goo

豊能の秋 (その3)



豊能町の 「コスモスの里」 です。
丁度見頃 で 風も殆ど無く、撮影にはピッタリ でした。

花が 顔の高さ 程で咲いているので、脚立を取りに車に戻り それに立って 撮影再開。
先ずは 順光で。 



コスモスは 小生はやはり 逆光が好き。葉が細いので 邪魔にならず
  花の透明感
                を 引き出せる。

お誂え向きに 山間なので、少し屈めば 暗い背景 にも事欠かない。



コスモスの里 の おばさん。本当は8時からなのだが 少し早目に入れて下さった。
当然の如く ここでも たった一人の 貸し切り状態。

撮影一口メモ:
 写真上、花は順光では余り撮らないが 記念撮影的に先ずは1枚。
 写真中、丁度花期の盛りだが 中には早く枯れかけるのも有り
     アップで狙う時には 色のバランスも含め良く確認する必要有り。
 写真下、コントラスト差が大きくて撮り辛いシーン。太い柱がど真ん中に来てしまったが シャッターチャンスを最優先。
     この表情は戴き!
写真上
 絞り優先AE f11(1/640sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=50mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真中
 (1/500sec) 露出補正=-2/3EV
写真下
 (1/80sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=70mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豊能の秋 (その2)



7時を過ぎたので そろそろ コスモス畑を見に行こう と 向かっている途中、
絵になりそうな光景 が チラッと目に入ったので 急いでUターン。

干藁ロール と 彼岸花、オマケに 白鷺 まで。
水田の水は 抜かれているので カエルかバッタ でしょうか、何やら 真剣に 狙っています。



実際の景色は こんなに広くて、手前には コスモス畑 まで有るという
  お膳立て
             の良さ。
コスモスが 花期には未だ少々早くて 貧弱ですが、良いポイント を見つけた と 一人ニコニコです。

撮影一口メモ:
 写真上・下共、焚き火の煙が漂って干藁ロールが霞んでいたので 風で流れるまで待って撮影。
     その間に白鷺が段々と向こうへ行ってしまった。
     写真ヤは何かとキョロキョロよそ見が多いので 運転には注意!
写真上
 絞り優先AE f11(1/250sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=210mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真下
 f8(1/640sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=100mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

豊能の秋 (その1)



26日 快晴の予報だったので、未明から 大阪府 豊能(とよの)地区 へ出掛けました。
コスモスや彼岸花 など、秋の花 の様子を 見たくなったからです。

先ずは 能勢町長谷(ながたに)の棚田 へ 上がりました。
殆どの田で もう 刈り入れが終わり、稲架(はさ)に干してある田 も ありました。

6時半 しっとりとした
  柔らかい朝の光
                     が 棚田を照らしています。



僅かに残る 茅葺き屋根の農家 をバックに、咲き乱れる コスモス を 収めました。

ここは 多くのカメラマンに撮られる 人気ポイント ですが、この朝は 小生たった一人。
今風の建物を 花で隠したかったので、光と構図 を 考えながら ゆっくりと撮影しました。



この時間 ここは未だ日陰なので 色が冴えませんが、彼岸花が咲いていたので 記念撮影です。

撮影一口メモ:
 写真上、この日は朝霧は極く僅かしか出なかった。ロープ等で明示されていなくても
     農作業に支障が出そうな細い畦を歩いたりしない様 撮影マナーはしっかり守りたい。
     農道から撮っている分には問題は起きない筈。
写真上
 絞り優先AE f8(1/160sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=50mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真中
 f11(1/250sec) 露出補正=-1/3EV

写真下
 f11(1/50sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=60mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝の散歩 (その4)



あるお家の庭で コスモスが 朝日を浴びて 輝いていました。
もう コスモスの季節 ですね。
広~いコスモス畑 を 見たくなってきました。



こちらは 阪神間では有名な、中学~大学一貫の名門女子校 神戸女学院。
女の子は 小学校も高学年になると、この正門をくぐる のが 一種の憧れ になる様です。



小一時間程 早歩きをして 家の近くに戻って来ると、駅へ向かう人が 随分 多くなっていました。
一週間の始まり、今週も お勤めご苦労様です!

