皮を入れるゴミ箱も置いてあるところが良い。
写真1
 絞り優先AE f8(1/800sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=40mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真2
 焦点距離=50mm
写真3
 f5.6(1/640sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30mm ISO=800
写真4
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=25mm ISO=800
写真5
 f5.6 焦点距離=25mm ISO=800
写真6
 f5.6(1/250sec) 露出補正=0EV 焦点距離=70mm ISO=200      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その3)



森本邸を出て、街道を ブラブラ歩く事になりました。

極普通の民家が 総出で、訪れる
  客を楽しませて
                     くださる、その思いが 本当に良く伝わってきます。



山間を縫う街道故 100m程の短い 旧坂本トンネル をくぐります。



おっと、珍しく 車がやって来ました。



ここから 下りになる様ですね。



雛飾りは 床屋さんにも…



郵便局にも…



それこそ 街道沿いの 殆どの家が 飾り付けに参加されている様です。

写真2~4,7等、本当ならCPLフィルターを外すべきだが 被写体毎に脱着するのは面倒なので着けっぱなし。
写真3、想定外に車が現れたので もっと向こうで撮ろうとしたが、暗がりの中AFのママだった為にシャッターが降りない。
   アレヨアレヨと言う間に近付き過ぎてしまい 止む無くヘッドライトでAFを掛けて撮った失敗作。
   ISO感度を上げるのが精一杯で、反射的にMFに切替える という判断までは出来なかった。未だ未だ未熟。
   手前の壁面が赤いのは天井灯の光による。
写真4、明暗差が極端に大きいので コントラストを下げ暗部を持ち上げて(このサイズでは判り辛いが)壁面を表現した。
写真5、床屋さんの看板?が回転している様子を捉える為に ISO感度を下げ必要以上に絞り込んで シャッター速度を落とした。
写真6、右下の赤いのは傘立てか。向かいの家が白く光るので CPLフィルターを軽く効かせた。

写真1
 絞り優先AE f8(1/640sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=70mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真2
 (1/125sec) 焦点距離=40mm
写真3
 (1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30mm ISO=6400
写真4
 (1/40sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=130mm
写真5
 f16(1/10sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=60mm ISO=200
写真6
 (1/125sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=40mm ISO=1600
写真7
 (1/40sec) 露出補正=-1/2EV ISO=200                他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その2)



街道の一番奥にある 森本邸から じっくり見て歩く事になりました。
雛飾りも勿論ですが 屋敷の造りも とても立派です。



沢山の飾りが並べられていますが、やはり 主役は子供達 ですね。



お庭にも…



ご主人の
  思い入れ
              タップリに…



人形達が 飾られています。



可愛いですね。

写真1、CPLフィルターを着けるシーンでは無いが 日向/日陰で一々着脱して居られないので 着けっぱなしでの撮影。
写真2、女の子がなかなか顔を向けてくれず 上手く撮れなかった。
写真4、一寸判り難いですが 右の子は凧を下げているのです。
写真3~6共、他人のディスプレーを単に撮っただけなので 自分のモノにはならない。せめて構図やバックの処理などに
   自分色を出すしかない。

写真1
 絞り優先AE f8(1/125sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=30mm ISO=6400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真2
 f5.6(1/320sec) 露出補正=0EV ISO=1600
写真3
 (1/320sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=60mm
写真4
 (1/500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=120mm
写真5
 f5.6(1/1250sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=100mm ISO=800
写真6
 f5.6(1/500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=70mm ISO=400      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

撮影会 (その1)



昨16日の日曜日、所属する写真クラブの撮影会で 徳島県 勝浦町へ 出掛けました。

今回は 関連4クラブの合同行事で、総勢22名と とても賑やかな撮影会。
中型バス を運転出来る免許をお持ちの ベテラン会員H氏に 運転をお願いして、
終日 すっかりお世話になりました。

