ペーパー・写・楽

ペーパークラフト、京都の写真、カブ、自転車、軽自動車で楽しんでいます。

Thinkpad X200sを久しぶりに動かしたらwindows10の更新プログラムで待たされたあげくエラー0X800705b4が出た

2018-01-19 17:10:46 | パソコンでぼちぼち
 中古のX200sを買ってから音楽専用に使っていたけど、ハードディスクの動作音が気になり使わなくなった。
で、本日は休みで病院に行った後、昼から久しぶりに動かしてみることにした。

動かしてみると動作が遅く使い物にならない。
ハードディスクの点滅がいつまでも続いている。
こりゃ更新プログラムでもダウンロードしているんですかね~。

しびれを切らして、「設定」→「更新とセキュリティ」で強制的に更新プログラムをインストールすることにした。
すると、「更新プログラムを確認しています」と出た後、1時間ほど経過して「ダウンロードしています」とバーが出て0%で止まったまま。
やっと動き出した。


さらに1時間経過後にやっと100%になったあと、これで起動されるかなと楽しみにしていたら、また、1709機能更新プログラムの「ダウンロードしています」とバーが出やがった。
あほんだら~。
何回やったら気がすむんじゃろな。


こやつのダウンロードが100%になったところで、「インストールの準備をしています」と出た。

ところがどっこい、中々進まない。
14%でぴったり止まったり、50%で止まったりで、夕方の4時の時点で60%で止まったまま。
挙げ句の果ては5時過ぎに0X800705b4というエラーが出た。
情けないこと限りなし。

調べてみると0X800705b4のエラーはよく発生している事象みたいで、ネットにたくさん対処法が出ている。
やはりクリーンインストールするかディスククリーンアップをしてからやれば良かったのかな?
こんなOSがマイクロソフトの最新版だと思うと情けない。

マイクロソフトはXPの復活かms-dosの無料配布をしたほうが良いんじゃないでしょうかね。
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 電子タバコ Eonfine 2600mAh... | トップ | ONKYO DP-S1の音の良さにしび... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコンでぼちぼち」カテゴリの最新記事