goo

三田の冬



三田にお住まいの写友O氏が 素晴らしい作品を撮って居られたので、是非その場所を訪れてみたい
と思い お聞きすると、快くそのポイントを教えてくださり
「近くに車を停めて 道から撮れますよ。どうぞどうぞ… 」との事。
お言葉に甘えて、早速 冷え込んだ6日の早朝に訪れてみました。

残念ながらこの朝は光が射さず
  冬枯れ
             の風情 だけで終わってしまいましたが、
本当に素敵なポイントです。O氏は流石に良くご存じで 地元の方には到底敵いません。



その直ぐ傍の溜め池、小雪が舞っています。



少し降りた辺りの道路、7時半でも零下3度で 雪の模様が 未だ残っていました。



その左手の田んぼ、奥の山の端から朝日が顔を出し 真逆光で照らされた小雪が輝いていました。

極く普通の雪なのですが、帰宅して現像してみると まるでダイヤモンドダストの様に
色づいているので 驚きました。雪は結晶だ という事ですね。



気を良くして 午前中だけ空いた9日の早朝にも 三田の山中を再訪、
うっすら焼けた雲が水面に映り なかなか良い感じです。



上の写真のホンの10mほど左手、丁度U字形にカーブした川が 気持ち良いリズムを作っていました。



峠を越えると 直ぐ篠山市、更に北上して 鍔市ダム湖まで上がってみました。
誰も居ない湖畔に 雪が静かに降り続いていました。



早朝に薄日が入るかも… と思い、続く10日の早朝に 1枚目のポイントをまた訪問。
狙い違わず 時折射す朝日を浴びて 舞う雪が美しく輝きました。



こうなると 後は月光でも一応撮っておかないと… と、満月を少し過ぎたばかりの 11日未明
またまた訪問してみました。
しかし この夜は4時半以降でないと雲が切れず、月の位置が順光になってしまって
平面的な絵になったのが 残念でした。
このポイントを教えてくださったO氏、有り難うございました。



所属する写真クラブの写真展が 25日(火)から3月1日(日)まで、
西宮市立北口ギャラリーで開催されます。ご覧戴ければ 幸甚です。

小風景写真サイト「四季逍遊」を 更新しました。宜しかったら覗いてみてください。
      shikishouyuu.hannnari.com/
右欄外「ブックマーク」の「 四季逍遊 」で、リンクしています。

撮影メモ
写真1、辺り一面 霜がビッシリと降りている。中央は柿の木、残念ながら残り柿はもう無い。
写真4、逆光の雪が美しいので暗い背景を探して立ち位置を決めた
写真5、雪景色には針葉樹が良く似合う。実は写真1のポイントにも上がろうと思って居たのだが、車が
   四駆では無い悲しさ 峠道でスリップして登らない。タイアチェーンは積んでいるが装着するのも
   面倒で、行くのを諦めた次第。
写真7、鍔市ダム湖への道は積雪が数cmあり、流石に此所ではタイアチェーンを着けて登った。
写真8、このところ日中暖かいので積雪は1日で溶けてしまい、この朝は道路には全く雪が無かった。
写真10、スキャナー取り込み。

写真1
 絞り優先AE f16(1/60sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=110mm ISO=1600
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=風景 AF 5DMk4
写真2
 f11(1/100sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=40mm
写真3
 f11(1/200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=25mm
写真4
 f5.6(1/6400sec) 露出補正=-1EV ISO=400
写真5
 露出補正=0EV 焦点距離=60mm
写真6
 (1/125sec) 焦点距離=16mm WB=オート(雰囲気優先)
写真7
 (1/125sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=90mm ISO=800
写真8
 f5.6(1/3200sec) 露出補正=-2/3EV ISO=800
写真9
 30sec 露出補正=+1EV 焦点距離=25mm ISO=3200 WB=4000K MF 三脚使用    他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )