goo

またまた信州行 (その8)



乙見山峠を越えて 新潟県に入ると 林道は下り坂になり
  遠くに乙見(おとみ)湖が
               見え隠れ し始めます。



林道の傍を流れる小川も それまでの 姫川の支流とは異なり、
妙高から直江津へと流れ下る 関川 の支流になります。

撮影一口メモ:
 写真上、峠を越えると 視界が広がるせいだろうか 景色が明るく感じられる。
 写真下、雑木が多くて なかなか 小川を上手く捉えられないが、右から奥へ向かって流れている。
写真上
 絞り優先AE f16(1/190sec) 露出補正=0EV 焦点距離=40mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
写真下
 f11(1/30sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=50mm ピクチャースタイル=スタンダード      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その7)



この林道は 乙見山峠で 長野と新潟県境を跨いでいて
この時期 広葉樹と針葉樹 双方の美しさを 満喫できます。



晩秋の情緒も たっぷり。
自然の彩りの 多彩さ 鮮やかさ には脱帽するばかりで、
いつまでも ゆっくりと眺めていたい光景です。



海外には もっと広いスケールの 大自然 は沢山あるのでしょうが、
繊細な多彩さ については、日本の自然の素晴らしさ を 讃える人が多い様です。

小生には 海外との比較を云々する事は 出来ませんが、
  平和な国内に豊かな自然が
                     ある事の幸せを、心から有り難く思います。

それと同時に、いつまでも守り継がれるべき財産である という事を忘れてはならない
とも 思います。

撮影一口メモ:
 写真上、幹の木肌や 白い枝の広がりを伝えたくて、露出補正に気を配って撮影。
 写真下、白樺の輝く黄葉を捉える為に 露出は大きくプラス補正。
 直前に暗い場面を撮ったので ISO感度を上げたままで、本来なら400程度で撮るべきところを 戻し忘れてしまった。
写真上
 絞り優先AE f11(1/250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=70mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真中
 f16(1/125sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=180mm
写真下
 (1/500sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=170mm ISO=1600         他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その6)



カーブを曲がったとたん 一際
  大きな葉が
            目の前にありました。

朴(ホオ)でしょうか 栃でしょうか、花や木の名前には疎いので 判りませんが
周囲の木々が いかにも「小物」 に見えます。



落葉松の黄葉 も、この辺りの晩秋の光景には 欠かせないもの。
冬が厳しい地方では 針葉樹が サマになります。

撮影一口メモ:
 写真上・下共、轍と道のカーブと紅葉とが 3つ綺麗に揃っている場所 というのが、意外と少ない事に気付いた。
写真上
 絞り優先AE f8(1/125sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=90mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
写真下
 f16 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ピクチャースタイル=スタンダード        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その5)



乙見山峠へと 上がって行く
  林道

今では 地道を探すのが難しい程、どんな田舎へ行っても 舗装路ばかりですが
こういうデコボコ道を 揺られながら ゆっくり走るのも、タマには良いものです。



道は 右に左に蛇行しながら 延々と続きます。
向きが変わる度に 差す光と影も向きを変え、周りの景色も 様々な表情に変わります。

撮影一口メモ:
 写真上・下共、轍と道のカーブと紅葉とが 3つ綺麗に揃っている場所 というのが、意外と少ない事に気付いた。
写真上
 絞り優先AE f8(1/125sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=90mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
写真下
 f16 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ピクチャースタイル=スタンダード        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その4)



今回の信州行の 主目的地へ入りました。
雨飾高原から 笹ヶ峰高原へ と抜け、途中で
  乙見(おとみ)山峠
             を越える林道です。

これは 小谷村中土の天狗原国有林 の附近で、
奥の山は 方向から推して 雨飾山 と思われます。



峠を鋏んでの前後 十
数kmが地道ですが、良く整備されていて 道幅も広く
車の通行量が少ない 早朝や夕方なら ゆっくりと周囲を見ながらの撮影も可能であり、
実に最高の林道 だと思います。

