goo

高知へ (その7)



翌25日も 未明5時頃から ひょうたん桜 を訪れました。

前日 雨が降れば、早朝 霧でも出るのでは… との期待も虚しく、下の人家が はっきり見て取れます。
まあ 致し方ありません、気を取り直して 撮影開始です。



立派な樹は 根廻りや…



幹にも風格が有り つい 狙ってしまいます。



未だ薄暗い中を 桜の周りを散策する人も 居られます。
実に贅沢な ひとときです。



お墓の傍に これもそこそこ立派な桜 が咲いていました。

でも 別格の ひょうたん桜の傍では 如何にも影が薄く、カメラを向ける人さえ 殆ど居ない事でしょう。


撮影一口メモ:
 写真1、思い出した様に風が吹くと枝が揺れてしまい そのショットはボツになる
。ライトを点けて坂道を車が上がってきても
     不自然な光が入ってしまうのでボツ。暗い内から撮り始めないと 1枚も撮れなかった という事に成りかねない。
     これは 下の道を車が通った光跡が写っているが この程度ならむしろ好ましいかと思う。
     三脚を立てているのにISO感度を上げているのは 少しでも撮影時間を短くして ボツに成る可能性を減らす為。
     車が次々と上がって来るので 1分間もシャッターを開けていると ここではボツの可能性が高くなる。
     未だ足下も良く見えない日の出30分程前から位置取りをして これは同15分前の撮影。
 写真4、このサイズでは判りにくいと思うが 一寸気に入った写真。
写真1
 マニュアル露出 f11,10sec 焦点距離=20mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード MF 5DMk3 三脚使用
写真2
 絞り優先AE f8(1/25sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=90mm ISO=3200 AF 手持ち
写真3
 絞り優先AE f5.6(1/40sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=150mm ISO=1600 AF 50D 手持ち
写真4
 絞り優先AE (1/60sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=30mm ISO=3200 AF 手持ち
写真5
 絞り優先AE (1/80sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=50mm
 ISO=3200
 AF 手持ち        
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高知へ (その6)



のんびりと 仁淀川町へ 向かいます。

これは 場所を正確に記憶していないのですが、仁淀川 沿いに走っている時に
菜の花 の群生を見掛けました。
川の中なので 植えたのでは無く おそらく自生しているのでしょうが、自然が豊か という実感があります。

眺めていると 大きな農機が ゆっくり走ってきたので、
バランスが良さそうな所 へ来るのを待って 撮影しました。



構図が悪くて 川が少し見えにくいですが、この特徴的な 澄んだ青緑色を 当地では
  仁淀ブルー
                と 呼んでいます。



仁淀川町の ひょうたん桜 です。
満開直前 といったところでしょうか、何度見ても 見事です。

狙っていた雨は降らず 只の どんよりした曇り空 状態で、小生の予定は 狂ってしまいましたが
日曜の夕方 という事も有り、少し肌寒い中も 観光客やカメラマンが大勢 
この桜を取り囲んでいました。

余りに有名になってしまったので、この地の地名を 「桜」 に変えた程です。



観光用に 菜の花や芝桜も 周囲に植えられていて、訪れる人の 目を楽しませてくれます。



種類は良く知らないのですが 1本だけ ピンク色が一際濃い桜 もあって
桜色にも 多彩な変化が見られ、撮り飽きる事がありませんが
幾ら待っても 雨は降りそうにないので、諦めて 宿に向かいました。

撮影一口メモ:
 写真1・2共、ゆっくり移動する農機やトロトロと流れる仁淀川の水を眺めていると 時間がゆっくり過ぎて行く感じがする

 写真3、近くに居るカメラマン達の話を聞くでも無く聞いていると 小生と同じ様に雨を期待して来ている人が何人か居る様で
     可笑しかった。小生など遠来の方と思ったが 三重や足立ナンバーのキャンピングカーも来ていて驚く。
写真1
 絞り優先AE f11(1/200sec) 露出補正=0EV 焦点距離=120mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/125sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=50mm
写真3
 (1/250sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=25mm
写真4
 (1/160sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=60mm
写真5
 (1/160sec) 焦点距離=130mm
 
            
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高知へ (その5)



ハナモモ の彩りは どうしてこんなに豊かなのでしょうか。
土手の緑や 菜の花の黄色と とても相性が良い感じです。



小川の右岸の散歩道は 舗装されていない 土の路で、左岸よりも こちらの方が
のんびり散歩には より雰囲気がしっくりとする感じです。



昨日の (その4)の写真1 で、奥に見えていた 小高い斜面の花 が気になって 近付いてみると
個人のお家の裏山の 小さな茶畑で、そこに 春の花々が 所狭しと植えられていたのでした。

  春の色満載
                 という感じです。

撮影一口メモ:
 写真上、バックの林の前に電柱があり それをボカす為に絞りを少し開く。プレビュー機能でボケ具合を確認して f8を選んだ

 写真中、ハナモモは未だ若木の上に 間を開けて植えられているので 少し寂しい。隙間を密にする為に 超望遠で圧縮した。
写真上
 絞り優先AE f8(1/400sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=60mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真中
 (1/500sec) 露出補正=0EV 焦点距離=370mm 50D
写真下
 (1/250sec) 露出補正=0EV 焦点距離=290mm
 50D
     
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高知へ (その4)



JR土讃線 土佐加茂駅 の近くの様子です。
向こうに見える ハナモモの並木 は、小川沿い に咲いています。



並木の所まで ぶらぶら歩いて行くと 母娘連れが お散歩中でした。
小生としては これは 撮らない訳に行きませんから、お邪魔にならない程度に 追いかけて撮影です。



並木の反対側は こんな小川です。

ここは未だ 仁淀川町の2つ手前 佐川町 ですが
仁淀川の桜と同時期に ここのハナモモが咲くので、毎回 ここに立ち寄る事になってしまいます。



小川の下流側は こんな感じ。
真っ直ぐで 少し広過ぎですが、小生のイメージ としては
  春の小川
              の歌を つい口ずさみたくなる そんな風情を感じて、大好きな場所です。


撮影一口メモ:
 写真3、川幅がこの半分位なら最高なのだが、そう上手い話は無い
。しかし 手作り感のある並木が何とも良い感じ。
     あと十年もしたら 随分立派になるのでは無いだろうか。
写真1
 絞り優先AE f11(1/800sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/500sec) 焦点距離=120mm
写真3
 (1/500sec) 焦点距離=110mm
写真4

 焦点距離=25mm
            
他は同じ

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

高知へ (その3)



今回の主目的地は 仁淀川の桜。

一昨年は4月4日 昨年は同6日 に訪れて、それぞれ 快晴の空の下 満開の写真を撮りました。
夜景や 未明の月明かりでも 撮影したのですが、雨の日の情景も良いのでは… と思って居たので
今年は わざわざ雨の予報に合わせての 訪問です。

それにしても 22日に既に
7分咲き との情報ですから、やはり今年の桜は早い と実感します。

仁淀川町を訪れる時は毎回 その前を通る事にしている JR土讃線土佐加茂駅、ハナモモ が綺麗です。
踏切が カンカンカン… と鳴り出して、運良く 2両連結の電車が 通りかかりました。



これが 駅舎、可愛いでしょ。
駅前広場(?)の駐車も 自転車だけ という長閑さです。



頭の上で声がするので 見上げると
  ツバメが
             盛んにさえずっていました。

撮影一口メモ:
 写真上、曇りがちなので ハナモモの色が冴えなくて残念
。しかし 肝心の雨が降る気配が無い方が気掛かり。
      ディーゼル列車好きの小生としては ここもやはりステンレスの電車では無い方が嬉しいのだが、今や如何ともし難い。
写真上
 絞り優先AE f11(1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=70mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真中
 (1/800sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm
写真下
 (1/4000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=160mm
      
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高知へ (その2)



瀬戸大橋を渡り切ると 香川の坂出市。

四国の地図 を思い浮かべていて、香川で もう1カ所 見ておきたい場所を 思い出しました。
瀬戸内海の中程 にまで長く突き出た 半島の先端に有る 紫雲出山(しうでやま)の桜 です。

350m程の高さの 山の上の為、桜は未だ ちらほら ほころび始めたばかりで
満開は 残念ながら あと10日程先 の様でした。

山の上を少し歩き廻って 綺麗な椿 を見つけました。



桜を待ちかねた家族連れが 幾組も、私と同じ様に 様子を見に来ています。

たまたま シャッターを押して上げた このご家族
  幸せそうな
               お姿を、私も1枚 撮らせて戴きました。



半島の付け根は とんでもなく遠浅の砂浜 になっている様で、日曜の昼下がり
潮干狩り をしている人が居ました。

こんな広い砂浜に たった7人だけ なんて、何という贅沢でしょう。

撮影一口メモ:
 写真中、子どもの目の高さにしゃがんでコレを撮った後 海が見えていなかった事に気付き、
     立ち上がって海を入れた構図でもう1枚撮ったが 2枚目は表情が良く無かった

     やはり1発で決めないと 良いスナップ写真は撮れない。
     しかし 子どもは同じ高さで撮るのが良いと思うので、これで良かったのだろう。
写真上
 絞り優先AE f11(1/125sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=100mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真中
 (1/1600sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm
写真下
 (1/2500sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm
             
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高知へ (その1)



今年は早い と言われている 桜が気になって、昨24日未明から 1泊で 高知まで出掛けてきました。
一昨年から3年連続の 春の高知行きです。

過去2回は 淡路島経由だったのですが、今回は 岡山 真庭市の桜を下見 してから向かったので
児島・坂出ルートの
  瀬戸大橋
              を 通りました。

瀬戸内海の真ん中にある 与島 のパーキングエリアの展望台から 岡山側を振り返ると、
漁船が たくさん浮かんでいました。



瀬戸大橋は 下を背の高い船も通れる様に とても高く造ってあるので、
地上のパーキングエリアとは とてもややこしい仕組み で 繋がっています。
帰り道を間違えると また岡山へ 戻ってしまうのです。

橋そのものも2階建てで、上が車 下がJR線 になっています。



展望台では 懐かしい 双眼鏡 を、子ども達が覗いていました。

女の子が 「お母さん 100円ちょうだい!」 と叫んでいたので、今は 1回百円なのですね。
小生 子どもの頃は 確か10円だった様な記憶がありますが、考えたら それは随分昔の話です。



四国側の海峡を 大型船や漁船が 次々と 通って行きます。
穏やかな 春の海 です。

撮影一口メモ:
 写真4、大型船は海峡の中央付近を通るので 与島から見ると遠くて動きが遅く 通るのを待ちきれない

写真1
 絞り優先AE f11(1/1600sec) 露出補正=0EV 焦点距離=70mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/1000sec) 焦点距離=60mm
写真3
 焦点距離=30mm

写真4

 (1/1250sec)              
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春を探しに (その3)



ひとしきり 福貴畑で撮影した後、少し日が高くなったので 8時頃には 信貴生駒スカイライン を超えて
西斜面に当たる 大阪 八尾市の 楽音寺へ移動。

サンシュユ でしょうか
  明るい黄色が
                   桃や椿を 引き立てています。



斜面が 丁度良い 日なたと影 を作り出して、目を楽しませてくれます。



木蓮も 空に向かって 花びらを伸ばし、あ~ 春です。


撮影一口メモ:
 写真上、切り花用に栽培されているので 自然風景では無いが、春らしい目に優しい情景で
     初めての訪問だが ここはとても気に入った
。別の路も探索したい。
写真上
 絞り優先AE f11(1/100sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=120mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真中
 焦点距離=70mm
写真下

