goo

信州花紀行 (その5)

昨年5月4日にもご紹介した 谷村さんのお宅です。
  心落ち着く
           光景なので、今年も つい訪れてしまいました。

カメラマンが 次々と押し寄せていましたが、
駐車や撮影のマナーが悪いと
ご当家は勿論のこと、ご近所の方々にまで 迷惑が掛かります。
撮りたい という私欲も、程々にしたいものです。

例えば 三脚を開いて据えてから あちこちウロウロと移動するのでなく、
取る場所を「ここ」と決めてから 三脚を開き 撮ったらすぐにたたむ。
ただそれだけの事でも 随分変わる様に思います。

異論もあるでしょうが、これ位の明るさが有れば
小生は 三脚の必要性を感じません。
畳半分程の大きさの作品でも作るのなら 話は別ですが…。

撮影一口メモ:
 全体が暗くならない様に 露出を少しプラス補正。
 絞り優先AE f=11(1/500s) 露出補正=+1/2EV
 焦点距離=80mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

信州花紀行 (その4)

少し北へ上がって、見応えのある桜が多い 中川村へ。
ここは 天竜川を鋏んで 残雪の中央アルプスを正面に見る
  大草城址公園

舞台は全て揃った… という感じですが、
贅沢なもので、余りに揃い過ぎている様な気もして
消化不良を起こしそうです。

小生は もう少し 静かで素朴な風景の方が お気に入りです。

撮影一口メモ:
 明るい部分が多いので、暗くならない様に 露出をプラス補正。
 絞り優先AE f=11(1/500s) 露出補正=+1/2EV
 焦点距離=110mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

信州花紀行 (その3)

ここ 飯田辺りでは どこでも見られる
  リンゴの花
           です。
実を大きくする為に どんどん間引くのでしょうが、
花自体は それぞれの枝に 随分沢山付くのですね。

赤い花の木も多く、種類によって 花の色や形は それぞれ異なるようですが
近くに農家の方が 居られなかったので、何リンゴなのか 聞けませんでした。

撮影一口メモ:
 白の面積が多く オートでは花が黒ずんで写るので、露出をプラス補正。
 絞り優先AE f=11(1/800s) 露出補正=+5/6EV
 焦点距離=100mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

信州花紀行 (その2)

昨日の 枝垂桜の下は こんな光景。
この土地の方々が 花たちを
  大切に守り育てて
               来られた事が よく判ります。

厳しい冬を乗り切った後の、大きな楽しみ でもあるのでしょう。

撮影一口メモ:
 バックの ちょっとうるさい小屋をボカす為に、
 絞りを開き 手前の花に近づいて 望遠で撮影。
 花が黒ずまない様に 露出を少しプラス補正。
 絞り優先AE f=5.6(1/160s) 露出補正=+1/3EV
 焦点距離=160mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

信州花紀行 (その1)

今月半ば、信州へ 桜を見に出掛けました。
今年の目当ては これ! 喬木(たかぎ)村の
  小学校分校跡
にある 枝垂桜です。

昨年までは 他の桜を見た「ついで」に 寄っていたのですが、
毎年 見頃を外してしまっていました。

今年こそは、この桜の 一番美しい時に合わせようと
あれこれ考えた甲斐あって、見事な姿に 出会えました。

木の風格や 周囲の様子などを含め、
小生の知る範囲では 信州で有数の 「絵になる桜」 だと思います。
それだけに 綺麗に撮って上げないと…
と、今年は気合いが入りました。

一昨日早朝から 新潟へ出掛けていて、さっき帰宅した所で
昨日は アップが抜けてしまいました。

撮影一口メモ:
 枝振りが 最もバランス良い方向から、望遠で狙う。
 手前に民家や金網があり、それを外すための ギリギリの構図を選ぶ。
 桜に朝日が当たり バックの木立はまだ日陰、という僅かな時間帯まで
 1時間待って撮影。
 絞り優先AE f=11(1/40s) 露出補正=+1/3EV
 焦点距離=100mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その9)

広い広い十津川村を ようやく抜けて、野迫川村を通り
帰りは 高野山 経由の道をとりました。

8時半頃、辺りを包む朝霧の中に
  桜がぼんやりと
              浮かんでいました。

撮影一口メモ:
 絞り込んでいて シャッター速度が遅くなるので、手ブレしないよう ISO感度を上げる。
 絞り優先AE f=11(1/250s) 露出補正=+1/3EV
 焦点距離=130mm ISO=800
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その8)

13日、雨上がりの朝 の景色を狙って 奈良の山中へ入りました。

「日本最大の村」十津川村は、96%が山林(同村HP)と言われるだけ有って
とても奥が深く、あちこちに 立ち止まりたくなる風景が 広がっています。
これは 川沿いで出会った
  山桜

