goo

大晦日



2012年が暮れて行きます。

この1年、周りを見回すと 嬉しい事 誇らしい事 良かった事 が沢山有りましたが
残念な事 腹立たしい事 などもまた 色々ありました。

皆さんの周囲では 如何だったでしょうか。
ご家庭内で 我が家の10大ニュース など お話されるのでしょうか。

明日から始まる 新たな1年が 皆さんにとって、そして 小生にとっても
  より良い日々
                  となる事を祈念しながら…
では また来年!

撮影一口メモ:
 WB=太陽光 で撮影したが 少しマゼンタ色調が乗っていたので、路面に映るランプの暖かみを強調したい事も有って
     後からPCで色温度を調整して青味を出した。

 絞り優先AE f11(1/50sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=25mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=4200K ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

師走あれこれ



少し古くなってしまいましたが 去る9日、家内が 宝塚市内で開かれた 朗読会 を訪れました。

今年5月に亡くなった 詩人の義父 杉山平一 の詩集を差し上げた方(小生の先輩写友氏)から
ご連絡が有り…
   その方の奥様が参加されている 朗読のグループ 「なずな」 が
   義父の文学と人生 を取り上げた朗読会 を催すので、良かったら聞きに来てくれないか…
との お誘いを戴いたのです。

詩集を差し上げる以前から計画されていた催し だったそうですから
  縁は不思議なモノ
                       で、どこでどう繋がっているのか
全く予想もしない展開 をする事が有るのですね。

当日は ご多忙の宝塚市長さんまで ゲストとして朗読に参加され、
家内にも また気さくに お声を掛けてくださったそうです。

お誘い戴き 有り難うございました。これは 家内の撮影です。



こちらは 少々恥ずかしいのですが 我が家のクリスマス・イヴ風景。
昨年末結婚して近所に住んでいる 長女夫妻 も加わって、ささやかながらも楽しい夕食 となりました。

撮影一口メモ:
 写真下、いつもの猥雑な状況そのままの お恥ずかしい記念写真。
写真上
 プログラムAE 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30m ISO=オート 画質=JPEGミドル,ァイン WB=オート AF S100
写真下
 絞り優先AE f5.6(1/15sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=40mm 画質=RAW     
  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山添村



先日インターネット上で 良い雰囲気の写真を見つけ、自分でも是非撮ってみたい… と思ったので
場所を探し当てて、去る21日 奈良県山添村 を 訪れました。

位置的には 県の北東部にあり 京都・滋賀・三重との県境に程近く
  茶畑が
           点在していて、このポイントは 残り柿との相性がとても良い と感じます。



お茶の木は 斜面に有る事も加わって、その柔らかなカーブが とても優しい印象 を与えます。



小屋の軒先に吊された大根は もうすっかり萎びて 随分細く、とても美味しそうです。


撮影一口メモ:
 写真3枚共、現役の小屋も新し過ぎず古過ぎず 良い雰囲気を出してくれている。雪の日にでも是非再訪したい。
写真上
 絞り優先AE f11(1/50sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=70mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真中
 (1/60sec) 焦点距離=60mm
写真下
 (1/100sec) 焦点距離=60mm     
  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪の丹波 (その5)



古民家の近くのお宅の前
  ピラカンサス
                 の これまた真っ赤な実が 雪を被っていました。

当地の 厳しい冬の間 野鳥たちの貴重な餌 になってくれる事でしょう。



小さな公園も 雪に埋もれていましたが、滑り台で遊ぶ様な子供達は 果たして住んでいるのでしょうか。



帰路 朝来インターの直ぐ近くで、たまたま 八代の大ケヤキ という案内を見つけ 立ち寄りました。
確かに見事な 年齢を感じさせる樹 でしたが、残念な事に 傷んだのか 頂部は切り落とされていて
少し 痛々しい姿でした。

撮影一口メモ:
 写真上、ピクチャースタイル=スタンダード で撮ったが 赤がキツ過ぎる様に感じたので、後からPCで「忠実設定」にして彩度を抑えた。
 写真下、可哀想な部分をわざわざ撮す必要は無く 堂々とした姿を捉え様と思った。

写真上
 絞り優先AE f11(1/50sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=110mm ISO=800
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=忠実設定 AF 5DMk3
写真中
 (1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=80mm ピクチャースタイル=スタンダード
写真下
 f8(1/160sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=25mm ピクチャースタイル=スタンダード     
  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪の丹波 (その4)



