goo

希望

義父の 杉山平一 が、97歳の誕生日(11月)を期に 8冊目の詩集
  希望
        を 発刊しました。

世相を反映してか お陰様でとても反響が大きく、全国紙各紙でも取り上げて戴きました。
大阪の 紀伊国屋梅田本店 の詩集コーナーでは、今も 平積みで展示されています。

来年が 皆様にとって 良い年であります様に…


お断り(’12.3.7):
   掲載していた写真2点の内、義父の写真が 某ブロガー氏に ’12年3月5日
  一時無断転載された
経緯があり、写真 及び その説明文を 同6日未明に 全て
  
削除致しました。悪しからずご了承下さい。
   小ブログの1300余(同日現在)の記事の内 写真が無いのは 本記事だけ
  (写真技術の解説記事を除き)であり、写真ブログを謳っている立場としては 甚
  
だ遺憾ですが、やむを得ない処置と考えております。
                                  きむさん

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年末



いよいよ年の瀬も押し迫って、腰の重い我が家でも 年末恒例の作業を ボチボチやっています。
昨29日は 窓掃除と…



餅搗き。

餅好きの我が家では 餅つき器は 毎年末に大活躍。
昨年は 長年使ってきたのが 餅搗き中に 突然壊れてしまい、慌てました。
大急ぎで電気屋さんへ走ったら 良かった!売っていましたよ。



我が家は関西なので
  丸餅

丸めるのは 家内と娘の仕事。小生は 搗きたての餅は熱くて とても触れません。
両親が静岡出身だったせいか、昔から 伸(の)し餅 も一緒に作っています。

撮影一口メモ:
 写真上、一人での窓拭きなので 片手でカメラを持っての撮影。
 写真中、餅つき器の あの 面白い動き を捉える為に、遅いシャッター速度で撮影。
写真上
 絞り優先AE f8(1/4000sec) 露出補正=+5/6EV 焦点距離=40mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真中
 f6.3(1/30sec) 露出補正=+7/6EV 焦点距離=70mm WB=4800K
写真下
 f5.6(1/250sec) 露出補正=+5/6EV 焦点距離=60mm ISO=800 
     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

根羽の柿 (その3)



また 一頻り 吹き降りの様になってきました。
実に 良い感じです。



すぐ横にある
  農家の軒先に
             難を転ずる ナンテンが、雪を被って 佇んでいました。

撮影一口メモ:
 写真下、田の切り株も 何とかして入れ込みたかったので 苦しい構図になってしまった。
写真上
 絞り優先AE f11(1/50sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=80mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 MF 三脚使用
写真下
 f8(1/320sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=90mm ISO=400
 AF 手持ち    他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

根羽の柿 (その2)



雪は 小止みになったり 激しく降ったり を繰り返しています。
この日は 一日中こんな天気だった様です。



  実に良い雰囲気
              の
柿ですが、それは ここのご主人のご配慮の賜物 なのです。

ご主人いわく…
  カメラマンが大勢やって来る様になったので 樹の下にある古い納屋を
  今さら 使い勝手の良いプレハブ小屋 に建て替える訳には行かなくなった。
撮影する側にとっては 本当に有り難い事です。感謝!!

撮影一口メモ:
 写真上・下共、現地には10時半頃着いたが 既にカメラマン数人が三脚を並べていたので
       その後ろに大型三脚と脚立を立てて 前の方の傘の上から撮影。
写真上
 絞り優先AE f16(1/25sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=140mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 MF 三脚使用
写真下
 (1/30sec) 焦点距離=50mm                他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

根羽の柿 (その1)



この冬一番の強い寒気 が入ってきた 25日、長野 南端の
  根羽村の柿
             を 見に行きました。

昨日の当ブログ 同様 残り柿に雪が降って、ほぼ狙い通りの情景 を 撮る事ができました。 

実は…



これは ’07年11月下旬に撮った 同じ根羽村の柿です。

これに雪が積もっているところを 何とか撮ってやろうと、その年の12月 そして
同じくおもて年(2年毎に 実が沢山成る年)の ’09年の12月 と
通いました。

ところが 現地には雪がなかなか上手く降ってくれず
4年越しの今年 ようやく思いが叶った という次第です。

撮影一口メモ:
 写真上、枝はともかく もう少し実にも雪が載って欲しいが、降雪の中1時間程粘っても 殆ど変化がないので 諦めた。
     雪雲を通して 奥側から極く弱い光が当たっている時に撮影。
 写真下、15時半頃 右横側から ホンの弱い光が入っている時の撮影。
写真上
 絞り優先AE f11(1/80sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=風景 MF 三脚使用
写真下
 (1/6sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=70mm WB=5600K       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

