西宮市議会議員 しぶや祐介の活動日記

「子育てするなら西宮」「文教住宅都市・西宮」「住み続けたいまち西宮」の実現を目指して奮戦する西宮市議会議員のブログ。

もちろん安かろう、悪かろうではあきません。でも、この現状には明らかに問題があるでしょ?

2017-08-21 17:31:41 | 市民に信頼される公正で効率的な行政と議会

一昨日は同じ道場の先輩(ただし年齢はずっと下)の応援に大阪市中央体育館へ。
  ↓

  ↑
しかし、さすがは全国大会。
私ごときの目では、どっちが上とも言いかねる高レベルな試合が多すぎますな。
「勉強になりました!」というには、己のレベルが低すぎるし。
なにせ、えーもん見せてもらいました。

さて本題。

今日の話は、ちょい難度高めなのですよ。
なので具体的な内容に先立って、まずは語句の説明をご覧ください。

  ↓
------------
【予定価格】
●役所が入札を実施する際に、契約金額を決定する基準として事前に作成する見積価格

【調査基準価格】
●役所側から見て、この金額より安く落札された場合、契約した内容を履行されないおそれがあると考える金額
●よって、この価格を下回った場合には、入札された内容が妥当かの調査が行われる(←この調査を低入札価格調査と呼ぶ)

【失格基準価格】
●役所側から見て、この金額より安く落札された場合、契約した内容を履行できないと考える金額
●よって、この価格を下回った場合には失格となる
------------
  ↑
名前の感じと意味があっていて、分かりやすいと思うのですが、どないでしょ?

で、少し前の話になるのですが。
昨年末から今年始めにかけて「公共下水道新設工事」の入札が行われまして。

その結果は
---------------------
●入札に参加した事業体が10
●調査基準価格未満・低入札調査価格以上だったのが3
●失格基準価格未満だったのが7
---------------------
というもの。
これ、ちょっと異常な事態だと思うんですよね。
入札に参加した事業体のうち、
-----------------
●行政が「だいたい適正な金額!」と考える範囲内の金額を提示したところが一つもなかった
●安すぎる(と行政が考える)価格を提示したため、「問答無用で失格!」となった事業体が10中7もあった
-----------------
ということなわけで。


なお、この工事、最終的には低入札調査の結果17億300万円で落札されたわけですが。
失格になった事業体の中には15億2560万円という、現実に落札された事業体に比べて約2億円も安い金額を提示していたところもあったんですよね

加えて、西宮市は各事業体の技術力を測るべく、「技術評価点」という指標も持っているのですが。
これで見ると、落札した事業体は107.5点、失格になった事業体は107点と両者には、ほとんど差がありません。

こういうことを考えると、問答無用で失格にする必要あるんかいな???と思うんですよね。
せっかく頑張って安い金額を提示したのに、それがアカンという理由で失格にされるってのは理不尽に思えて仕方ないわけで。


ちなみに5月には「護岸前出し工事」の入札も行われました。
この入札にも7社が参加しているものの、

---------------------
●5社が調査基準価格未満・低入札調査価格以上の価格を提示
●2社が低入札価格未満のため失格
---------------------
となりました。
こういうのを見ていると、低入札調査価格・失格基準価格のあり方自体を考え直す必要があると思うんですよね。

色々と関連する要素が多く、悩ましい話ではありますが。
適正な入札という観点からも、本市の厳しい財政状況からも、ここらへんスルーしては通れない話だと思うのですよ。

色々と考えを整理しつつ、しっかり取り組んでいきたいと思います。

というわけで今日のブログは、このへんで。
それでは失礼いたします。。

コメント

低入札価格調査制度について。 ②

2011-11-08 11:51:15 | 市民に信頼される公正で効率的な行政と議会

他に書きたいネタがあったもので、2回飛ばしてしまった、
低入札価格調査制度についての続きです。

先日のブログでは、制度の趣旨に触れた上で、
「私は、この制度を、とてもよい制度だと思っている」
ということを書きました。
だからこそ、制度の対象範囲をもっと広げてほしいな~、
と考えています。

前回のブログでも書いたとおり、現在、調査対象となっているのは、
「予定価格1億円以上の工事」だけです。
このブログでも再三、取り上げている、委託業務は、
対象となっていません。
けれども私は、委託業務の中にこそ、
本来、この制度の対象とするべきものが多くあるのではないか???
と考えています。

この制度の趣旨が活きてくるのは、
「市が、きちんとしたスキル・ノウハウを持っていないため、
 的確な積算ができないとき」
であるはずです。
で、そういう意味では、委託業務の中にこそ、
そういう業務がまぎれているのではないかと思うわけで。
少なくとも、工事であれば、国が定めた積算台帳的なものが存在します。
これに則って計算すれば、ある程度、適切な金額は算出できるはず・・・
ということになります。
でも、多くの委託業務に、このような算出根拠はありません。
となると、本来、より力を入れるべきなのは、
委託業務だという考え方もできると思うのです。

