広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メールが冷たく感じる人

2013-05-24 | Weblog

世の中には誤解を受けやすい人がいます。

本当は優しいのに、厳しい人だと見られていたり、
本当は明るいのに、根暗な人だと見られていたり、
本当は温かいのに、冷たい人だと見たれていたり。

評価は人が決めるということを考えるのであれば、
本当は自分がどうであろうと、人からそう見られていれば、そうなのでしょう。

何が言いたいかと言えば、
それだけ、本当の自分、本当の会社の姿を正しく知ってもらうということは、
簡単なことではないのです。

コンサルタントの立場で言えば、
そうした長所がお客様からは見えなくなってしまっているのです。

人は、自分が思うようには思ってもらえないと考えておいた方がいいのです。

だから、伝え方やちょっとした所作が重要になってきます。

私が日々のやり取りで気をつけているのが、
メールでのやり取りです。

ビジネスでメールをやり取りする以上、プライベートとは違い、
絵文字やデコメールなんてことはできません。

そうなれば、
内容を伝えるのも大事ですが、感情や気持ちを相手に伝えることがとても大事です。

気をつけているのは、
メールの文面に対して、冷たい印象を持たれないようにすること。

できるだけ感情を高ぶらせながらメールを送るようにしています。
テンション上げ上げな感じで(笑)。

お付き合い先とメールのやり取りをする中で、
冷たい印象を受けるメールを送って来られる方がいます。

私はその人の本当の姿を知っているつもりですので、
いつもメールをチェックする度に、損をしているなぁと思います。

会って話しをしている姿が偽者で、
メールのやり取りをしているのが本当の姿というオチも考えられますが(苦笑)、
どちらにせよ、その人にとってはマイナスです。

人は文字を読みながら、
内容を読み取りながら、相手の姿を想像しているのです。

文字は用件を相手に届けるだけのツールではありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 契約客を集める集客戦略 | トップ | 俯瞰力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事