また小入谷



大雪注意報が出た 17日、
本ブログ 今年9月30日と12月3日にもご報告した 滋賀 高島市朽木(くつき)の
小入谷(おにゅうだに) へ、また行ってきました。

雪の道中は 意外と順調で、まだ真っ暗な内に着いてしまい 車中で暫し仮眠。
少し明るくなったので出てみると 期待通りの光景が 目の前にありました。

日の出前の 6時50分、雪が降り続いています。



雪雲の切れ間か 周囲が少し明るくなって 雪が止むと、気のせいか 少し寒さも緩む感じがします。
時折 枝に
  積もった雪が音も無く
                      落ちて行きます。



7時半頃 また 雪が激しく降り出しました。
ここ 朽木では、冬の間中 こういう天気が続くのでしょう。

撮影一口メモ:
 写真上、着いた時は暗くて見えなかったのだが お婆さんが実を未だ採らずに残しておいてくれて 助かった。
 写真中、雪が止んだ時のこの1枚だけ 色味が随分変化して写っていた。
 写真上・中・下共、後からPCでWBの色温度を調整して 3枚の色味が余り大きく異ならない様にした。
写真上
 絞り優先AE f8(1/6sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=80mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=4800K MF 三脚使用
写真中
 f11(1/8sec) 焦点距離=120mm ISO=100 WB=4400K
写真下
 f11(1/13sec) 露出補正=0EV 焦点距離=70mm ISO=100 WB=5000K     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大江山 (その6)



山から降りた所に 木立の形が 気に入っている場所があります。
この日は まだ深い霧に包まれていて、
  幻想的な
           光景でした。

他に予定も無かったので、光が入るまで 少し粘って 待つ事にしました。
これは 8時頃の撮影です。



半時間程経つと 向こうの山の上から 太陽が顔を出し、
ホンの少しですが 光芒が差しました。

撮影一口メモ:
 写真上、木立の形が 大好きな新潟十日町の棚田に似ていて、そのせいもあって 気に入っているのかも知れない。
 写真下、肝心の時に 地上付近の霧が薄くなってしまった。なかなか上手く行かないモノだ。
写真上
 絞り優先AE f8(1/400sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=90mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=5000K AF
写真下
 f11(1/500sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=100mm WB=太陽光      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大江山 (その4)



車に乗ろうとして 何気なく足元を見たら、そこの
  枯葉も美しい
              事に フト気付きました。



もう8時近かったので 霜は 少し溶けていたのでしょうか。
全体に もう少し白い方が 見栄えが良かったのですが…、ちょっと遅かった様です。

撮影一口メモ:
 写真下、アチコチ探したが 似た様な葉が多くて 少し変化が乏しいのが残念。
写真上
 絞り優先AE f16(1/25sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=60mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真下
 (1/30sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=80mm           他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大江山 (その3)



山を少し降りた所に 本ブログ 今年10月6日 にもご紹介した、小さな空き地があります。
この日も 草に
  ビッシリと霜が
               降りていたので、思わず車を停めて 見とれていました。



野趣があって、ここは とても気に入っている場所 の一つになりました。

撮影一口メモ:
 写真上、この日は バックにススキや木立も取り込んで 奥行き感を出してみた。
 写真下、少し光が入った時にも撮ってみたい場所だが 霜は直ぐに溶けるから 時間との勝負になるだろう。
 写真上・下共、主題は白い霜なので そこが暗くならない様に 露出はプラス補正。
写真上
 絞り優先AE f16(1/25sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=60mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真下
 (1/30sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=80mm       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大江山 (その2)