今回が3回目の訪問ですが 進行方向や 時間帯によって、都度 新たな感動があり
とても気に入っています。

撮影一口メモ:
 写真上、明暗差が大きく 空が白飛びしそうなので 高輝度階調優先機能をONにして 露出補正値に気を配る。
 写真下、2つ並んで肩を組む様な 針葉樹の形が面白かったので、完全にシルエットに落とす露出 にして撮影。
写真上
 絞り優先AE f11(1/250sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=110mm ISO=1600
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
写真下
 f8(1/640sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=80mm ISO=800         他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その3)



今回 鎌池は主目的ではないので、1時間足らずで切り上げて 移動開始。
これは 少し下がった所にある 湿原、この雰囲気が たまりません。



半逆光に浮かぶ 川の対岸の黄葉、小生にとって 時々は
  ゆっくり見て居たい
                   光景です。

撮影一口メモ:
 写真上・下共、確かに紅葉の盛りは過ぎているが これ位の 少し侘びしい感じが好み。
 快晴だと光が強くて 陰影がきつくなってしまい こういうホンワカとした情景にそぐわない と思う。
 薄曇りの 柔らかい光で助かる。霧でも有れば 言う事無しだが…それは欲張りというモノ。
写真上
 絞り優先AE f11(1/125sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=80mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
写真下
 露出補正=-5/6EV 焦点距離=90mm            他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その2)



この朝の鎌池は 風が無く、さまざまな色に 紅・黄葉した広葉樹が
  穏やかな水面に
              映えて、目を見張る程です。




池の西側の奥から 東方向を見ると
水中に倒れた木が シルエットになって、面白い形を見せていました。

撮影一口メモ:
 写真上、薄い雲越しでも 朝の光で 黄葉の赤味が強く出過ぎる と感じる。
 赤味を少し抑える為に 後からPCで WB=オート に変更した。
 写真下、逆光になるので 空の雲が白飛びしがちになる。
 これを抑える為に 「高輝度階調優先」機能をONにしたので、キャノンの仕様で ISO=200 の設定になった。
写真上
 絞り優先AE f11(1/8sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=50mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=オート MF 三脚使用
写真下
 f16(0.3sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ISO=200 ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF   他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州行 (その1)



20日の深夜から2泊5日で、紅葉を見に 「またまた」信州へ出掛けていました。
暫くお休みしてしまいましたが、本日未明に帰宅したので 少しずつ整理して ご報告します。

これは 21日の早朝、北信 小谷(おたり)村の
  鎌池

見頃は1週間程前だったそうですが、如何にも人が多そうで
散り始めも 風情があって好きな事もあり この時期に出掛けた次第。

来ていた車は10台足らず 出会った人も数人だけ と、
狙い通り 静かな晩秋を ゆっくり楽しむ事が出来ました。

撮影一口メモ:
 ピクチャースタイル=風景 だと 色味がきつ過ぎるので、敢えて「スタンダード」で撮影。
 薄曇りで、日の出直後の光が 柔らかくなった。
 絞り優先AE f11(0.3sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF 三脚使用

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その7)



6年前には こんな事もありました。
洗濯物を取り込もうとしたら、小生のパンツで チクッと来ました。


何故だろうと 振ってみたら、これ
  スズメバチ
           が 落ちてきたのです。

どうやら 取り込む時に 軽く握り潰した様です。良く 刺されなかった事で、
最悪 気付かずに 身に付ける… なんて事は、考えたくもありませんね。

撮影一口メモ:
 タップリ殺虫剤を掛けてから撮ったのは 勿論。しかし 絶命後もかなりの迫力。
 
絞り優先AE f5(1/13sec) 露出補正=0EV 焦点距離=150mm ISO=400
 画質=JPEGラージ,ファイン WB=オート MF

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その6)



長く暮らしていると 色んな事が起こります。
6年前の今頃、爽やかな空気を入れようと 居間の窓を開けていたら、突然この
  迷子鳥
         が 飛び込んで来たのです。

文鳥とは違うのかも知れませんが いわゆる「手乗り」で、
どこかの家の籠から 逃げ出してしまった様です。
手や肩に乗って ビービー と鳴き、人の後を付いてきます。

当時 我が家には猫が居たので、昔使っていた鳥籠を 納屋から出して来て 中に入れ
近所のペットショップで 小鳥の餌を買ってきて 与えました。
小皿に入れた水も飲んで とても元気です。

心配しながら あちこち探している人が居るはず… と
「迷子の鳥を預かっています」 の大見出しの下に この写真を付けて 数枚印刷し
近所のあちこちに 張り出しました。