撮影一口メモ:
 写真中、昔は自由に出入り出来たが 近年各地で起きた事件の影響で 学外者は入れなくなってしまった。
写真上
 プログラムAE 露出補正=-2/3EV 焦点距離=60mm ISO=オート 画質=JPEG ミドル,ファイン WB=オート AF S100
写真中
 焦点距離=25mm
写真下
 焦点距離=120mm       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝の散歩 (その3)



随分前を歩いていた方が 突然 家に向かってお祈り し、再びスタスタと 歩いて行かれたので
一体どうした事か? と 近付いてみると
住宅の敷地に 喰い込む様にして 小さな 道祖神 が 祀られて居ました。
正に
  手向けの神
                という感じですが、
毎日 手を合わされる この家の方 の住み心地は 如何なのでしょうか?
小生なら 有り難い様な 少々落ち着かない様な… 。

この細い道は 厄神さん筋 と言い、ホンの数十m左側には 旧西国街道 があります。
昔は ここら辺が 辻 になっていたのでしょう。



厄神さん は小高い所にあり、近くには 未だこんな 竹林も残っています。



厄神さんの近く、地元の人 だけが通る 階段。
昔に較べると 随分しっかりした造り になりました。

撮影一口メモ:
 写真下、空が見える坂道や階段が好きだ。有名で有る必要は無く、立派でなくても良い。
写真上・中・下共
 プログラムAE 露出補正=-2/3EV 焦点距離=25mm ISO=オート 画質=JPEG ミドル,ファイン WB=オート AF S100

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝の散歩 (その2)



どんどん歩いて行くと 住宅街の上を 山陽新幹線の高架橋 が 横切っています。

1995年の 阪神淡路大震災 では、この橋が 落下してしまったのですから
もし 列車が高速で走っている時間帯だったら… と想像するだけで 恐ろしい話です。

当然 新幹線も 下の道路も、高架橋が復旧するまで 長い間 通行不能でした。



そういえば 道端の コレ にも 見覚えがあります。

昔ながらの 井戸 で、割と最近まで 水が出たはずです。
震災時には、簡単な洗い物 や トイレ流し 程度には 活用された事と思います。



上から覗き込むと 底には水が見えるのですが、手押しポンプ は 中に落ち込んでいました。
また 使える様にしておかなくて 良いのでしょうか?
使わないのならば 何か(誰か)が落ちない様に キチンと蓋をしなくて 良いのでしょうか?

喉元過ぎて熱さを忘れ、「想定外」の出来事に 慌てない様にしたいものです。

そういえば つい先日も 「アポロ13号」 の記録番組を観直して
想像を超える最悪の 突発的な出来事に、如何にして どれだけ正しく 対処出来たか
人間の叡智 が問われるところだ… 
と つくづく感じざるを得ませんでした。

撮影一口メモ:
 写真上、時速200kmで10輌もの列車が住宅地に落ちて来るという大惨事が、ホンの数十分の差で起こり得た。
写真上
 プログラムAE 露出補正=-2/3EV 焦点距離=50mm ISO=オート 画質=JPEG ミドル,ファイン WB=オート AF S100
写真中
 焦点距離=30mm
写真下
 焦点距離=100mm
     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝の散歩 (その1)



腰痛予防 の 筋トレ を続けている効果か、腰周りが随分楽になったので
朝方は随分涼しくなったことでもあり 久しぶりに 早歩きでの
  早朝散歩
              を してきました。



我が家の周囲には、駅前を15分程離れると この程度の畑 が 未だ所々に残っています。
新しい住人にすれば 肥料の匂い 等 色々と不満もあるでしょうが
散歩で歩くには とても嬉しい緑 という事になります。



近所にある 中学校 へ向かう学生が、連れだって 話しながら 坂を上がって行きます。
女子も含め、不思議と 一人で歩いている子 は 見掛けませんでした。
何故か ホッとするのも、昨今多い 暗いニュース のせいでしょう。


撮影一口メモ:
 写真上、向こうからジョギングの母子がやって来る。もう一寸引きつけたかったが 少し遠慮してしまった。
写真上
 プログラムAE 露出補正=-1/3EV 焦点距離=50mm ISO=オート 画質=JPEG ミドル,ファイン WB=オート AF S100
写真中・下共
 焦点距離=30mm
     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日 (その6)