後席の我々一同は 写真談義をしている内に、明石海峡大橋や 大鳴門橋を渡って
徳島県に入ります。

勝浦川沿いに遡り どんどん 細い山道へ分け入って行き…



坂本地区の
  おひな街道
                 に到着しました。

小生は 始めて連れて行って戴いたのですが、
街道沿いの 集落の家々が こぞって 各家の前に 美しい雛飾りを出して
路行く人の目を 和ませてくれるのです。

雛飾り と言えば 普通3日過ぎには 片付けてしまいますが、この地では 下旬頃まで飾られるので
むしろ観光客が減り あわよくば桜も狙える、この時期まで待っての訪問です。



狭い街道は 滅多に車も通らず、家の方と 訪れた人とが ゆっくり話をする事が出来ます。

この奥さんは 空き缶を刻んで造った ひょうたん形の飾り を軒先に吊して居られます。
そよ風に クルクルと良く廻り、穏やかな 春の日差しを浴びて キラキラと輝きます。

1つ百円で 買い求める観光客も 居られました。



街道の路端にも 本当に至る所に 立派な衣装を纏った 雛人形が飾られています。

夜中や雨の日など どうされているのか 聞きそびれてしまいましたが、濡らす訳には行かないでしょう。



蜜柑類も売られていましたが お金は 駕籠に入れて行く様です。

それにしても 奥の オート三輪は 懐かしいなぁ…、若い人には 何の事やら判らないでしょうが。
小生が子供の頃は バタバタ と呼んでいた様な気がします。

写真2、驚く程豪華な雛飾りが 惜しげも無く路端に飾られている。
写真3、家の方も 訪れる観光客を心待ちにして居られる様で、素朴で実に人懐こい対応をされる。
写真2~4共、日差しが強く 雛人形の白い肌が白飛びするので、日向ではCPLフィルターを使った。
写真5、オート三輪の屋根の上に
までお雛様。
写真1
 絞り優先AE f11(1/250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=25mm ISO=1600
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f5.6(1/125sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=30mm ISO=400 CPLフィルター使用
写真3
 f5.6 焦点距離=40mm ISO=200 CPLフィルター使用
写真4
 (1/80sec) 露出補正=0EV 焦点距離=80mm ISO=400 CPLフィルター使用
写真5
 f5.6(1/60sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=30mm ISO=3200           他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春!



小ブログで 去る7日に 「1輪咲いた」 とご報告した 我が家の庭の桜、
6日後の13日には この通り 7分咲き となりました。

暖かい雨に 蕾もどんどん ほころんで行く様でした。



品種を問わず 桜は本当に
  春を告げる花
                   だと思います。

そして 一昨日頃から 満開になり…



これが 今朝の様子です。

毎年の事ですが ソメイヨシノよりも一足早い 満開の桜が嬉しくて、ご報告させて貰います。


撮影一口メモ:
 写真2、後ろの枝がうるさいので なるべく暗いバックを選び花に近付いて 後ろをボカした

写真1
 絞り優先AE f8(1/160sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/50sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=100mm
写真3
 f4.0(1/100sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=60mm ISO=オート S100       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

信州へ (その4)



白糸の滝 の氷雪が 想像したよりも少ないのは、厳冬期を過ぎていたから でしょうか。
それとも 湧水が暖かくて、もともと 余り凍らないのでしょうか。

辺りに 聞くべき人が見当たらず、良く判らず終いでした。



控えめな氷が 何か 上品な感じ すら与えます。



海外の 巨大な瀑布を思うと 如何にも箱庭的ですが、昔から人気があるのは それが
小さな様式美の中に 大自然を見る… という
  日本人の感性に
                      合っている、という事なのだろうと 思います。



水を通す地層部分 から垂れ下がった氷柱と、下の流れとが 美しいリズム を作っています。



誰も居ない 白糸の滝を後にして、長距離試走の信州行を 終えました。

写真1~4共、折角「白糸」の滝を撮るのだから シャッター速度を遅くして水を(飛沫では無く)糸状に捉えた。
   何れも手持ちの為 手ブレには要注意。
写真1
 絞り優先AE f11(1/13sec) 露出補正=0EV 焦点距離=110mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真2
 (1/30sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=210mm ISO=400
写真3
 (1/30sec) ISO=400
写真4
 (1/20sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=160mm 50D CPLフィルター不使用
写真5
 (1/200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=25mm CPLフィルター不使用      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