立ち上る朝霧に包まれて、しっとりとした風情が ありました。
朝 5時半頃の撮影です。

撮影一口メモ:
 キャノンのピクチャースタイル「風景」モードは、青みが実際より 大変強く出過ぎる事が多い。
 WBを 5500K に上げて 青みを弱め、見た目に近付ける。
 絞り優先AE f=11(3.2s) 露出補正=-1/6EV
 焦点距離=130mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=5500K AF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その7)

昨日の「夫婦桜」がとても気に入ったのに、光が何とも残念だったので
よく晴れた翌日、再訪してみました。

本来なら順光になる 夕方の光の方が 好ましいのかも知れませんが
小生は 裏から入る この
  早朝の光
         も とても良いと思っています。

撮影一口メモ:
 花びらが黒ずまない様 露出をプラスに補正。
 後方にある道路を 手前の草で隠すために、低い位置から撮影。
 絞り優先AE f=11(1/20s) 露出補正=+1/3EV
 焦点距離=30mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その6)

撮影会の最後は、湖北 今津町の 通称「夫婦桜」。

田んぼの中に 集落のお墓があり、
その側に植えられた 2本のエドヒガンが
  大きく枝を広げて
             静かに 古いお墓を見守っていました。
見事な桜です。

撮影一口メモ:
 夕刻になって 少し青空も出てきたが 桜には光が入らず、ほぼ逆光状態。
 花びらがシルエットになってしまい 桜色を捉えるのが難しく、露出を変えて何枚も撮る。
 枝の広がりを表現するため、近付いて 超広角で撮影。
 絞り優先AE f=11(1/125s) 露出補正=-1/6EV
 焦点距離=18mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=スタンダード WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その5)

翌7日は 所属する写真クラブの撮影会で、写友6人と一緒に
福井 若狭町と、滋賀 湖北の今津町へ
桜撮影に 出掛けました。

日程を早くに決める撮影行の悲しさ、前日・翌日の晴の間で
当日は 冷たい雨交じりの曇り、桜の色が綺麗に出ず 苦労しました。

しかし 一人では出掛けない所や 知らない所へ案内して戴け
とても良い勉強になりました。

これは 三方五湖の先、若狭湾に突き出した
  常神(つねがみ)半島
              神子(みこ)地区近くの桜です。

撮影一口メモ:
 あちこち歩き回って 良い枝振りを探すが、なかなか無く 苦労する。
 曇り空を映す海面が白く光り 桜色が埋もれてしまうので、CPLフィルターで反射を押さえる。
 さざ波が うるさくなり過ぎないよう ボカす為に、絞りは開き気味に。
 絞り優先AE f=5.6(1/500s) 露出補正=+1/6EV
 焦点距離=170mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF CPLフィルター使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その4)

こちらも 同じ朝来市内にある 高校前の
  桜のトンネル

これでも車道で、ゆっくりと この下を走り抜けました。

一昨日の写真を撮っていたら、出勤するご近所のご主人が
昨日のお寺と ここを教えて下さった という次第。
散歩するのに 本当に最高の場所ですね。

朝来を すっかり気に入ってしまいました。

撮影一口メモ:
 パンフォーカスで撮るために 絞り込み。
 桜の面積が広いので、暗くならないよう 露出をプラスに補正。
 絞り優先AE f=11(1/320s) 露出補正=+1/2EV
 焦点距離=90mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その3)

同じ朝来市内の お寺の参道にあった 木蓮。
皆 揃って
  空へ向かって
咲いていました。

撮影一口メモ:
 桜と手前の木蓮 両方にしっかりピントを合わせたいので、絞り込み
 広角で 30cm程にまで近付いて撮影。
 
絞り優先AE f=11(1/320s) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=40mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その2)

兵庫北部 朝来市内を ウロウロしていて見つけた
  ちょっと鄙びた
              風景の中の桜。

7時半ですが おあつらえ向きに 霧も出て、なかなかよい感じです。 

撮影一口メモ:
 パンフォーカスで桜を描写したいので 絞り込む。
 桜の面積が広いので、暗くならないよう 
露出をプラスに補正。
 絞り優先AE f=11(1/250s) 露出補正=+1/2EV
 焦点距離=70mm ISO=400
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桜三昧 (その1)

今年も 桜の季節がやってきて
小生も先週から あちこちへと動き始めました。

これは 兵庫県中央部を流れる
  加古川上流

6日の撮影ですが、まだ 1週間程早過ぎました。

撮影一口メモ:
 早朝の雰囲気を出しながら 暗くならないように
、露出を気持ちプラスに補正。
 絞り優先AE f=11(1/6s) 露出補正=+1/6EV
 焦点距離=160mm ISO=100
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF 三脚使用
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

冬と春のはざまに (その5)

山中にあった 溜め池です。
もう4月 というのに、とても冷え込んで
樹々は
  白い装い
           に 戻っていました。

撮影一口メモ:
 霜の白さ
を表現したいので、露出をプラスに補正。
 絞り優先AE f=8(1/320s) 露出補正=+1/3EV
 焦点距離=100mm ISO=200
 画質=RAW ピクチャースタイル=風景 WB=太陽光 AF
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