敬老の日 の 朝食は
  ウニメシ!
              もっとシツコイかと思いましたが 意外とあっさりしていて
朝からお腹一杯 戴いてしまいました。

この日は生憎 午後に 大阪での写真展の 受付当番 が入っています。
鳥羽水族館 へ行く という孫達と別れて、残念ながら小生は 帰宅する事にしました。




これはオマケ、前日16日の朝に訪れた 津市白山町にある ルーブル彫刻美術館 です。

決して 怪しげなモノ では無く パリのルーブル美術館 の正式な姉妹館であり
門外不出の彫刻 から 直接型を取って仕上げた という 逸品です。


5月に亡くなった義父が そのエッセイ 「窓開けて」 に 記述しているのですが…
   依頼を受けて 映画の講演をしに 伊勢へ向かっていた義父が、
   山間を走っている 近鉄特急の車窓から
   ミロのビーナス と サモトラケのニケ の彫像が チラッと見えた!!
   のに びっくり仰天し、帰宅後 あれこれ資料を調べて ようやく 場所を確認。
   少し時間が出来た大晦日の午後、わざわざまた 三重県榊原温泉口駅まで 見に出掛けた。
                             (214頁 「ミロのビーナス」 から要旨を抜粋)
…という 曰く付きの珍品 です。

それも、事情を義母に話せば 出掛けるのを反対される のに決まっているので
一寸散歩して来る… と言って 宝塚の自宅を出たのが 既に15時近く。
幾ら焦っても 当地に着いた頃には 既にすっかり陽も落ちて、
写真だけ撮って 直ぐ トンボ帰りした そうです。



義父の感激を共有しようと、志摩へ行く途中に 家内共々 一寸寄り道した次第。
自分でも 「ゲテモノ好き」 を自負する義父 ならではの逸話 と、実に微笑ましい思いです。


撮影一口メモ:
 写真中、直ぐ後ろにある近鉄の駅のホームから良く見える様に 自由の女神と共に建っているが
     特急は停まらない小さな駅なので 本当にチラッとしか見えなかっただろう。
     像の背後には 例のルーブルの「ガラスのピラミッド」も。
     これは家内の撮影。
写真上
 AE 露出補正=0EV 
焦点距離=30mm ISO=オート 画質=JPEG ミドル・ファイン WB=オート AF IXY900
写真中
 焦点距離=50mm
写真下
 絞り優先AE f8(1/320sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=50mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D    
 
      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日 (その5)



今夜の宿は 鳥羽市 国崎(くさき)の民宿。

オヤジさんが漁師 女将さんが現役の海女 だそうで
「料理民宿」 を謳って居られるだけ有って、海の幸 が一杯です。

夕食には 大人5人に 上の盛り合わせ が 2皿付いたので、全て平らげるのに 相当苦労しました。
  新鮮な魚
             は 本当に美味しいですね!



夜の間ずっと 雨風の音 が響いていて、翌17日 こそ 終日雨 と覚悟していたのですが
未明に外を覗いてみると 星が出ていたので、薄明るくなるのを待って 外へ出てみました。

国崎の漁港から 少し高台へ上がると、下に 海水浴場の砂浜 が見えてきました。



海からの日の出 は 有りませんでしたが、5時45分頃 厚い雲の合間から
光の階段が 降りてきました。

撮影一口メモ:
 写真中、波打ち際の倒木が雰囲気を出していたので 引き立つ様 白い波に囲まれるのを待って撮影。
写真上
 AE 露出補正=0EV 
焦点距離=30mm ISO=オート 画質=JPEG ミドル・ファイン WB=オート AF IXY900
写真中
 絞り優先AE f8(1/125sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=80mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D

写真下
 絞り優先AE f8(1/320sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=170mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
            他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日 (その4)



パルケ・エスパーニャ の メインストリートを、賑やかな音楽と共に パレードが 通り過ぎて行きます。

ふと 後ろを見ると、日陰のベンチで 手振り宜しく 踊っている四人連れ が 居られました。
もっとアップで撮ろう と 近付いた途端、テンポの良い音楽が変わり
皆さんの 手踊り も 終わってしまいました。
残念無念!!

しかし 実に魅力的な雰囲気 の お連れさん ですね。
明17日は
  敬老の日 おめでとう御座います!



孫達と 迷路 へ向かう途中、古城 が見えてきました。
空は スペイン(?)晴れ、気分は最高ですが 暑いです。



こちらは もう 完全に 気分はガウディー!

