goo

ほ~たる来い!



昨22日夕刻 蛍撮影の下見に出掛けました。
場所は 先輩写友のK氏から 以前教えて戴いた、丹波市青垣町の 山中です。

昨年も訪れたのですが その時は 最盛期を1週間程過ぎていたらしく、数が少なくて残念でした。
そこで今回 ヒメボタルが飛ぶのは もっと後と知ってはいたのですが、
本番でマゴつかない様に 改めて下見の積もりで 出掛けた次第。

途中 道沿いの草刈りをして居られた 地元の方に伺うと、案の定
「ヒメは未だ未だ先、今は ゲンジが2~3匹くらいかな… 」とのお話し。

「ヒメ」の下見なので それなりに構図を考え 三脚を据えて、後はひたすら暗くなるのを待ちます。



19時45分から21時まで 見ていたのですが、「2~3匹」どころではなく
  ゲンジボタル
                 が ザッと見て 数匹は常に飛んでいる感じ。

しかし カメラをセットした向きが適切では無く、多くは写りませんでした。
これは 賑やかにするために、運良く蛍が写っていた二十数枚の絵を 重ね合わせてみたモノです。

「ヒメ」が飛ぶ頃に 再訪し、今度こそもっと上手く撮ろう と思います。



日が前後しますが 20日の早朝、またまた香美町の棚田を訪れました。 



連なる山並みに 朝霧が漂い、墨絵の様な雰囲気に。



そこで 日の出後のシーンを モノクロで、月夜風の絵にしてみました。
こんな感じも悪くないな 本当に月の出頃に撮ってみるのも良いかも… などと思いました。

撮影メモ

写真2、29枚を後からPCで比較明合成したが 少々やり過ぎた感が有る。鳥居が赤いのは 後ろに
  停まっていた車の光のため。この小さな絵では判り難いが、それなりに美しく光跡が写ってくれた。
  ゲンジは光が強く長くて 近くを飛ぶと周囲が明るくなる。
  子供の頃 近所の田圃で2~3匹採ってきて、麻の蚊帳の中に放して遊んだのが懐かしい。

写真1
 絞り優先AE f5.6(1/5sec) 露出補正=-10/3EV 焦点距離=16mm ISO=1600
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール重視 MF 5DMk4 三脚使用
写真2(同一設定で撮影した29枚を後からPCで合成)
 マニュアル撮影 f4 ,30sec ISO=3200
写真3
 f8(1/125sec) 露出補正=-5/6E
V 焦点距離=60mm AF 手持ち
写真4
 f16(1/13sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=40mm ISO=200
写真5
 f16(1/20sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=50mm ISO=200 ピクチャースタイル=モノクロ     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« コアジサイ 北近畿の初夏 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。