goo

大理石の丘へ



撮影行の日が 更にまた遡ってしまいますが、去る8月26日 家内と尾道へ出かけました。

淡路島から四国へ渡り 今治から しまなみ海道を北上、約6時間掛けて漸く 瀬戸内海に浮かぶ
  生口島(いくちじま)
                 に到着しました。



直ぐ 目的地の 耕三寺に入り …



その境内の奥に、目指す「未来心の丘」があります。

耕三寺博物館が 彫刻家の杭谷(くえたに)氏に 制作依頼して造られた庭園で、
この大理石は全て 同氏が活動するイタリアから 運び込まれた物だそうです。



The Hill Of Hope と名付けられた丘は 快晴の夏空の下で 眩しいほど輝いていました。



最近の いわゆる「インスタ映え」するスポット というのか、若い女性達が 大勢訪れ …



思い思いのポーズで …



熱心に撮影して居られました。



帰り道も長いので 夕日を同島の南西端で撮影して 帰路に着き
今度は山陽道経由で 4時間弱かけて、22時半 無事帰宅しました。

撮影メモ
真1、生口島までの所要時間は勿論山陽道廻りが短いのだが、大型車の交通量と景色の差で
   往路は四国周りを選んだ。時間と費用は掛かるが、精神的負担が圧倒的に少ない。
写真2、この寺は耕三寺氏が母親の菩提寺として建てられたそうで、日光東照宮の如き造り。

写真1
 絞り優先AE f16(1/125sec) 露出補正=-3EV 焦点距離=30mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール重視 AF 5DMk4
写真2
 (1/200sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=25mm ISO=400
写真3
 (1/500sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=16mm ISO=400 ピクチャースタイル=風景 CPLフィルター使用
写真4
 (1/320sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=16mm ISO=400 ピクチャースタイル=風景 CPLフィルター使用
写真5
 (1/500sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=30mm ISO=400
写真6
 (1/400sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=30mm ISO=400 ピクチャースタイル=風景 CPLフィルター使用
写真7
 (1/250sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=16mm ISO=400 ピクチャースタイル=風景 CPLフィルター使用
写真8
 f11(1/2000sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=70mm ISO=400                他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 彼岸花を求めて… 串本・新宮へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。