goo

新緑 (その4)

これは 新緑 というよりも、まだ
  芽吹き
        の段階ですが、
余りに綺麗だったので ここでご紹介してしまいます。

まだ陽が差さない 暗い向こう側の斜面を背景に、
この木だけ スポットライトを浴びたように 輝いていました。

10日、長野 三岳村の 名もない谷筋での光景です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新緑 (その3)

長野 開田高原
  九蔵峠
         からの 御嶽山です。

白樺など 木々の緑が やさしく揺れていました。
16日朝の撮影です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新緑 (その2)

流れの中の岩にも
  小さな緑
         が 活き活きと 伸びていました。

これも るり渓です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新緑 (その1)

6日、京都 南丹市の 府立
  るり渓
        自然公園 を歩きました。

渓谷としては小規模ですが、
それだけに 家族連れでも安心して散策できる 気軽さがあります。

薄曇りのため光が柔らかで 緑が美しく、
水量も 前日の雨のためか そこそこ有って、
気分よく撮影できました。

6年近くも デジカメ一眼は キャノンの「一番安い機種」を使ってきましたが、
最近某氏から「メインカメラは何をお使いで?」と聞かれたのがショックで、
ついに 一つ上の機種を買い足しました。
この写真は その撮り初めですが、
描写が更に鋭くなっているように感じます。 気のせいかなぁ…
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

茶臼山 (その2)

根羽村の方へ少し下った所にある
  小戸名(おとな)渓谷

前日来の雨で たっぷり水分を含んだ山肌から
霧が立ち上って、なかなか 良い感じです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

茶臼山 (その1)

愛知と長野の県境に位置する
  茶臼山高原

雨の17日に、所属する 日本風景写真協会の撮影会で 訪れました。
牧場のあちこちに 形の良い木々が点在しており、
早朝 雨霧の中に浮かび上がる様子は、なかなか風情があります。

秋や冬にも是非また訪れたい と思いました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

振り返ると…

昨年の5月24日に この写真ブログを始めて、もう1年。
外泊していた20日ほどを除き、ほぼ毎日アップする事ができました。

写真日記のつもりで始めたので、その点では「よく続いたなぁ」
と思うものの、
当日や前日の写真でアップする事が 特に最近では少なくなり、
撮影行の写真による 「連作」の様な状態になってきました。

気に入った写真がたくさん撮れた 特に長い撮影行の後は、
それらを見て戴きたくて つい並べてしまい、
結果的に 撮れたての 単発写真が後回しになってしまう傾向です。

まあ 「こうでないとダメ」というルールが有る訳でもなく、
また ホームページよりも気軽に続けられる
ブログならではの良さも 強く感じるので、
もうしばらくは
  マイペース
           で続けて行きたいと思います。

もしよろしければ また覗きに来て下さい。
そして あれこれ感じられた事を コメントで書き込んで戴ければ幸いです。
どうぞよろしく!

これは 松本に近い 高ボッチ高原を走っていて出会った
好奇心たっぷりの カモシカさんです。
                                  きむさん
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

またまたまた信州 (その4)

  突然 カヤックが
              現れました。
音がほとんどしないので、現れるまで全く気付きませんでした。

自然と一体化した乗り物 という感じで、こういう場所でも 余り違和感がありません。
機会があればいつか 乗ってみたいものです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまたまた信州 (その3)

更に別件で長野へ行った 16日の
王滝村 自然湖 の様子です。

  雨の湖面が 新緑を
           やさしく映して、とてもさわやかでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまたまた信州 (その2)

公園を 高い所から見下ろすと、
家族と一緒に遊びに来た 女の子が、
  影が泳ぐ
芝生の丘を 楽しそうに走り回っていました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

またまたまた信州 (その1)

10日 別件の撮影に出かける際、
また長野を通過しました。
その途中、偶然5月らしい光景に出会えたので ご報告します。

木曽町三岳の
  太陽の丘公園

残雪の山と青空をバックに泳ぐ鯉幟
これはもう 撮るしかない と思いました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州紀行 (その9)

一週間の撮影旅行も いよいよ最終の28日。
  八千穂レイク
            の夜明けです。

鳥の声しか聞こえず、自分たちの他には 誰も居ない
とても静かな朝です。
時々 魚が飛び跳ねる 低い水音が響きます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州紀行 (その8)

最後の宿泊地 八千穂高原へ向かう途中
  麦草峠
        で 落葉松の素晴らしい霧氷に 出会いました。

普通夜中にできて 朝日が当たると 溶けてしまうのですが、
この27日は 14時過ぎにもかかわらず 残っていました。
夜中に付いたのではなく、日中にできたのかも知れません。
何れにしても ここの寒さがどれほど厳しいか 判ります。

積雪による通行止めが解除されたのは、
わずか1週間足らず前だったそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州紀行 (その7)

  車山高原
          へ向かいました。

雲が流れ、
稜線の落葉松が 陽の光を受けて とても美しく、
また方向は異なりますが
遠くには雪を被った富士山も くっきりと見えました。

15日深夜から 足かけ3日間、長野・愛知方面へ
写真クラブの撮影旅行で出掛けていたので、
アップが1日抜けてしまいました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またまた信州紀行 (その6)

ハイランドホテルのオーナー氏 ご推薦の散歩コース
  大田切川
         添いの遊歩道へ、その足で早速回ってみました。

朝日が 綺麗な雪解け水と 新緑に差し込んで、
本当に素晴らしい光景でした。

撮ろうと思ったトタンに 薄雲が出てきて、
緑の輝きが少し弱くなってしまい 実に残念です。

また来年も 撮りに出掛けなくては…
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