運良く その日の内に 飼っていた方がそれを見て来られ、
プレゼントの 残った餌 と一緒に、無事 元の家に戻って行きました。
めでたしめでたし…

撮影一口メモ:
 文鳥の模様とは少し違う様だが 何という鳥か聞き忘れてしまった。人なつこい小鳥も なかなか可愛いモノだ。
 
絞り優先AE f5.6(1/25sec) 露出補正=0EV 焦点距離=140mm ISO=400
 画質=JPEGラージ,ファイン WB=太陽光 AF

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その5)



  巨大バナナ!

もうお判りの通り、リンゴ(貰った物ですが)が 栄養不足の為 超小粒だったそうです。

撮影一口メモ:
 小粒とはいえ 種類は普通のリンゴなので、色も形も普通のリンゴ。
 こういうのを見ると 直ぐ 他のモノと並べて撮りたくなってしまう。
 
絞り優先AE f5(1/60sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm ISO=800
 画質=JPEGラージ,ファイン WB=オート AF

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その4)



街中に
  巨大バッタ現る!?

居間の窓ガラスに、どういう訳か 飛んできたバッタが しがみついていました。
なぜ滑り落ちないのか 不思議ですが
窓掃除をしないせいで ゴミが付いていて 掴まり易かったのでしょうね。トホホ…

撮影一口メモ:
 できるだけ接近して 大きく撮し込んだ。
 マニュアル露出 f8,1/800sec 焦点距離=30mm ISO=オート
 
画質=JPEGラージ,ファイン WB=太陽光 AF

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その3)



どんどん行きます自宅ネタ、さて これは何でしょう?
新しい大理石か それとも 木星の表面…。

いえいえ、予め好みの色の「マーブリング液」
を数色買ってきて
それを 洗面器の水に1滴ずつ そっと落としてから、竹串などで
グルグルと適当に混ぜると 思いがけない模様の出来上がり。

最近流行りの エスプレッソ・コーヒーの
  ラテ・アート
             の 安直版みたいなモノですね。

撮影一口メモ:
 マクロレンズを使い 模様に変化があって面白い所を アップで撮影。
 作るのは 幼稚園に勤める娘の独壇場。この上に和紙を載せて 移し取り、小生用に オリジナル団扇 も作ってくれた。
 絞り優先AE f5.6(1/25sec) 露出補正=0EV 焦点距離=140mm ISO=800
 画質=JPEGラージ,ファイン WB=オート MF

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その2)



続けて 
自宅ネタ ですが、さて これは何でしょう?

冷凍菓子の箱に入っていた
  ドライアイス
             を 水を入れた洗面器に落とすと、
たちまち ゴボゴボ…と 白い湯気の様に 泡が噴き出して
重い霧 さながらに 洗面器の縁から流れ落ちます。

小生 その様子が好きで、ドライアイスを見つけると 必ずやるのですが
一度撮ってみよう と思い立ち、上からアップで狙った次第。

撮影一口メモ:
 ただ撮ったのでは 白いだけで面白くも何ともないので、後からPCで色温度を下げて青味を出し コントラストも上げた。
 アップで部分を切り取ると 少しは幻想的になったかと思うが 如何?
 絞り優先AE f8(1/15sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=340mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=4500K AF 三脚使用

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自宅で (その1)



このところ 撮影に出掛ける回数が少なく 「ブログネタ」が底をつきそうなので
自宅ネタ で繋ぎます。

我が家は 1995年1月の阪神淡路大震災で全壊し、ご近所の家共々 その年の新築です。
以前の 築数十年の古い木造の家 では、この
  ヤモリ
        は お馴染みでした。

余り 気持ちの良いモノ では無いものの、家守 とも書く様に
昔から 害虫を補食する有益な生き物 として 身近な存在だった訳ですが、
新築後十数年経って 久しぶりにまた この姿を見た時は 驚きました。

どこから どう歩いて ここまでやって来たのでしょうか?

撮影一口メモ:
 トイレの窓の外に張り付いているのを 街灯の明かりで発見。じっとしていたので 三脚まで持ち出して撮影。
 絞り優先AE f5.6(2.5sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=170mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 MF 三脚使用

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