もちろん、今回、工事のみが対象となっている背景には、
現実的な手間の問題もさることながら、委託と工事では、
金額の桁が違いすぎるということがあります。
学校の建替えとかになってくると、
普通に、数十億円という単位の話になってきますが、
そんな委託業務はありませんしね。
とはいえ、この分野がきちんと力を入れて、
見ていくべき分野だということは間違いないと思っています。

これも何度も言っていることですが。
私は、西宮市が、都市型観光をはじめとした
海のものとも山のものともつかない産業振興分野に
えらく力を入れていることには反対です。
そんなところに、貴重な人材を投入するぐらいなら、
本来、もっと強化するべきであるにも関わらず、そうはなっていない、
契約状況のチェック体制強化・滞納金の徴収体制強化、
生活保護への対応体制強化
といったあたりにこそ、
もっと力を入れるべきだと考えているので。

ま、色々と書いてはみましたが、契約課さんが、
こういった取り組みを進めていることは、素晴らしいことだと思います。
こういう前向きな意思と力は素晴らしいな、と思いますし、
頑張っていただきたいな、と。

というわけで、今日は、このへんで。
それでは失礼いたします。

コメント

予算要望。

2011-11-01 16:24:21 | 市政全般に関連すること

本日で予定していた駅立ちは全て終了。
5駅6ヶ所という、いつもの行程で実施し、多くの方にお受け取りいただき、
また、お声がけも頂きました。
心から感謝です。
もちろん、いつも手伝ってくれている、我がインターン卒業生達にも。

さて、本題。
低入札価格調査制度の話は一回パスして、
私的には、時事ネタな話など。

例年、この時期には、市は、来年度の予算編成に向けて、
予算の作成やら、内部の調整やらに取り組んでいます。
で、この時期に、うちの会派は、市の来年度の予算編成に対して、
会派としての考えやら意見やらをまとめたものを
「予算要望」として、毎年、提出しています。
もちろん、ここに述べた考えを市政運営に活かしてほしいという
思いがあってのことです。

で、昨日、会派のメンバー7名が全員揃って、
予算要望を提出するとともに、その中の重要事項を説明するべく、
市長室に伺いました。
相手方は、市長・両副市長・教育長の計4名。
↓ちなみに、提出した予算要望は、こちらです。↓
「h24.doc」をダウンロード
毎年のことですが、一年間の会派の政策活動の集大成として、
どこに出しても恥ずかしくない内容だと思っています。
(とは言うものの、かなりの分量なので、相当なマニアの方以外は、
 スルーしていただければ、と。)

で、その中で、昨日、えらい、激論となった話が、
例の中央病院の話でして。
↓少し長いですが、具体的には、こちら。↓

 中央病院の現在の給与費は、中央病院移転整備等検討委員会(以下、検討委員会)の答申書に示された給与費(開業7年目より黒字になるシミュレーション)と大きく乖離している。答申書によれば、現在の平均給与より看護職で26.0%、医療技術職で25.2%、技能労務職で28.5%の給与を下げなければならないと示されている。この削減率はたいへん高いハードルであり、早急に取組みを始めなければならない。
 中央病院の経営健全化ができなかった最大の原因は、医業収益に占める給与費の割合が75.1%と非常に高いことである。また、決算資料の改革プランによれば、平成22年度に一般会計からの長期借入金16.4億円により資金不足(不良債務)を解消したにもかかわらず、平成23年度より新たな資金不足が発生し、5年間で7.5億円~10億円の累積資金不足額が発生することが明らかになった。病院経営にとって資金不足の発生は大きな問題であり、後に負担を残さないためにも緊急に解消すべき課題である。解消のためには医業収益の大きな増収が望めない現在の状況では、今まで手をつけなかった給与費の削減に早急に取り組むよう強く要請する。
 病院の移転・建替えを行うのかどうかにかかわらず、病院を存続するためには、新年度において、直ちに地方公営企業法の全部適用を行い、病院経営に精通した事業管理者を採用するとともに、給与、契約などの実質的な権限を事業管理者に委譲し、年功重視の給与体系から業績スキル重視の給与体系への変更並びに医業収益に対する給与比率の適正化に取り組むことを要請する。
 また、これらの取組みに一定の目途が付くまでは、病院移転のための土地購入や設計・建設工事契約などを凍結することを強く要請する。

私のブログを覧頂いている方ならば、
先刻、ご承知の内容かとは思いますが。

うちの会派としての主張(もちろん、私の主張も)は、
ここに書いてあるとおりです。
はっきり言って、人件費部分に手をつけることなしに、
中央病院の経営状況が好転することなど、ありえません。
このことは、市が、これまで中央病院の経営改善のために、
計画を立てて、複数回に亘る取り組みを実施したにも関わらず、
結局、目に見える成果を上げることはできなかったという、
過去の実績を見れば、明らかです。

で、こちらとしては、ごく当たり前のことを書いただけでしかない、
この部分について、激論となった理由を、
つらつらと考えてみたので、それについて。

一つは、最後の二行の中にある、「一定の目途が付くまで」という表現を、
どういう意味で受け取るか、という部分だと思うのですよ。
私は、この部分について、
 ○年限を切っての具体的な計画の提示
 ○それを踏まえての、具体的な取り組みの開始
が、最低限の必須条件かな、と思っています。
逆に言うなら、これさえないのであれば、
到底、病院の建替えには賛同できません。

