柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

慰霊祭をやって良かった! 喜んで頂けました!

2014年07月18日 | 悲しみのケア


7月に慰霊祭を企画しました。
葬儀社主催の慰霊祭です。

各遺族が法事を行っているのに、葬儀社がやるべきもの?
やってみたいと思うけど、遺族が参加してくれるのか?
どんな内容にしたらいいのか?

今までも慰霊祭については葬儀社さんから色々な相談を受けます。

私は葬儀社を立ち上げた時、ちょうど1年たった時点で
何の迷いも無く慰霊祭を行いました。

葬儀社はご遺族から葬儀の依頼を受けた時から
単に仕事として付き合うだけではない・・・
ご縁があるからこそ、葬儀を依頼され、最後の時間をご一緒するのだ・・・

ずっとそう感じていたので、1年間にお見送りした方の追悼をするのは
当たり前だと思っていました。

そして1回目の慰霊祭から遺族の方たちのケアの会が始まりました。
これも必然だったと感じています。


葬儀社さんの慰霊祭へのお悩みは、葬儀を単に仕事と捉えているから、なのでしょうか?
葬儀スタッフのためにも慰霊祭はやるべき、と唱えて今回の企画をお受けしました。


ご遺族の参加を促すには、招待状の作成が大きな鍵となります。
葬儀社の想いが伝わらないと参加はいただけません。

そして慰霊祭の内容を充実させることです
ご遺族をお客様としてお招きしたのでは慰霊の意味が無い、と考えていますので
参加をして頂く企画を立てます。

もちろん招待状にその内容が記されていないと
ご遺族は「慰霊祭?うちでも供養はしているよ」と感じてしまわれます。

そしてスタッフもただの準備要員ではなく
ご遺族と一緒の故人を懐かしむ役目を果たしてもらいます。

さて、慰霊祭本番
心配していた参加者は60人を越えました。

3週間後に他地区のホールで行った慰霊祭は100人を超すご遺族が集まり
椅子の補充が大変でした。
一家で来てくださった方が多くいました。

終わったご遺族からは
・とても嬉しかった
・自分の心の区切りもついた
・多くの参加者に驚いた
・すごく良かった

などのお声を頂きました


式の途中で涙される方も多く
そっとティッシュペーパーをお配りする場面も何度かありました

この慰霊祭を通して一番感化されたのは葬儀社です。

ご遺族が葬儀後にどんな気持ちになっているか?
一緒に慰霊を行うことの重要性を
そして葬儀をご遺族と一緒に行う重要性を、深く感じてもらえたようです

ご遺族から一番多く聞こえたのが
・スタッフ方の対応が素晴らしい
・優しさが心にしみた
という声だったからです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 事前相談は見積を作ること?... | トップ | お久しぶりです »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-08-03 17:47:09
勝手ながらたくさんの記事を拝見してます。
なるほどと膝を打ち、同感同感とうなずき、それはどうかなーと茶々を入れつつ、楽しませていただいております。


さて、慰霊祭、ですか。

「各遺族」や「一回目の」「100人超」と書かれているところをみると合同慰霊祭ですよね。

互いに面識のない複数のご遺族をお呼びして、どんなことをされるのでしょう、宗教もそれぞれだろうに。
というのが率直な印象です。
故人を懐かしむといっても面識のない人は懐かしめないし(苦笑)

今回のは「ケアの会」というのと同じくらい興味をそそり、同時にいかがわしさも感じる記事でした。

詳しい内容に触れても見ずにこんなコメントをするのは気が引けますが、敢えて。

「小学校時代の恩師に感謝はするが、卒業・就職後の業務訓練は別の人に頼みたい」
「腕の良い建築家に設計は頼みたいが、人生設計までしてほしいわけじゃない」
「良心的な葬儀社に送ってほしいが、その後の供養は宗教家に頼みたい」

のではないかと・・・。
正直なところ。

コメントを投稿

悲しみのケア」カテゴリの最新記事