16時半過ぎまで タップリと遊んで、いよいよ 今日の宿へ向かう事にしました。

ブログアップの際の不手際で、本日の午前中 不備な記述で掲載されていました。
大変失礼致しました。

撮影一口メモ:
 写真下、コッテリした色調にしたいので ピクチャースタイル=風景 で彩度を上げた。
写真上
 絞り優先AE f8(1/250sec) 露出補正=0
EV 焦点距離=60mm ISO=400
 画質=RAW WB=オート ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真中
 (1/1250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=20mm

写真下
 f11(1/1000sec) 焦点距離=16mm ピクチャースタイル=風景     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日 (その3)



ウォータースライダー や 汽車 などは いつも 人気の乗り物ですね。



陽射しが とても強かったので、子ども達は 水遊び にも 大はしゃぎ。
音楽に合わせて 噴水の水が踊る ので、その 不規則な動き が 堪らないのでしょう。

走ったり 捕まえたり 押さえ込んだり…
小生も もっと撮っていたかったのですが、お役目上 そうも行きません。



古典的な メリーゴーランド、女の子は
  夢の世界に
                 一時 入ってしまった様です。


撮影一口メモ:
 写真下、暗いバックで撮りたかったが 生憎近くにそういう場所が無かったので 出来るだけボカして撮影。
写真上
 絞り優先AE f8(1/250sec) 露出補正=0
EV 焦点距離=300mm ISO=400
 画質=RAW WB=オート ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真中
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=280mm

写真下
 f5.6(1/160sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=210mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日 (その2)



怖がりの小生は 絶叫型 のは お断りですが、この程度なら 撮影係 として同乗OKです。



  万華鏡
           の 中に入ったり …




不思議な感覚 の トンネルを歩いたり …



鏡の迷路 で 壁に思いっきりぶつかって ひっくり返ったり …。

孫達の記憶の中には どんな形で この想い出が残る のでしょうか。


撮影一口メモ:
 写真1・3・4、ブレるのは承知で撮影。
写真1
 絞り優先AE f5.6(1/15sec) 露出補正=-5/6
EV 焦点距離=16mm ISO=3200
 画質=RAW WB=オート ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真2
 f5.0(1/200sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=40mm

写真3
 f5.0(0.5sec) MF
写真4
 (1/8sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=16mm
 ISO=1600 WB=2800K     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

敬老の日 (その1)



敬老の日 がらみの 16・17日、孫達と一緒に 三重県 伊勢・志摩方面へ 遊びに出掛けました。
3世代 計8名 の小旅行ですが、嬉しい反面 家内は半分子守(孫守?) そして 小生は記録係
という側面 もあります。

コースと宿は 息子夫婦が考えてくれましたが、お目当ては
  パルケ・エスパーニャ
                           という
スペイン風の雰囲気 を売りものにしている テーマパーク です。

我々夫婦だけでは 決して行く事がない場所で、久しぶりに
平均年齢の低い 賑やかで 華やかな時間 を過ごす事になりました。



周りは 普段は撮らない被写体だらけ、小生はセッセと ブログネタ の収集に大忙し です。 



天気予報では 2日共雨模様、どうなる事か と案じましたが 良い方に外れて 結果オーライ! でした。

撮影一口メモ:
 写真上、どうしてあんなモノに乗るんだろう…と不思議だが 撮るのは面白い。我ながら勝手なものだ。
写真上
 絞り優先AE f8(1/2000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=170mm ISO=400
 画質=RAW WB=オート ピクチャースタイル=風景 AF 50D
写真中
 (1/500sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=120mm ピクチャースタイル=スタンダード

写真下
 (1/3200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヨットハーバー (その3)



17時半 雲が厚いので 随分暗くなってきました。
ヨット溜まり は とても静かです。



でも 金曜の夕刻 だからか、こんな時刻に 港を出て行くボート がありました。



おやおや… 遊歩道のすぐ下 で、若い3人連れ が 何やら楽しそうに 遊んでいました。
さっきまでの ドシャ降り の時は どうしていたんですか?

撮影一口メモ:
 写真上、ヨット溜まりは 静かでも何処か華やかさも感じる不思議な場所。ブラブラ歩くのが好きです。
写真上
 絞り優先AE f8(1/80sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=140mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真中
 (1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=190mm

写真下
 (1/200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=150mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヨットハーバー (その2)



  ウッドデッキ
                の 居心地 がとても良くて、つい 2往復 してしまいました。



デッキの 西の端 まで行き着くと、遊歩道は 水路に沿って 右へ折れ曲がり
湾岸高速の吊り橋 が 近くに見えます。



南西の方向には 六甲アイランド の港に並ぶ キリン型のクレーン 達も
間近に見えます。

撮影一口メモ:
 写真上、焦げ茶のウッドデッキでシャッターを半押ししたので 露出が引っぱられて極端に明るくなる。
     夕方の雰囲気を壊さない様に その分を露出補正で調整する。
写真上
 絞り優先AE f11(1/60sec) 露出補正=-11/6EV 焦点距離=40mm ISO=400
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 50D
写真中
 f8(1/200sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=170mm

写真下
 f8(1/200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=250mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