で、もう一点は、議会の存在意義・位置づけに対する
認識の違いにあるのかな?と。
最近、いろんな場面で感じることが増えているのですが。
先方は、突き詰めると、議会や議員というものに対して
「あんたらは、黙って、市の言うことを聞いていればいい。
 あんまり、ややっこしいことを言うな。」
ぐらいに思っているんやろな~、と感じるのですよ。
あえて乱暴な言い方をするなら、昔の議会と同じ追認機関であってほしいし、
お墨付きをくれる機能さえ、あればいいと。
でもね、こちらに言わせれば、
そんな議会なら、あってもムダやし、いらんでしょ???と。
それ、今、議会が求められているものとは、明らかに、違うんですよね。
もちろん、あくまで、こちらの感覚から見ての話ではありますが。

議会は、二元代表制の一方を担う、市政の監視機関です。
より建設的に、より良い市政運営を進めるためにも、
必要な意見を、きちんと表明することは、議会の責務だと考えています。
そして、それに基づいて、建設的な議論を行い、
しかるべき決断を下していくことによってこそ、
市政運営の質を、より高めることができるのだと考えています。
だから、うるさがられようが、疎まれようが、
これからも変わらず意見表明はしていきますよ。
それは、議員としての私(達)に与えられた責務だと私は考えていますので。
もちろん、これ、うちの会派としての姿勢でもありますし。

という、つらつらとした思いを書いてみました。
それでは失礼いたします。

コメント

低入札価格調査制度について。 ①

2011-10-27 14:13:45 | 市民に信頼される公正で効率的な行政と議会

先日、西宮北口の北東で市政報告を配っていると、
後からやってきた、さわやかな感じの外見の男性が、
「フランフランの最新号で~す」
と言いながら、ビラを配り始めました。
表紙の色使いやら、配っている男性の感じやらから、
てっきり、Francfrancの広報誌だと思い、駅立ち終了後、一部もらって、
ぱらぱらめくってみたところ、中は、ほとんどネイルの広告とかで。
あれれれ???と思って、よく見てみると、
表紙には「ブランブラン(BRAN BRAN)」と書いてありました。
なんと、まぎらわしい。。。

と、どうでもいい話は、さておいて、標題の件です。
ちょっとザクッとした説明になりますが、
行政が工事・物品購入・業務委託等を行う場合、
 ○多くの工事・物品購入・業務委託等は入札によって、相手先を選定する
 ○基本的に入札では、より安い価格を提示したところから購入する
 ○が、「とにかく安ければ安いほど良い!」というスタンスで臨むと、
   「安かろう、悪かろう」という話になってしまいかねない。
 ○というわけで、「これ以上、安くなると、一定の品質が確保できんわな~」
   と行政が考える価格を「最低制限価格」とし、
   それを下回る金額を提示した相手先は、入札対象から外す。
ということが行われています。
これ、西宮市だけではなく、行政の世界では、かなり一般的な話です。

ところで、今回のブログで取り上げる中で、重要なのは、
行政が、「これ以上安くなると、一定の品質が確保できんわな~」
と考えるラインが、「最低制限価格」になっているという点です。
ということは、この話の前提には、そもそも、
「行政は、様々な物品購入やら工事やら業務委託の相手先を
 選定するにあたって、適正な価格を算定できるだけの能力を
 持っている。」
という考えがあるということになります。
そうでなければ、「これ以上安くなると、一定の品質が確保できん」
という判断など、できるわけがないわけで。
が、実際に、オールマイティーに、
すべての価格の適正度を判断できるような能力を持っているのか???
ということになると、甚だ、怪しい面があります。
普通に考えれば、
「自分がやってもいない業務も含めて、
 全ての仕事やらものやらの適正な単価を
 完全に把握できているか?」
と問われれば、「う~ん・・・」ということになるのは、
ある意味、当たり前な話なわけで。

で、こういった問題に対処するため、西宮市では、今年の4月から、
「予定価格1億円以上の制限付一般競争入札及び
 全ての総合評価一般競争入札」で事業者が選定される工事を対象に、
「低入札価格調査制度」を試行的に導入しました。
この「低入札価格調査制度」とは、何かと言いますと、要するに、
「最低制限価格を下回っているものについては、
 なぜ、そこまで安くなったのかを調査し、
 内容に妥当性があれば、入札対象から外さない」
という制度です。

この制度を導入することには、
 ○より安くに事業を選定できる場面が増える可能性がある
 ○調査を行う過程において、行政が、事業の妥当な価格を算定する
  「積算能力」の向上につながる
等のメリットがあると、私は考えています。
というわけで、私は、この制度は、とても、よい制度だと思っています。

と、ここまで書いきたものの、どうやら、まだまだ長くなりそうなので、
今日はここまでで。
近いうちに続きを書くことを約束した上で、
本日のブログは、これにて失礼します。

コメント