 (1/200sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm フィルター無し     
他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春を探しに (その2)



福貴畑の桃畑は 未だ ホンの少しだけ早かった 様な感じですが
暖かな日射しには 春らしい彩りが 良く似合います。



桃畑の中に入ると 濃淡の
  ピンクの中に
                  迷い込んだ様です。



少しヒンヤリとした 爽やかな 朝の空気と 暖かい日射し。
あ~ 春です。


撮影一口メモ:
 写真中、日本人は桜が大好き と良く言われますが、小生は 花桃の色と形は 桜よりも春らしいのではないか
      と思うほど大好きです

写真上
 絞り優先AE f11(1/80sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=90mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真中
 f8(1/125sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=350mm ISO=400 50D
写真下

 (1/160sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=70mm       
        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春を探しに (その1)



今日は 先輩写友氏と一緒に、奈良 生駒郡の平群町 と
そこから 一山越えた所にある 大阪 八尾市の楽音寺 へ、春の花を撮りに 出掛けました。


切り花の栽培農家 の方が植えて居られる木々 なので、自然の風趣は有りませんが
代わりに 如何にも春らしい 彩りの花 たちが並んで、朝の日射しに 輝いて居ました。



花桃の株が たくさん並んでいます。



近付いてみると 株から伸びたばかりの
  新しい枝にもう
                    
可愛いらしい花が ついていました


撮影一口メモ:
 写真下、開いたばかりの初々しい花びらをアップで捉える為に 株に30cm程まで近付いて撮影

写真上
 絞り優先AE f11(1/100sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=60mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3 CPLフィルター使用
写真中
 f8(1/125sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=180mm ISO=400 50D
写真下

 f8(1/320sec) 露出補正=0EV 焦点距離=30mm フィルター無し 
        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

観梅 (その3)



中山寺の 裏山から降りて来ると、丁度良い目の高さに 立派な絵が見えました。
この燈籠が また良いですね。 



参道の両側には ヒュウガミズキ(マンサク科) や…



鈴なりの アセビ や…



サンシュユ などが
  春らしい彩りで
                    お参りに来る 善男善女達を 迎えています。

撮影一口メモ:
 写真2、ヒュウガミズキという名は初めて聞きますが 俯き加減に咲く小さな花が とても愛らしくて気に入りました

写真1
 絞り優先AE f8(1/200sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=50mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm ISO=200
写真3
 (1/800sec) 露出補正=0EV ISO=200

写真4
 f5.6(1/1600sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=130mm ISO=200 
    他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

観梅 (その2)



裏山の上へ上がると、梅林の遙か向こうに 我が家の近くに有る 甲山(かぶとやま) の
特徴的なシルエット が見えました。



この一角には 彩り良く サンシュユ と ユキヤナギ もセットで。



この 中山寺の裏山は
  コバノミツバツツジ
                        の 群生地でも有り、
桜の季節の少し前には 見頃を迎えます。

今年の桜は早い と 気象予報で盛んに報じていますが
このツツジが こんなに膨らんでいるところを見ると、確かに もうすぐ桜も咲いてしまいそうです。


撮影一口メモ:
 写真上、この日は黄砂が少し飛んで来ていたそうで 8km程離れた甲山が随分霞んでいた

写真上
 絞り優先AE f5.6(1/800sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真中
 露出補正=0EV 焦点距離=100mm

写真下
 (1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=160mm
      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

観梅 (その1)



今日は 用事があった家内と一緒に、宝塚の 中山寺 へ立ち寄りました。
お寺の裏手に 広い梅林が有り、数日前 満開 との新聞記事が 出ていたのです。



全体的には 数日遅かったようですが、未だ見頃の梅も多く…



暖かすぎる程の
  春の日射し
               に誘われて、繰り出した大勢の人で 賑わっていました。

撮影一口メモ:
 写真中、最近は濃い紅色の梅も良く見掛けるが ここは昔ながらの白とピンクが殆どで 場所柄か古典的な感じ

写真上
 絞り優先AE f8(1/320sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=40mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真中
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=60mm

写真下
 (1/640sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm
       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

写真クラブの活動



小生が所属している 3つの写真クラブ の
  月例会
            の様子を 並べてみました。
撮影時期はバラバラですが それぞれ特徴が有って、小生としては それぞれに 楽しんでおります。

最初は もう10年以上お世話になっている 「フォトくすのき」
会員数12名 と少ないですが 大変 和気藹々 とした運営で
悪く言えば ぬるま湯的な居心地の良さ すら漂う、大好きなクラブ です。



こちらは 少々 オタク的雰囲気の漂う 「日本風景写真協会 兵庫第二支部」
写真クラブの指導者クラスの方や 写真集を出したり 個展を開いたりする方も 多数居られ、
「風景写真命」 の様な雰囲気の漂う方も 大勢居られます。

例会は 2ヶ月に1回 ですが、皆さん 写真に真剣に取り組んで居られる事が ピリピリと伝わってきて
出し抜いたり 出し抜かれたり… とても 刺激を受けるクラブです。



こちらは 小生がお世話になり出して 未だ3年ちょっとの 「白光写友クラブ」
創立後65年程にもなる 大変歴史のあるクラブで、その歴史と伝統を汚さない様に… と
とても厳しい指導が行われています。

それに応えられない人は 何となく居心地が悪くなって行きそうですが、
厳しい指導は 「良い写真を撮って貰いたい という思いが有るからこそ」 という
指導者の気持ちが 大変良く判るので、皆必死に取り組み 必然的に 皆上手くなって行く 様です。
それが 伝統の有るクラブ というものなのでしょう。

決して楽は出来ませんが とても 勉強になるクラブ です。

撮影一口メモ:
 写真3枚共、こういう写真を撮って良いモノか否か良く知らないが 皆集中して居られるので
    小生が写真を撮っている事は多分ご存じ無い。
写真上
 絞り優先AE f2.5(1/30sec) 露出補正=0EV 焦点距離=25mm ISO=オート 画質=RAW WB=オート AF S100

写真中

 f2.0(1/60sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30mm
写真下
 (1/60sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30mm   
他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

白鼻ちゃん登場



小ブログ 10日に 初めてご紹介した 白足袋ちゃん、その後も 時々庭にやって来るのですが
先日 窓から中を覗き込んでいるので 餌を見せてやったら、恐る恐る入ってきました。



その後も 2度 餌を食べに 居間へ入ってきました。



ところが昨日になって、帰宅した娘が 「白足袋 とは 模様が違うよ」 と言うのです。

ポーズを取ったところで じっくり観ると… ありゃりゃ!! 本当だ。
白足袋ちゃんの前足は つま先だけが白いのに、こちらは 手首まで白い!

童話 「おおかみと七ひきのこやぎ」 で、
  手を白墨で
                白くして お母さんヤギ に成り済まし、安心させて 子ヤギを襲った
あの オオカミ の様で、小生は すっかり騙されました。

更に 10日の写真と比べてみると、鼻の周りも白い ではありませんか。

そこで この猫は 白鼻ちゃん と命名。
しろくろちゃん との相性は 白足袋ちゃん程良くないのですが、でも 良い猫ですよ。

撮影一口メモ:
 写真上、コンパクトデジカメはセンサーサイズが小さいので、大型1眼レフカメラと比べると 光が十分ではない時の描写が
      どうしても弱い

 写真下、娘が模様確認の為に撮った1枚。
写真上
 絞り優先AE f4(1/100sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=80mm ISO=オート
 画質=RAW WB=オート AF S100
写真中
 f11(1/400sec) 露出補正=0EV 焦点距離=120mm WB=太陽光 ピクチャスタイル=スタンダード 5DMk3

写真下
 f5.6(1/250sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=160mm                     
 
    他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