goo

秋の深まり (その4)



去る4日 雨上がりの霧を期待して 家内と
  大台ヶ原
              へ出かけました。



紅葉はもう有りませんでしたが、時折薄日も射す 撮影には程良い天気で …



特徴的な 枯れ木の表情を、豊かに表現出来ました。



今年の紅葉は 夏の暑さや台風の影響などで どうもイマイチの様です。



続いて13日 今度は写友のKさんMさんと一緒に、今度は快晴の大台ヶ原を 再訪しました。

この日は未明4時半過ぎに駐車場を出発して 山頂で日の出を迎える行程です。
東側の熊野灘が 次第に明るくなり …



月は西に 日は東にで、忙しい撮影になりました。
最短コースをぐるっと 4時間半程歩いて 駐車場へ戻った頃には、随分暖かくなっていました。



帰り道 高取町の山城跡に立ち寄ってみましたが 紅葉には未だ1週間程早過ぎた様で、
残念ながら この樹くらいしか 絵になる被写体はありませんでした。



日にちが前後してしまいますが 11月6日は 写友のMさんと 県北部へ出掛けました。

快晴の香美町蘇武岳で 朝景を撮影した後、新温泉町へ移動して 猿壺滝を訪れました。
晩秋の気配が濃い 山奥の滝を、しっとりした雰囲気で狙ってみました。



続く15日は 一人でまた香美町蘇武岳へ。
この日 山頂付近は0度まで冷え込み 今シーズン最初の 霜景色 となりました。



苔の胞子嚢は 一杯の露を溜めて、キラキラと輝いていました。

撮影メモ
写真5、未明の気温は2度で、吹き曝しの山頂では冷たさが身に沁みた。
写真8、周囲の色を映したか滝の色に白さが無いので、WBを微調整した方が良いのかも知れない。  


写真1
 絞り優先AE f11(1/500sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=100mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール重視 AF 5DMk4
写真2
 f5.6(1/640sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=70mm
写真3
 (1/1600sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=150mm
写真4
 f16(1/320sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=180mm
写真5
 f5.6(1/8sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=90mm ISO=3200 ピクチャースタイル=風景
写真6
 f16(1/60sec) 露出補正=-13/6EV 焦点距離=70mm ISO=1600 ピクチャースタイル=風景
写真7
 f22(1/80sec) 露出補正=-11/6EV 焦点距離=25mm
写真8
 f22(0.5sec) 露出補正=-2EV 焦点距離=16mm ISO=200 ピクチャースタイル=風景 MF 三脚使用
写真9
 f22(1/5sec) 露出補正=-13/6EV 焦点距離=40mm ISO=200 ピクチャースタイル=風景 MF 三脚使用
写真10
 f16(1/80sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=140mm                      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 近所をウロウロ 紅葉撮影会 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。