goo

コアジサイ



去る12日、気になっていた 奥吉野のコアジサイを 下見してきました。

此所を訪れる時はいつも 国道169号線の川上村から 北上するのですが、
この日は気分を変えて 東吉野村から 峠越えで南下し、アプローチしました。



途中 朝日が差し込んできたので、雰囲気の良さそうな林間を選んで 暫し撮影。



小さなキノコが 懸命に生きていました。



7時過ぎ コアジサイのポイントに到着、案の定 未だ1週間程早い様ですが …



陽当たりなどの関係でしょうか、場所によっては …



薄い水色の
  コアジサイ
                 が もう開いていました。




急斜面の木立の中に分け入って、繊細可憐に咲く株を 探しながらの撮影です。



ひとしきり撮影を楽しんで 9時半頃 川上村側へ南下し、
折角此所まで来たので ついでに 御船の滝へ立ち寄りました。

何度見ても 見応えのある、とても堂々とした滝だと思います。
湿気が多く 蒸し暑ささえ感じる天気でしたが、滝の周囲は 涼やかな空気が満ちていました。

帰宅して サッパリしようとシャワーを浴びていたら、脛に吸血中の虫を発見。
痛くも痒くも無いのですが、気分が一気に萎みました。
その後何と 車を拭く雑巾の中にも 血だらけの虫の死骸を発見!

いつ吸われたのかも判然とせず 対策も打ちにくいので、コアジサイを再訪しようという気が
一気に失せてしまいました。
奈良の山中は ノビルやマダニが多い という事は以前から知っていましたが、
どういう状況で吸われたのか判らないというのは、何とも薄気味悪いモノです。

小 風景写真サイト「四季逍遊」を 更新しました。宜しければ 覗いてみてください。
      URL: shikishouyuu.hannnari.com/
右欄外「ブックマーク」の「四季逍遊」でも リンクしています。

撮影メモ

写真6・7共、コアジサイは実に繊細で派手さは全く無く、ひっそりと咲く姿が相応しい。
  日本固有種だそうだが その風情を「日本らしい」と言っては、現代の日本の実情に
  少々そぐわない気もする。

写真1
 絞り優先AE f22(2.5sec) 露出補正=-5/2EV 焦点距離=40mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール重視 MF 5DMk4 三脚使用
写真2
 (2sec) 露出補正=-3EV 焦点距離=50mm
写真3
 f16(0.5sec) 露出補正=-7/2EV 焦点距離=160mm
写真4
 f5.6(1/500sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=80mm ISO=800 AF 手持ち
写真5
 f5.6(1/250sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=100mm ISO=400
写真6
 f8(1/100sec) 露出補正=-3/2EV 焦点距離=70mm ISO=800 AF 手持ち
写真7
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=-13/6EV 焦点距離=90mm ISO=800 AF 手持ち
写真8
 f16(0.6sec) 焦点距離=16mm CPLフィルター使用                  他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 棚田へ (そ... ほ~たる来い! »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。