12日 兵庫県北部 朝来(あさご)市 に出掛けました。

小ブログ 今年6月29日などでも ご紹介した
  佐中千年家
                 と呼ばれる 古民家の雪景色 を見たくなったからです。

日の出前に着くと、期待通り こんもりとした雪に包まれ 前の池もすっかり凍っていて
古民家は 未だ 静かに眠っていました。



家の前に有った これは 何の木の実 なのでしょうか、この時期 とても魅力的な 赤い実です。



山も 裏の畑も 雪に包まれています。



東の空に 赤味が差してきました。



陽が上がると 雪にも ほんのり 赤みが加わりました。

撮影一口メモ:
 写真2、赤い実が引き立つバックを探してウロウロしたが 少しうるさい所しか無いので 絞りを開きボカす。

写真1
 絞り優先AE f11(1/60sec) 露出補正=0EV 焦点距離=30mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f5.6(1/200sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=170mm ISO=800 50D
写真3
 (1/160sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=90mm ISO=800
写真4
 (1/200sec) 焦点距離=25mm ISO=800

写真5

 (1/100sec) 露出補正=-1/6EV                    
  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪の丹波 (その3)



市街地へ降りると 雪の量もぐっと減り、少し ホッとします。



京都府方向へ 東進する途中、田圃に
  残り柿
           という 冬景色に出会いました。



右京区の 紅葉で名高い高雄から一山越えた所 に当たる嵯峨越畑の 廻り田池 を覗きました。

灌漑用池なのですが この時期は 未だ水量が少なく、
謂わば 水面下の部分が見えてしまっていて イマイチ 絵になりません。



何度も横を通っている筈なのに 今まで気付かなかった墓地 が有りました。
これだけ雪が深いと 年末に参る という訳にも行かないでしょう。



南丹市に廻り 桂川の上流に当たる 日吉ダム湖 に立ち寄り
何か絵になるモノは無いか… 探していると、突然 水鳥(鴨かも?)が飛び立ちました。


撮影一口メモ:
 写真2、少しで良いから光が欲しいところだが そう旨くは行かない。

写真1
 絞り優先AE f11(1/1600sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=60mm ISO=800
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/500sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=90mm
写真3
 (1/640sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=50mm
写真4
 (1/1250sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=70mm    
  
写真5

 (1/1000sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=160mm     
  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪の丹波 (その2)



篠山市街地を離れ 北にある山地 多紀連山 へ 分け入ってみる事にしました。
少し進むだけで たちまち 周囲の田圃は 真っ白…



更に進むと 左右の山肌も 真っ白に。



峠まで辿り着き Uターンしようと思ったのですが、聞いた事も無いダム湖 が近くに有るとの案内板が。
ついでなので 寄ってみる事にしました。

篠山周辺の 約400ヘクタールの田畑を灌漑する 為に造られた 鍔市(つばいち)ダム
で出来た湖 だそうです。



ダム湖の周囲には 桜並木もありましたが 最上流部 まで行ってみると、なかなか味わいの有る
  冬景色
           が、勿論 他に人っ子1人居ない 静寂の中に 広がっていました。

撮影一口メモ:
 写真3・4共、雪が激しく降ったり止んだりで 峠道の走行は気を遣うが、行かない事にはこういう出会いも無い訳で
      風景写真の場合に限っては やはり行ったモン勝ちと言える。

写真1
 絞り優先AE f11(1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm ISO=400
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/500sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=70mm
写真3
 f5.6(1/1250sec) 焦点距離=70mm ISO=200
写真4
 (1/640sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=60mm    
  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪の丹波 (その1)



当地でも雪の朝 となった去る10日、ブラブラと 丹波方面へ出掛けました。
思いつきなので 準備も何も無く、9時頃の 遅い出発です。

篠山市内の田圃で 竹と杉? のバランスが面白い、ちょっと惹かれる光景 に出会いました。



川縁の竹は 雪を被って 少し重そうです。



上の写真を撮った 橋の欄干、さすが 篠山城の近く なかなか凝った造りですね。



民家の前の
  残り柿
          も 雪の帽子を被っていました。


撮影一口メモ:
 写真3、欄干の手摺りにまで瓦を配する その凝り様に敬服。でもちゃんと持つ所は残してあるのも納得。

写真1
 絞り優先AE f11(1/160sec) 露出補正=0EV 焦点距離=100mm ISO=400
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/200sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=110mm ISO=1600
写真3
 (1/800sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm ISO=1600
写真4
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=1140mm    
   他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フォトマスター検定



去る11月18日 大阪で フォトマスター検定試験 を受験してきました。

所属する写真クラブで デジカメに関する勉強会 の先生役をさせて戴いているのですが、
実は 自身は講習会などに参加した事が (只の1度を除き)無く、全て独学…
と言えば聞こえは良いですが はっきり言えば 自己流。

