goo

花はす公園へ (その2)



通り雨に気分が良かったのか 蛙が 水草を頭に乗せて お花見していました。



ウッカリすると見落としそうな、透き通るほどの 繊細な体つきのトンボ。



水面に落ちた花びらも 芸術的。



強い陽射しが射してきて 一気に暑いほどに。現金なモノで 噴水が とても涼しげに見えます。



蜂さんは セッセと蜜集め。

3時間ほど撮影すると 暑さが堪える程になってきました。お腹も空いたので 木陰を探して朝食。
此所だけで帰宅するのも 一寸勿体ない… と思っていたのですが、Mさんが
インターネットで この近くに梅花藻の小川がある と探して下さり、其処へ立ち寄る事に。



ホンの20分程走った所に 有りました!
  梅花藻
             が 冷水に揺れながら 元気に咲いています。



何とも 涼しげな様子です。



決して長い距離では無いのですが 地元の方が 心を込めて手入れをし、守り育てて居られました。



流れの先へ歩いて行くと、目を疑ったのですが どう見ても萩の花です。
7月に?と不思議ですが 下を流れる湧き水が冷たいので こういう事も有るのでしょうか。

Mさんのお陰で 変化のある撮影行になり、午後早い時刻に 無事帰宅しました。
Mさん 良い情報を調べて戴き、どうもありがとうございました。

撮影メモ
写真5、蜂の影が花びらに映っているとは 後でPCで見て始めて知った。
写真6、「三脚使用手持ち」という表現は変だが カメラを三脚に着けて流れの上に差し出して撮った
  ので こういう表現しか無い。
写真8、たまたま様子を見に出て来られた 近くの公民館の方が、地域の取り組みについて 詳しく
  教えて下さった。この湧き水は地域住民にとって生活用水であり、定期的に梅花藻も手入れを
  しないと 伸び過ぎて流れを妨げてしまうので困るのだ…との事。ヨソ者が来て、「美しい」
  などと言いながら写真に収めて帰るのは、そのご苦労を知らない上っ面の行為だとつくづく思う。
写真9、サルスベリの赤い花と一緒に 梅花藻を撮る事は有ったが、「草冠に秋」の萩と一緒は始めて


写真1
 絞り優先AE f5.6(1/125sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=640mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール重視 AF 80D
写真2
 (1/400sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=600mm
写真3
 f8(1/250sec) 焦点距離=110mm 5DMk4
写真4
 f8(1/1000sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=690mm ISO=400
写真5
 f8(1/3200sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=600mm
写真6
 f16(1/320sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=16mm WB=4700K 5DMk4 三脚使用手持ち
写真7
 (1/100sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=170mm ISO=1600 CPLフィルター使用
写真8
 f8(1/160sec) 露出補正=-3/2EV 焦点距離=110mm ISO=1600 CPLフィルター使用
写真9
 f11(1/100sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=90mm 5DMk4                 他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 花はす公園へ... 夏の夜 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2019-08-01 09:54:22
きむさんへ
花はす公演1~2を拝見しました。
うだる様な猛暑・酷暑の都心の暑さの中、冷気が流れて来そうでした!
ありがとうございました!
これからも宜しく!    ジャガタラお春
 
 
 
コメント有り難うございます (きむさん)
2019-08-01 18:31:52
ブログアップが全くの不定期になってしまい、余計なご心配までお掛けして、申し訳ありません。これからも負担にならない程度で、ボチボチと続けて行きたいと思います。末永くお付き合いの程、宜しくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。