故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.1.321 「昼食会」のお話。

2017年08月12日 | 日記

教え子の王威さんが私達を大慶市で有名な豚肉料理店「一口猪」へ招待してくれた。中国語の「猪肉」は、日本語に訳すと「豚肉」となる。この店は近くに自分の養豚場を経営しているため、常に新鮮な「豚肉」を提供できると説明してくれた。


自慢の豚肉料理のほか、ジャガイモや豆などを使った地元ならではの“郷土料理”が次から次へとテーブルに運ばれてきた。私が驚いたのは、この店一番の名物料理が登場した時のこと。


食堂の中が破裂しそうな大きな“鐘”を鳴らしながら、日本の「お神輿(おみこし)」のようなものに乗って運ばれてきた「豚の丸焼き」料理で、よく見ると豚の顔がハッキリと分かる料理であった。


この肉を野菜と一緒にトウモロコシの皮で包んで食べるのである。ボリュームもあり、なかなかおいしい料理であった。教え子である王威さんの温かい気持ちが伝わってくる「昼食会」をゆっくりと楽しんだ。


“鐘”を鳴らしながら「お神輿」のようなものに乗って運ばれてきた料理。

豚の顔と分かる「豚の丸焼き」料理

上の写真の肉を野菜と一緒にトウモロコシの皮で包んで食べる。

右から教え子の王威さん、筆者と大島先生。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« No.1.320 「教え子と再会」の... | トップ | No.1.322 「大慶石油館」のお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事