お前の考え方・言っている事は 本当に正しいのか? と聞かれると イマイチ確たる自信が無いので
それを確認する意味で 受験する事にした次第。

フィルム/デジカメ/レタッチ の3部門で、それぞれに 3級/2級/準1級/1級 があります。
初めての今回は デジカメ部門の1級 を受けましたが、受験など久しぶりなので
  緊張が
           高まります。



80問を80分で という厳しい時間割で、内容は 考える問題の他に 記憶物も多く
考えてどうなる というモノでもない 結構ハードな試験で、例年の合格率は 約3割との事。

結果は寝て待て… です。



待った結果が 昨日の午後 ようやく届き 無事合格との事、やれやれ 一安心で
少しご迷惑をお掛けした 写友の方々にも 面目が立ちました。

これで デジカメに関する勉強会 の先生役を続けるにも、少しは説得力が増す… かな?

しかし 絵と同じで、知識が有れば良い写真を撮れる と言う訳では無いのは 当たり前の事
せいぜい感性を磨き 写真力を高める努力 をする事にします。

撮影一口メモ:
 写真上、試験直前にこんな写真を撮る人は他に居ないだろうが、折角の機会 構わずコッソリ撮る。
 写真3枚共、顔が写ってしまった人と小生の生年月日に 後からPCでレタッチを加えた。
写真上・下共
 絞り優先AE f5.6(1/100sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=70mm ISO=オート 画質=JPEGミドル,ファイン
 WB=オート AF S100
写真中
 (1/40sec) 焦点距離=40mm
 
   他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

洛西ふたたび (その5)



先輩写友氏が 勧めてくれた被写体、バックは実は ビルの工事用の青いネット なのですが
桜の紅葉を 見事に引き立ててくれていました。

こういう 魅力的な被写体に気付く、という
  写真眼
           は さすが 先輩氏で
見習いたい とは思っても、そう易々と 近付けるものではありません。



途中で お茶 をしたせいもあり、15時半近くに ようやく長岡天神駅 の近くまで辿り着きました。

折角だから… と長岡天満宮前の 八条ヶ池 の端へ上がると
晩秋の日は もう 大きく傾き、遊歩道に 素敵な影を落としています。



我が 愛すべき写友達(の一部)と、指導戴いている 湯浅先生。
皆さん 本当に写真が大好き という事が 良く判ります。



負けない様に 小生も 散歩の子を撮って、今日の撮影会は 終了です。

撮影一口メモ:
 写真1、赤と黄がかぶらない様 半歩左へ寄るべきだった。
 写真2・4共、どちらもワンチャンスだが ほぼベストポジションで撮れたと思う。

写真1
 絞り優先AE f5.6(1/1250sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=240mm ISO=400
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f11(1/250sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=100mm
写真3
 f8(1/125sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm
写真4
 f8(1/400sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=40mm    
  他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

洛西ふたたび (その4)



粟生(あお)の光明寺を出て 最寄りの長岡天神駅 までの約3kmは、ブラブラと歩く事になりました。
いやはや 大正解で、お陰で 色々な被写体 に出会う事が出来ました。

最近
  雀が
         減った と聞きますが、居る所には居る!




地区の小学校対抗の 駅伝大会 にも遭遇。



見上げれば 芙蓉の実の綿毛 が輝いているし…



日陰の池では 枯れた蓮が うな垂れています。



また パラッと来た小雨に、公園の落ち葉が 綺麗に濡れてくれました。

撮影一口メモ:
 写真4、溝の様な小さな池で オマケにフェンスで囲まれているので とても撮り辛い。
 写真5
、普通なら広角で撮る被写体だが うるさい背景をカットするのと 後ろを少しボカしたかったので、中望遠にした。
写真1
 絞り優先AE f11(1/640sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=280mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=70mm
写真3
 (1/2000sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=90mm ISO=200
写真4
 (1/60sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=140mm
写真5
 (1/800sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=70mm
 ISO=200      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

洛西ふたたび (その3)



善峯寺を後にして タクシーで山を下り、長岡京市粟生(あお)の 光明寺 へ向かいました。
うどんで腹ごしらえの後 撮影再開、こちらも人気のお寺だけに 大変な人出です。



