goo

大阪市の女の子

季節外れで恐縮ですが…

大阪の中心部にあるビジネス街から
ほんの数百m入った所に 今も残る下町地区。

  路地の真ん中で
女の子たちが 神経衰弱をしていました。

夕方、塾帰りの男の子も 興味津々。

でも、女の子たちの勝負は
なかなか気合いが入っていて、
男の子が入る余地は 無さそうです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

神戸市の女の子

神戸市内の温室に
お母さんと遊びに来た女の子。

珍しい花や、熱帯の鳥たちにビックリ。

 ふと…
  蝶々が自分の周りを
飛んでいるのに気付きました。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

奈良市の男の子

奈良公園の周辺では
  鹿がどこにでも
               現れます。

すぐそばで見ると
大人の鹿は結構大きくて
観光客は少し腰が引けてしまいますが、
地元の人達にとっての距離感は
随分近いようです。

ジリジリと暑い午後、
猿沢池の端にいた男の子。
隣家の犬と遊んでいる感じでした。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

大分市の子どもたち

大分市の街外れ 神社の境内で
  夏休み
中の子どもたちが
仲良く元気に遊んでいました。

遊び方も 表情も、何か懐かしい様な
可愛い子どもたちです。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

宝塚市の男の子

焼け付くような、真夏の昼下がり。

公園の噴水での水遊びが楽しくて、
ついに
   スッポンポン
        になってしまった男の子。

思いっきり 遊びなさいよ!

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

蝉しぐれの中を

京都府綾部市の 君尾山光明寺は
鎌倉時代の二王門(国宝)が残る古刹ですが、
今は訪れる人も少なく
ゆっくり散策できるお寺です。

朝から もう暑い日ざしの中を、
  蝉しぐれ
         が降り注ぎます。

本堂へ続く坂道は、緑が一杯。
ホッとする ひとときです。

10日前の撮影です。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

忘れられた路

昨日に続き、JR福知山線の廃線跡です。

深い渓谷を渡る、小さな
   単線の鉄橋
             は赤錆色で
それだけで哀愁を誘います。

伸び放題の草や木が
人々の営みを覆い尽くさんばかりです。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

廃線跡

JR福知山線は昔、宝塚市の北部で
険しい渓谷を縫う様に、単線で運行していました。

しかし、複線のトンネルが掘られ
今では快速電車も通り、大変便利になりました。

廃線跡
には、汽車が通った真っ黒で小さなトンネルや、
雑草が生い茂った鉄橋などが残されています。

管理されていない為、安全面は全て自己責任であり
お勧めはできかねますが、
懐かしく、またひっそりとさびれた景色と雰囲気が良く、
ランプを持ってハイキングする人が、今でも居ます。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

白山 室堂平

岐阜と石川の県境に どっしりと腰を据えた白山は
標高2700mを超える信仰の山で、
夏でも雪渓が残り、 「百名山」 にもなっています。

夏場は、1泊2日の間 気をつけて歩きさえすれば
普通の体力の人でも、高山植物を堪能でき、
今では 「花の山」 として人気があります。

御前峰の肩にある、室堂平(標高2450m)での
  夕焼け雲
                です。

古くて恐縮ですが
6年前の7月28日夕刻の撮影です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

も一つ 大台ヶ原

昨日の写真とは、また別の日
これは快晴の早朝、日の出直後の様子です。

  正木嶺
という見晴らしが効く 尾根筋で、
背景は 東大台から西大台へと重なる
紀伊半島の山並みです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

正木ヶ原

大台の
  正木ヶ原
は、立ち枯れの木々が並ぶ名所です。

年月を経て、朽ち果てた枝や幹も多いでしょうから
昔はもっと迫力があった事でしょう。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

光射す

大台ヶ原の日出ヶ岳は、標高1700m近くあり
眼下に伊勢湾を見渡せる所もあります。

名物の立ち枯れた木々の向こう、
雨がパラつく厚い雲間から
スポットライトのように、朝の光が射しました。

沸き立つ様に
   輝く海
は、どんどんとその場所を変え
数分で消えてしまいました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

橋杭岩

和歌山県南端の潮岬にほど近い 「橋杭岩」 は
紀伊半島の山並みが太平洋に沈み込む
最後の岩の列です。

波に削られたその形は
海に向かって何かを一心に祈る
  仏様の行列
           の様にも思えます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大台ヶ原

熊野古道が世界遺産に登録された事もあり、
紀伊半島南部に広がる大台ヶ原は
訪れる人が増えています。

良い道路もあってアプローチし易く
人が入りすぎる事による荒廃を心配する人も多くいます。

しかし延々と続く山並みは
そんな事などすべて飲み込む様に
静かに広がっています。

3週間ほど前、霧に包まれて水墨画の様な
   護摩壇山
             の周辺です。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

梅雨明け

昨日、関西地方は 「梅雨が明けたと思われる」 そうです。
少々気が早く、蒼い海の写真を一枚。

京都府 丹後半島の
  間人(たいざ)海岸
                   です。

近くには海岸美の経ヶ岬や、静かな海水浴場もあり
綺麗な水の色が印象的です。

去年の8月10日朝の撮影です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