日が高くなったので そろそろ切り上げよう…と 三脚をたたんでから
辺りを 少しウロウロすると、形の面白い樹がありました。

  龍が太陽に向かって
                  空に昇って行く 様な印象を受けました。

撮影一口メモ:
   樹の形を印象深くする為に 完全な真逆光で シルエットにする。下の灌木がウルサイが 如何ともし難い。
   日の出後30分程 の撮影。
 絞り優先AE f11(1/1000sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=110mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大江山 (その1)



京都 福知山の
  大江山

本ブログで 今年10月4日 にもご紹介しましたが、濃霧注意報の先週14日 また出掛けました。
これは 日の出20分程前 の様子です。



生憎 東の空の
低い所に 厚い雲があり、真っ赤にはなりませんでしたが
日の出から15分ほどして 雲海が柔らかいピンク色に 染まりました。

撮影一口メモ:
 写真上・下共、夜明け前の濃紺から 薄紫~ピンク~オレンジ と変わって行く雲を見ているのは 至福の時間。
     この日来ていたカメラマンは 小生の他に3人だけ。良く知らない身だが 互いに気持ち良く譲り合って撮影。
写真上
 絞り優先AE f11(1/4sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=110mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=5200K MF 三脚使用
写真下
 (1/100sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=120mm           他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

箕面の滝 (その8)



帰路につこうと 西江寺を出ると、そこの白壁にも
蔦の紅葉が 綺麗なパターンを 描いていました。



箕面駅へと降りて行くと、途中の お料理屋さんでしょうか その塀も
  美しい秋の彩りで
                  飾られていました。

撮影一口メモ:
 写真下、小生の好きな 緑から紅までの 様々な色のグラデーションが揃っていて、何処を取っても美しい。
写真上
 絞り優先AE f8(1/250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=170mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真下
 (1/80sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=100mm         他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

箕面の滝 (その7)



さして広くない境内を歩いてみると 本当に美しい紅葉に 驚かされます。



白壁に紅葉が映えます。

陽射しがないので 今一つ 色に冴えが無いですが、陽射しは強過ぎてもダメなので
これ位で 満足しておきましょう。



天狗の団扇 みたいなコレは何でしょう?
小枝の曲がりが美しく 紅葉との相性も良い様に感じます。

撮影一口メモ:
 写真上・中・下共、彩度は強調して居らず 本当にこんなに濃い赤。下を歩くと 顔が赤く染まる。
 写真下、つい暗いバックで撮りたくなるが これはワザと赤いバック に重ねて撮ってみた。
写真上
 絞り優先AE f8(1/80sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=120mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真中
 (1/50sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=50mm

写真下
 f5.6(1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=120mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

箕面の滝 (その6)



西江寺は
  紅葉真っ盛り

こんな事を言っては叱られそうですが、
滝まで行く必要は ありませんでした。



ここへお参りする方は お茶目なのか 風流なのか、手水鉢といい これといい…



近所の猫も 紅葉狩りです。

撮影一口メモ:
 写真下、本当は 写生に来ていた方達から 何か食べ物を貰おうと、おねだりをしているところ。
写真上
 絞り優先AE f8(1/80sec) 露出補正=+5/6EV 焦点距離=120mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真中
 (1/125sec) 露出補正=0EV 焦点距離=130mm

写真下
 (1/25sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=160mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

箕面の滝 (その5)



小雨がパラついてきたので そろそろ帰ろうと 駅近くまで戻ってきた時、
横へ逸れて行く道の上に 綺麗な楓を見つけ、少しだけ寄り道をしてみました。

ご近所の方が 元気良く ウォーキングで通り過ぎて行きました。



斜面で作業していた方が 「この上にも 良い紅葉があるらしいよ」と
ご親切に教えて下さり、坂道を上がって行くと ありました
  西江(さいこう)

高野山真言宗の寺で 地元では 聖天(しょうてん)さん と呼ばれている…とあります。



丁度紅葉真っ盛りで、誰の仕業か 手水鉢に紅葉の枝が 入っていました。

撮影一口メモ:
 写真上、緑から赤までの 葉のグラデーションが絶妙。
 写真中、境内の木に掛かった 赤いハートマークが絶妙。
 写真下、鉢の中の枝が絶妙。
写真上
 絞り優先AE f8(1/50sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真中
 (1/50sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=110mm

写真下
 (1/25sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=120mm      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