空は青空 日差しが入って 紅葉が引き立ちます。



一番人気の 紅葉の参道、この位置は カメラマンの順番待ち。
皆 同じ絵柄になってしまいますが、折角来たからには やはり一応 押さえておかないと…。



皆 立ち止まって、見上げたり 記念撮影したり。
  凄いねぇ…
                という声が あちこちから聞こえます。



事前の紅葉情報通り 確かに丁度見頃で、素晴らしい彩りでした。
参加11名全員が並んで記念撮影をして 光明寺を後にしました。


撮影一口メモ:
 写真1~4
、明暗差がとても大きいので 暗部に引っ張られて明るくなり過ぎない様 露出には細心の注意を払う。。
写真1
 絞り優先AE f11(1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=30mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f8(1/200sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=25mm
写真3
 (1/100sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm
写真4
 f8(1/160sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=40mm
写真5
 f5.6(1/1600sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=140mm
       他は同じ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

洛西ふたたび (その2)



善峯寺の名物 「遊龍の松」 とんでもなく 長いです。
この下を潜らないと 多宝塔や経堂などがある 上へは行けません。



歩いている内に 小雨はすっかり上がり、爽やかな日差しが 注ぐ様になりました。
少しの風にも 散って行くので、舞い落ちる紅葉 を撮ったり 散り残った紅葉 を撮ったり…。 



随分高い所に 一際目立つ赤い色 があったので、それを目印に上ってくると
奥の院の傍に
  京都の街を背景に
                       佇む 楓がありました。



振り返ると 見事な紅葉です。 いや~ 良いなぁ…。



一番高く 奥まった所にある 青蓮院の宮御廟、お墓を守る様に
黄色い楓が 優しく枝を差し伸べていました。

撮影一口メモ:
 写真4
、このサイズでは引き立たないが 奥の銀杏の黄色がワンポイントになって なかなかの光景。朝に夕に さぞ良い事だろう。
写真1
 絞り優先AE f11(1/200sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=110mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/400sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=170mm
写真3
 (1/320sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=40mm
写真4
 (1/320sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=100mm
写真5
 f8(1/125sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=90mm
 ISO=6400      他は同じ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

洛西ふたたび (その1)



所属する写真クラブ 「フォトくすのき」 の撮影会で、去る1日 京都 西京区大原野の
善峯寺(よしみねでら) へ出掛けました。
会員の都合が揃う日 に合わせての開催なので 紅葉には少し遅いのでは… と懸念しましたが
指導戴いている 湯浅先生と会員10名 の賑やかな撮影会です。

タクシー分乗で到着したときは
  小雨が上がって
                    濡れた路が 眩しく光っていました。



善峯寺は 洛西一 の紅葉の名所なので、何をどう撮っても 何度も見た絵 に成ってしまいますが…



できるだけ ありきたりの写真 に成らない様に気をつけて の撮影です。



梵鐘を良く見ていたら、撞木が当たる部分は 何度も繰り返し擦られて光っている という事を知りました。



水が落ちる所に溜まった 落ち葉を撮ろうとして 良く見ていると、
跳ねる飛沫も 結構面白い事を見つけました。

撮影一口メモ:
 写真5
、飛沫を撮し止めようとスローシャッターにしたが 後でPCで見たら光跡が破線に成っていたので驚いた。
     銀塩写真では有り得ないがデジタルでも何故こんな事になるのか理解出来ない。
     どうすれば普通に線で写るのかも含めて 何方か教えて戴きたいモノだ。

写真1
 絞り優先AE f11(1/400sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=200mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f6.3(1/1250sec) 焦点距離=100mm
写真3
 f8(1/200sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=80mm
写真4
 (1/40sec) 露出補正=-3/2EV 焦点距離=100mm
写真5

 (1/10sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=130mm ISO=200 CPLフィルター使用      他は同じ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜とギンナン (その3)



折角ここまで来たので 祐専寺の近くを 少し歩いてみる事にしました。
  銀杏畑
           という言葉が有るのかどうか 知りませんが、とにかく 銀杏の木が一杯です。
ここも…



こちらも…



何処にでも…。



実を集めやすい様に でしょう、青いシートを 予め周囲に敷いてある木 が多い様です。



それにしても 凄い量のギンナンだ! と えらく感動して、夕暮れ迫る道を 家路につきました。
帰宅以降 毎晩ギンナンを戴いているのは 勿論です。

撮影一口メモ:
 写真全て、薄暗くなりかけたのに 家々の間の細い路を観光客が大勢散策していた。
      実を一杯付けた黄金色の中を歩くと、何故か 豊かな気分になれるのだ。

写真1
 絞り優先AE f11(1/200sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=60mm ISO=1600
 画質=RAW  WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/60sec) 露出補正=-4/3EV
写真3
 (1/160sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=50mm
写真4
 (1/320sec) 焦点距離=40mm
写真5

 (1/250sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=90mm       他は同じ 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