goo

またまた蓬莱峡 (その3)

待つ事 1時間余り、ようやく
  岩壁の上部に
             だけ、光が差し込み始めました。

やはり 立体感が強調されて、迫力が 全く違います。
太陽の力は 本当に凄い と思います。

撮影一口メモ:
 明暗差を強調したいので CPLフィルターを付けて 青空の色を少し暗く調整。
 暗部が黒潰れしない ギリギリの露出値を、撮影データを確認しながら 探る。
 絞り優先AE f=11(1/30sec) 露出補正=-1/2EV 
焦点距離=70mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF 三脚・CPLフィルター使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた蓬莱峡 (その2)

砂岩の壁は とてももろくて、今も崩れ続けているようです。
良い撮影ポイントを求めて 少し高みへ上がろうとしても
手を掛けた岩が 簡単に剥がれてくるので、すぐに諦めました。

上を見上げると、今にも
  ガラガラと
           落ちてきそうです。
壁は北向きなので、なかなか 光が廻ってきません。

撮影一口メモ:
 岩が崩れ落ちている様子を 超広角で接近して撮影。
 絞り優先AE f=11(1/40sec) 露出補正=-1/2EV 
焦点距離=16mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた蓬莱峡 (その1)

さらに その翌日(一昨日)の未明にも、またまた写友と
蓬莱峡へ出掛けました。本当に 物好きですね。

今度は まだ暗い山道を 岩肌の下まで入り込み、
快晴の青空をバックに 見上げる構図を 狙います。

5時半過ぎ、まだ西の空に
  十八夜の月が
             残っていました。

撮影一口メモ:
 月が岩山の上に有れば良かったのだが、位置が右へ離れてしまっていて 残念。
 またの機会に 挑戦する。
 空の色に 既に少し赤味が混じるので、少し青味を出す為に
 後からPCで WB=4200K に調整。

 絞り優先AE f=8(1/25sec) 露出補正=-1/2EV 
焦点距離=40mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=4200K AF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

また蓬莱峡

23日の当ブログで お話ししていた通り
  夜の蓬莱峡
             へ 一昨日、
今度は 写友と2人で また行ってきました。
晴れ渡って 見た目真っ暗な空に 星が輝き
時刻は 「十七夜月」の 月の出直後
…と 必勝パターン です。

しかし 結果はご覧の通り。
長秒時露光をすると やはり 空が明るくなってしまいました。
街の空は 見た目よりも 相当明るいのですね。

岩肌への 光の差し具合は イメージ通りなのですが、空が…。
どうも この辺りが限界 の様です。

撮影一口メモ:
 先日は ISO感度を上げて 露光時間を出来るだけ短くしたが、
 今度は 星を長く流す為に、感度を落として 3分間露光 と長くしてみた。
 先日と同様 赤味がとても強く出るので、後からPCで WB=3200 に調整して
 見た印象に 色味を近付けた。

 マニュアル露出 f=5.6、180sec 
焦点距離=90mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=3200K MF 三脚使用

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ソバ畑 (その2)

暑い暑い… と思っていたのに
ソバ畑の畦は もうすっかり
  秋の装い
に なっていました。

撮影一口メモ:
 カメラマン達が写らない様、低い姿勢から 空を大きく入れて撮影。
 WB=太陽光 で撮ったが、見た印象に近付ける為に
 後からPCで 5600Kに調整して 赤味を少しだけ増した

 絞り優先AE f=11(1/1250sec) 露出補正=-1/2EV 
焦点距離=40mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=5600K AF
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ソバ畑 (その1)

奈良 桜井の山中、天理との市境近くに
良いソバ畑がある と聞き、20日未明に出掛けました。

  ソバ畑
       と言えば、当ブログ 昨年8月12日の「白ソバ」や
同 昨年9月30日の「赤ソバ」などで ご紹介した通り、
スケールの大きな光景を見る為には 小生
わざわざ信州まで出掛けていたので、
関西で撮れるのかな… と、半信半疑で走りました。

初めての場所に未明に着くと、撮影適地を全く探せず
30分程 少し明るくなるまで待機。
薄ボンヤリと白い物が見えるので 近付いて行くと
小さな明かりがウロウロ… 居ました!カメラマン。
10台程 車が停まっていました。

これは 日の出 約1時間後の撮影です。
この日は 結局これ以上 朝焼けしないまま
明るくなってしまいました。

撮影一口メモ:
 余り広い畑ではなかったので、ボリューム感を出す為に カメラ位置を低くして
 花を多く入れ、畑の向こうの 余計な物を隠す構図を選んだ

 手前からピントが欲しいので 普段はしないが f=22 まで絞り込んだ。
 絞り優先AE f=22(1/5sec) 露出補正=-5/6 
焦点距離=40mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 MF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

飛行機雲

関西地方は 連日の猛残暑が続いていましたが
昨日の日中から、ようやく秋らしい 涼しい空気に入れ替わりました。

暑さ寒さも 彼岸まで… ちょっと出来過ぎの様な
秋の到来です。

例年この時期に 律儀に咲いていた 彼岸花も、
今年は 1週間遅れ程度でしょうか
「まだ2分咲き」 などという情報も流れて来ます。

  澄んだ空気に
            真っ白な飛行機雲 が伸びて行きました。

撮影一口メモ:
 WB=オート で撮ったが、色味が冴えないので 後からPCで「太陽光」に調整

 絞り優先AE f=5.6(1/500sec) 露出補正=-1/12 
焦点距離=260mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蓬莱峡 (その2)

ふと あの岩肌を
  月明かりで
           撮ったら 面白いのでは…と思い立ち、
一昨日 14夜の月が出た頃 再訪しました。

結果は大失敗。
都会近くの空は 夜も明るいので、空が暗く写りません。
それに 月の位置が 高過ぎました。

17夜か18夜頃の、もっと遅い時刻に 再挑戦します。
その時に 空がスッキリ晴れています様に。ナムナム…

撮影一口メモ:
 街明かりを空が映し、オマケに横を通る車のライトも加わって 全体に赤味が出てしまい
 全く雰囲気が無い。
 後からPCで WB=3400K に調整して、月明かりっぽい青味 を出してみた

 星が流れているのは、望遠での長秒時露光の為。
 マニュアル露出 f=8、45sec 
焦点距離=130mm ISO=1600
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=3400K MF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

蓬莱峡 (その1)

ウチの近く 宝塚と西宮の市境附近に
  蓬莱峡
        という 景勝地があります。
その名も 剣山 という、如何にもそれらしい名の 砂岩の山が
自然に削られて出来た 地形です。

近所の写友のお誘いで 実に久しぶりに訪れました。
30年程前は もっとゴツゴツと
岩肌ばかりが見えていた と記憶するのですが
随分 木が生い茂っていて、迫力が落ちていました。

あちこち出歩いていて、アップが遅くなってしまいました。

撮影一口メモ:
 岩肌の立体感を強調する様に 朝日が当たるのを 待って撮影

 絞り優先AE f=11(1/125sec) 露出補正=+1/6EV 
焦点距離=190mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

街かどで (その5)

これは 京都の中心部 河原町にある
  天神さん

「京の台所」錦市場の 東出口にあり、商店街にも面していて
外国人観光客や 地元の買い物客を含め
多くの人々が 気軽に出入りして、
年中ゴタゴタと お祭りの様に 賑わっています。

撮影一口メモ:
 ゴタゴタ感を出す為 門前の店も入れて スナップ撮影

 少し傾いているが ご容赦を。
 絞り優先AE f=4(1/640sec) 露出補正=0EV 
焦点距離=40mm ISO=800
 画質=JPEG L,ファイン ピクチャースタイル=スタンダード WB=オート AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

街かどで (その4)

これも 小生には懐かしい風景
  街の銭湯
         堂々とした煙突が 誇らしげです。
大阪市 南部で撮影しました。

我が家のすぐ近所に 昔 銭湯があり
小学校へ行く時 毎日その前を通りました。

かなり前に廃業し、今では 最も近い銭湯は
約1km程離れています。
皆さんのお家の近くでは どうでしょうか?

撮影一口メモ:
 折角の記念撮影なので 阪堺温泉 の文字を正面から

 絞り優先AE f=8(1/2000sec) 露出補正=-1/6EV 
焦点距離=60mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

街かどで (その3)

これも祇園。
昔あった 黒くてがっしりした造りの 荷物運び用自転車
今は市場辺りでしか 使われていないかと 思いましたが、
ここでも
  現役で
        しっかり使われている様です。

撮影一口メモ:
 黒い物が黒く写る様 露出は大きくマイナス補正
。赤い金魚も 引き立った。
 絞り優先AE f=5.6(1/60sec) 露出補正=-5/6EV 
焦点距離=80mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

街かどで (その2)

こちらは
  祇園の小路

舞いを観ての帰りか
おめかしした 母娘の姿が、とても微笑ましく感じられました。

撮影一口メモ:
 人通りの多い所なので、よその人に被らない位置まで 少し追いかけて撮影

 絞り優先AE f=5.6(1/400sec) 露出補正=-1/3EV 
焦点距離=60mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

街かどで (その1)

街中を歩いていると
  ちょっと気になる光景
                に 出くわす事があります。

そんな時、カメラを持っていないと 随分損した気分になるのは
私だけでしょうか。
京都 西部での、とある光景 です。

撮影一口メモ:
 珍妙な組み合わせを 気になったそのままに 切り取った

 絞り優先AE f=5.6(1/1000sec) 露出補正=-1/3EV 
焦点距離=80mm ISO=100
 画質=JPEG L,ファイン WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

稲刈り (その2)

昨日のと ほぼ同じ場所ですが
山間の棚田は 高低差に加えて 四角ではないものが多く、
特に高齢になると 農作業の
  手間は大変
            だろう と察します。

のんきに外野席からカメラを構える 小生にとっては
いつまでも 残っていて欲しい 風景なのですが…

撮影一口メモ:
 行きつ戻りつ… の刈り取り。
 奥さんの手作業も必要で、見ているだけで 腰が痛くなりそう

 絞り優先AE f=11(1/80sec) 露出補正=+1/6EV 
焦点距離=130mm ISO=100
 画質=RAW WB=太陽光 AF

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