goo

彼岸花を求めて…



多忙を口実に ホームページとブログを 長期間にわたりお休みして居りましたが、
流石に これではマズい… と、重い腰をようやく上げて 更新です。

ホームページは 一応 前回からの続きで「近況」をアップしましたが
ブログは 2ヶ月分も全て載せようとすると 随分端折っても10回分程になってしまい
それだけで寝る時間が無くなってしまいそうなので、取り急ぎ?最新の撮影行だけを アップします。

もし機会があれば、後日 その間のご報告も 入れる事が出来るかも知れません。



という訳で、直近は9月26日に出掛けた 兵庫県中央部の
  彼岸花
               です。

例によって 先輩写友のK氏が情報を下さり 「ようやく見頃が近づいたよ」とのお話し。
実は 20日に京都の亀岡へ 彼岸花を見に1人で出掛けたのですが、早過ぎて未だツボミばかり。
また出直さなくては… と思っていたところだったので、この有り難い情報に 慌てて飛び出した次第。

多可町の水車が廻る水路沿いに 赤・白・黄色の彼岸花が植えられていて、なかなか賑やかです。
もっとも 赤が今年は何処も遅いので、白と黄色は もう既に花期の盛りを 少し過ぎていました。



続いて 同じ多可町内の 岩座神(いさりがみ)へ。
有名な棚田の周辺は 殆ど彼岸花が植えられていない様なので、下の水田付近で …



彼岸花の周囲の状況が 良い場所を探しての撮影です。



最後に 少し北上して 朝来市へ。



農家の近くの彼岸花を、周囲の雰囲気を写し込みながら 撮り歩いていると



通りがかった奥さんが 「あっちの木立の向こうにも、結構咲いているよ」
などと教えて下さったりして …




ほっこり気分で 楽しく撮影する事ができました。

K氏 いつもいつも貴重な情報を戴き、本当に有り難うございます。
お陰様で ほぼベストの条件で撮影する事が出来ました。心より御礼申し上げます。

2カ月以上間が空いてしまいましたが、風景写真サイト 「四季逍遊」をアップしました。
宜しかったら覗いてみてください。
              URL: shikishouyuu.hannnari.com/
右欄外「ブックマーク」の、「四季逍遊」でも リンクしています。

撮影メモ
写真3、空中で光っているのは 風に棚引いているクモの糸。

写真1
 絞り優先AE f8(1/160sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=40mm ISO=1600
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール重視 AF 5DMk4
写真2
 f5.6(1/250sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=70mm ISO=800
写真3
 f8(1/640sec) 露出補正=-17/6EV 焦点距離=90mm ISO=400 MF 三脚使用
写真4
 f8(1/250sec) 露出補正=-11/6EV 焦点距離=100mm ISO=400
写真5
 f8(1/1250sec) 露出補正=-3/2EV 焦点距離=60mm ISO=400
写真6
 f16(1/80sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=80mm ISO=400
写真7
 f16(1/250sec) 露出補正=-3/2EV 焦点距離=60mm ISO=400
写真8
 f16(1/320sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=70mm ISO=400        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 夏の夜 大理石の丘へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。